トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ

外套時計倶楽部


(オーバークロッククラブ)

Tips編

私も苦労し、みなさんも引っかかってしまいそうな点についてTipsとしてまとめてみました。
外套時計倶楽部に関係無くても集めてみたいと思います。

ソフトウェア編

こんなトラブル
8Gバイト以上のサイズのIDEディスクを使えない Win95 WinNT

ハードウェア編

こんなトラブル
CPUはしっかり差しましょ Win95 Win98 WinNT Win2000



8Gバイト以上のサイズのIDEディスクを使えない(ソフトウェア編)

遠い昔、ディスクはKbyte単位のサイズでした。その時代にMS-DOSは生まれました。その後に、薄膜ヘッド技術が完成し(理論的には昔からわかっていたのですが製造できませんでした)、飛躍的な容量の向上が図られました。
そうした中で、ソフトウェアが持っていた制約が、最大8Gbyteのディスクまでしたフォーマッティングできないという問題です。つまり、いくら大きなディスクを買っても、使うことができないのです。
そもそも8Gbyte以上の容量のdiskは98年から量産されるようになったもので、それまでは存在していなかったものですので、ソフトウエアが悪いとは言えないでしょう。
対策は以下の通りです。
Windows95

Windows98にアップグレードしましょう。

Windows95

問題ありません。

Windows NT4.0

SP3までのフォーマッティングプログラムは、ms-dOSのものを流用していましたので、8Gbyte以上のディスクを利用できません。
SP4にアップグレードしてください。もっともアップグレードはSP3が動作している環境で無いと実行できません。
現時点(99/5/1)ではsp4のレベルのWindows NTのインストールCDは存在していませんので、以前のレベルのWindows NTをインストールしてから、sp4を導入します。
やっかいなのは、8Gbyte以上のディスクしかついていない機械です。この場合は、しようがないので、取り扱える小容量のディスクでシステムを立ち上げて、SP3等でインストールしてから、SP4を導入し、改めてフォーマッティングを行います。
ああ、めんどうくさい・・・(^^;



CPUはしっかり差しましょ(ハードウェア編)

CPUのソケットって、すごい数のピンがついています。
ですから、ささり損ねる場合が少なくありません。
Soket7,Soket8,Soket370であれば、ロックレバーがついているので、レバーをリリース側に倒して、ちょんとCPUを乗っけて、レバーをClose側に戻せばいいのですが、Slot1はいけません。しっかりと手で差しこまないといけないのです。
こうした場合に、CPUをマザーボードへ取り付ける手順としては、ケースにマザーボードを取り付ける前に、平板なところに導電性シート(マザーボードの袋でOK)を敷き、その上にマザーボードを置いて、しっかりした状態にして力をかけてCPUを差しこむのが良いみたいです。

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com