トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
お好み劇場 ファンタジーが好き! 海外アニメが好き! ストリーミングサービス

Fire and Ice

(邦題 : フィアーアンドアイス)
フラゼッタの絵が動いちゃう!
ロートスコープの動きとこのキャラクター!
このビジュアル!

これもとんと話題を聞かないラルフ・バクシの作品です。劇場未公開ですが、LDはレーザーディスク株式会社(旧パイオニアLDC)から発売されました。
古いLDですが、ちゃんとデジタル音声ですので、うれしい限りです。
ロートスコープをうまく使いこなした1982年の作品です。
左の絵でわかるように、なんとファンタジー画の巨匠フランク・フラゼッタの絵が、ロートスコープで命を吹き込まれて動くという、ものすごい贅沢なアニメです。

ストーリー

 

1982年の作品です。

世界征服を狙うネクロンの野望が主人公ラーンによって阻まれるという、典型的なファンタジーのストーリーです。

ストーリーはともかく、フラゼッタの絵が元になっているだけあり、キャラクターがとても魅力的です。

左のキャラクターはヒロインですが、フラゼッタの雰囲気がたっぷりですよね。日本のアニメーターにはちょっと書く事ができないように思います…絵柄が違いすぎますから…。
しかもロートスコープによるアニメの動きは生々しく、逆光を多用したデザインの絵とか、実に大人の魅力が満ちています。

ロートスコープを使用したアニメの動きは、今のCGのモーションデータによる3Dアニメーションと似て、動きがとても生々しくなります。アニメがアニメとして面白いというのは、こうした作品なのだと思います。
ただ、内容的に、ちょっと早く世に登場したために、十分な評価を世から得られなかったのだと思います。


光の描写がいいですねえ


ロートスコープを使った作画はこんな感じになります。

こんな感じの映像が

こんなふうになります


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com