トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
浜崎あゆみ 吉野千代乃 クリスタル・ケイ 浜田麻里 綾戸智絵 若林圭子 Loreena McKennitt 華原朋美


Sorry, your browser doesn't support Java. 浜田麻里 デビュー時代


浜田麻里 ---- 1962年7月18日生まれ
1975年 作曲家に師事し、歌の勉強を始める。
1977年 スタジオ・ボーカリストとしてCMソングを歌い始める。
1980年 ロックバンド「麻里バンド」を結成。高校3年生。
1981年 女性ロックバンド「Misty Cats」にボーカリストとして参加。
1982年 East-West'81出場の際スカウトされREY'S INNに所属する。
1983年 4月21日 ファーストアルバム 「LUNATIC DOLL」 を発売。
1983年 5月 デビューライブを新宿ロフトで「ZEUS」をバックバンドに迎え行う
1983年 12月16日 アルバム (No.2) 「ROMANTIC NIGHT」を発売。
1984年 2月3日 初のワンウーマンコンサート(10日も行った)。

この時代の浜田麻里は、まだデビューしたての、本物の歌手になる事を夢見る女の子ではないでしょうか?
ファーストアルバム「LUNATIC DOLL」は、彼女をどのようにプロデュースするかまだ明確に見出せていないみたいです。これは8ヶ月後に出てくる2ndアルバム「ROMANTIC NIGHT」ではさらに顕著です。CDやLPの帯に大きく「ラウドネスの樋口宗考がプロデュース」なんて書いてありました。今でいうと、「小室哲哉がプロデュース」なんてイメージだったのでしょうか?私はラウドネスとかは、名前しか知らないので判断つきませんが、アルバムとしてはそう面白くはないように感じます。
このころの2つのアルバムには、これ以降に見られる浜田麻里のマークがまだありません。浜田麻里のマークは、再編集ものアルバムの「FIRST PERIOD 〜 MARI'S BEST Vol.1」で始めて登場します。このアルバムは、彼女らしいロックの時代への分水嶺です。このアルバムは、デビュー時代の彼女の、個性が生かされなかった事を総括し、終らせているのかもしれません。樋口宗考がサウンドプロデュースをしていたのは、この2つのアルバムだけです。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com