Sorry, your browser doesn't support Java. クリスタル ケイ ライブラリ

私がクリスタルケイのファンになるまで

友人が「君、好きそうに思うんだよね」と、クリスタルケイのシングルアルバムを聴かせてくれたのが、私の初めての出会いでした。その透明な歌声は、Crystal Keyという名前ぴったりのものでした。「いいね〜」と思い、翌日にはアルバムを買いに行きました。
素直な話し、歌がとてもうまい、将来の可能性のある歌手がデビューしたなというのが、偽らざる私の感想でした。なにしろデビューが13歳、それなのに様々な歌を歌いこなしてしまいます。
そんな中、知り合いの歌手がクリスタルケイのお母さん(歌手です)と長く活動をしていることを知りました。また、私がクリスタルケイを気に入っていることをその歌手が知り、クリスタルケイがライブで歌いそうな時に、コンサートに誘ってくれました。普段の私は、若いファンが集まるコンサートはちょっと苦手で、相川七瀬のコンサートもスタッフ席が手配できたのでやっと行くという感じなのですが、世代が近い人が集まると分っているコンサートだったので喜んで参加したのでした。そして、そこで彼女が歌った歌を聴いて、私は凍りついてしまいました。凄いんです・・・特に彼女の歌ったゴスペルは、魂を打ちました。歌い終わった後、圧倒されシンとした会場に小さなつぶやきが響きました。「天才だ・・・」
いろいろなcmソングなどを歌っていますので、知らない間に彼女の歌声を聴かれているかもしれません。大きなヒットが無いために、知る人ぞ知る歌手ですが、これからの可能性と歌の実力から、ライブラリにしようと思いました。実は、アルバムよりも、ライブで圧倒されたのでした。凄かった。

新しいアルバムalmost seventeenの登場で、やっとアルバムがそのころの彼女を思い出させるものが出来てきました。周りがクリスタル ケイに追いつけないのは、いつまで続くんでしょ・・・(^^?

2002/11/3

彼女の評価は、まだ早いでしょう。彼女の歌唱力は、とても素晴らしい。しかし、持ち歌だけで聴くと、今のままでは、単なる歌がうまい歌手という感じもあります。しかし、ライブで聴いてしまったゴスペルのように、無垢な魂でないと歌いきれないものについて、すでに彼女は本物のアーティストでした。若い彼女の持つ無垢な在り様と、その天才的な歌唱力により、ゴスペルは、人の深遠から聴こえる歌となっていたからです。歌の天才であることに、これから何が加わるのか、それがアーティストとしての彼女の姿を定めるのでしょう。宇多田ひかるや小柳ユキのように若すぎる段階でヒットしてしまうよりも、人生を重ねて人の様々な心の在り様を知った深い音楽を切り開いて欲しい気がしています。人の心の在り様を知るには、有名になることがマイナスにしか思えないからです。そう思うのは、彼女の歌ったスキャットのゴスペルを聴いてしまったからなのでしょう。売れる歌ではないけれども、魂の歌だったからです・・・。本当に、稀有な歌手です。


クリスタルケイ ライブラリ
1999
シングル
01
Eternal Memories
シングル
02
TEENAGE UNIVERSE
シングル
03
こみちの花
2000
シングル
04
Shadows of Desire
アルバム
01
C.L.L (Crystal Lover Light)
2001
シングル
05
Girl's Night
シングル
06
Ex-Boyfriend
アルバム
02
637 always And forever
シングル
07
think of U
2002
シングル
08
hard to say
シングル
09
Girl U Love
アルバム
03
almost seventeen
2003
シングル
10
Boyfrend - part II-
シングル
11
i LIKE IT
コラボレーション
01
reeewind!
シングル
12
Candy
シングル
13
Can't be Stopped
アルバム
04
4real
2004
シングル
14
Motherland
シングル
10
Boyfrend - part II- (再発売盤)
アルバム
05
CK5
DVD
01
CK99-04 MUSIC ColdPS
シングル
15
Bye My Darling!
2005
シングル
16
Kiss

ライブのクリスタルケイ

2000年11月26日 原宿クロコダイルにて


リンク

オフィシャルホームページ www.C-Kay.com

EPIC SONYはこちらお試しで聴くことも出来ます

クリスタルケイのファーストライブの写真
会場入口です


Google
  Web www.calvadoshof.com