Water Grill

場所

ロスアンジェルス ダウンタウン

544s. Grand Ave.
213-891-0900

お店のタイプ

アメリカ 西海岸型

お薦め度

ちょっとお勧め

料理

アメリカ 西海岸で生まれつつある新海鮮料理

お酒

ビール、ワインからグラッパまでヨーロッパ風のお酒の品揃えです

費用

だいたい一人50USDくらい

支払/特典

普通だと思います・・・奢ってもらったものですから

寸評

私はお魚を小さい時代にあまり好みませんでした。食べても干物くらいだったのです。しかし、ダイビングを趣味としてから、よく魚を食べるようになりました。しかし、ちょっと問題があったのは、海で食べるものですからおいしい魚しか食べなかったのです。その結果、東京のかなりいいすし屋でもあまり食べなくなってしまいました。冷凍した魚を解凍して刺身にしても、あまりおいしいと感じない場合が多くなってしまったのです。
ですから、魚を好むのに、魚料理に対する反応が欧米人ぽいという、不思議な状況になっています。
そうした私が食べて、「こりゃうまいや」と思ったお店です。
日本では伝統的な料理法が多くあるためか、魚をおいしく食べる工夫がちょっと疎かになっている気がしますが、アメリカ西海岸一帯では日本料理、中華料理、西洋料理の伝統をミックスした新しいタイプのシーフード料理が発達しつつあります。
このお店は、そうした中でもロスで有名なお店です。
招待されて行ったのですが、19時にお店に入ると日本人だらけのお店でした。ですから、ありゃ、危ないなと思いましたが、20時を過ぎるとアメリカ人が多くを占めました。結局夕食の時間の違いから、客層が時間帯の影響を受けるのだと思います。


おおきなオイスターと蛎、カラス貝の盛り合わせです。たっぷりの氷で臭みがなく、4種類のソースで楽しめます。これはうまいとみんなで盛り上がりました。


ちょっとピンぼけ写真ですが、珍しいので載せました。ハマチのスパイシーソテーです。ハマチの香りは、欧米人にはちょっとくさすぎるのですが、こうして食べると味だけを堪能できます。実は私も、すごくいいハマチ以外は食べないのですが、これはとてもおいしくいただけました。

サイドストーリー


-広告について-