オテル・ド・ミクニ
場所

四谷

お店のタイプ

知る人ぞ知るという感じの凝った作り

お薦め度

ど〜んとお勧め

料理

新フランス料理。
しっかりして、親しみのある接客、料理、ワイン

お酒

フランスワインが中心
中心価格帯は15000円くらい

費用

コースで頼むと15000円くらい。
これにワインが加わります。ですから一人当たり30000円と考えるのが標準的

支払/特典

カードはひととおりOK

姉妹店

いろいろとありましたが、最近整理され直営店は四谷のほか1店です。

ミクニ丸の内 ビル改築のため閉店しました

寸評

オテル・ド・ミクニ(hotel DE MIKUNI)のオテルとは、フランス語で「人が集まるところ」という意味です。
知る人ぞ知るこのお店は、レストランだけではなく素晴らしいウェイティングバーがあります。かなり水準が高いバーですが、お店のお客さんが多いために、バーだけの利用は基本的にだめです。バーのお値段は、一般的な高級バーとそう変わりませんので、一杯1500円見当だと思います。普通のバーと違い、シャンペンベースカクテルも気前よく作ってくれます。
また、直接輸入しているワインが、別な建物にある大きなワインセラーにたっぷりと保存してあります。ですから、コンセルジュの提案に合わせて楽しむのが一番よいでしょう。ワインだけのみに行く人は、どうしたらいいんだ(^^;。いつも料理を楽しみに行くので、考えた事が無かった・・・。
定休日は月一回の月曜日。お昼のコースが一番お得です。
コースを頼むお客さんが多いです。確かお勧めです。
ちょっと少量のお皿もフルコースで出てきて、最後にチーズを十数種類と、ワゴンの一杯のデザートを好きなだけもらいます。そして、コーヒーや食後のお酒は、ウェイティングバーへ戻る。一件ですべてが完了します。
お料理の真骨頂は、やっぱりアラカルトです。一品だけでも1万円を超える料理が多いですが、その量も多いので(鳥の場合はほとんどの場合で一匹単位の料理になります。鳩を一匹食べると何も食べられなくなってしまう(^^;)、何人かで行って、それぞれ一品づつ頼んでお店にシェア(取り分け)してもらいます。シェフの腕の奮いどころをたっぷりと味わえます。こんな時は、ワインを奮発して、コンセルジュに任せてしまいましょう。予算を小さく耳打ちすれば、その日の料理の状態に合わせたぴったりのワインを選んでくれます。また、デザートはアラカルトでは量が多いもの一品になってしまい困りますので(さすがに取り分けできない(^^;)、チーズとデザートだけコース料理と同じにして下さいと頼む事ができます。これが、一番お勧めのパターン。
ところで、このお店のオーナーシェフの三國さんが作っていない事もあります。そのため、まれに、ちょっと味が落ちるシェフの時があります。というか、冒険的に料理を作るため、ちょっと外れてしうというか・・・(^^;。といっても、銀座あたりの料理の鉄人で有名になった人のお店みたいに、食べる事ができないほどまずいものを、偉そうに出すほどのみっとも無さはありません。 あ、銀座もいまはいいんですかね・・・(^^; ですから、あるレベルは常に期待していいと思います。
2007年11月、三國さんは現代の名工百選に選ばれました。

バーの戸田さん
オテル・ド・ミクニのバーは、なかなかの水準です。
置いているお酒も、すごく趣味がいいですよ
三國さん
この日は三國さんが作ってくれていました。
戸田さんが声をかけてくれたので、
ポーズを取ってくれました。ありがとうございました
金箔がおしゃれ フォアグラ、おいしい!
鳩です、おいしい! デザートその1
デザートその2-1 デザートその2-2

デザートその2は、お好きなだけ注文してくださいね。
このデザートはコース・メニューのものですが、アラカルトで注文していても頼むことが出来ます。メニューには書いていないのですが・・・。
このあと、コーヒーとお菓子が出ますが、この日はバーで戴きました。
バーですと、お酒も飲みやすいですしね・・・(^^)v

サイドストーリー
2007
10/27 11/02
サイドストーリー
2006
01/19 03/28
サイドストーリー
2005
06/23 07/07 12/23
サイドストーリー
2004
02/23 03/02
サイドストーリー
2003
07/31 10/18

-広告について-