トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ


メキシコ コスメルでダイビング2001年7月23日〜26日まで

コスメルに行くのは、実に10年ぶりです。
今回は、カンクーンでのリゾート遊びは無しにして、コスメルへ直行、直帰という計画にしました。
夏休みの時間は比較的自由に取れたので、飛行機やホテルのの都合に合わせた旅にしました。旅の詳細については、旅行記 メキシコ/コスメルの旅をご覧ください。
ここでは、ダイビングの記録を書いております。

2001年7月23日

ダイビングは、ホテルの前にあるDIVE HOUSEのファンダイブです。
ツアーをお願いしたクラブアズールと提携関係にあります。
このDIVE HOUSEには日本人ガイドがいるとの事でしたが、20日に日本に帰国していました。一時帰国というよりも、契約完了による帰国のようで、23日は後継予定のインストラクターの女性と一緒に潜ることになりました。
DIVE HOUSEについて詳しくは、こちらをご覧ください。
朝食は、DIVE HOUSEの隣にある、ビーチサイドカフェです。
食事のスタイルは、ビュッフェ形式、好きなだけ食べることができます。
私は写真の内容のほか、たっぷりのフルーツにヨーグルトをかけて頂きました。
写真の右側のお皿に持ってある肉料理はメキシコ風にスパイシーに調理されたチキンで、メキシカン・チキンと現地では呼んでいました。結構いけますよ。
No.1 名無しのポイント
No.2 チャンカナ・ノボレス

2001年7月24日

この日は、朝食無しにしました。
ちょっとお水を取りすぎて、お腹の調子が・・・
No.3 沈船ダイビング
No.4 ユカブ(Yucab)

2001年7月25日

昨日とは逆に、しっかりと朝食を頂きました。お腹の調子が悪い理由は、食事の取り方のせいだと思うようになりました。これは、当たりで、体調が一気に戻りました。
この日は、DIVE HOUSEの新しい日本人インストラクターになる予定のAkikoさんが一緒に潜りました。コスメルに来て4日間、ちっともちゃんと対応してもらえず大変だったそうです。
今日は、ダイビング後に面接があるそうです。
面接後、当面見習ということで、ビザの件をまず片付けよう(お仕事ですから、ワーキングビザが必要です。AKIKOさんはまだいろいろとおりそうと心配していましたが、人に聴いたところメキシコはダイビング・インストラクターの場合、結構簡単に取れるそうです)ということになったそうです。よかった、よかった・・・(^^)v
No.5 サンタ・ロサ
No.6 ユカブ(Yucab)

2001年7月26日

今日のダイビングはホテルを移動してからのダイビングです。午前中はのんびりして、12:00AMにホテルをcostaclubに移動しました。FIESTA AMERICANA COZUMEL DIVE RESORTのチェックアウトの際に些細なよく体験するトラブルがありました。
1:00PM、DIVE HOUSEからピックアップの船がきました。
costa Clubの桟橋は、ちょっと安っぽいので、船のほうがだいぶ立派に見えます。
一緒に待っている人がいたのですが、その人を迎えに来た船は、漁船みたいな小さな船でした。よくわかりませんが、costa clubで手配するとそうした船のショップなのでしょうか・・・。ダイビングの内容はいざ知らず、遊びの際には、船は立派なほうが気分よいと思います。
船は、DIVE HOUSEに行き、ガイドと他の客5人が乗ってきました。人数が少ないので、ガイドはリクエストを聞いてくれました。アメリカ人の客が
「コロンビア!」
と言ったので、即決となりました。
No.7 コロンビア・ディープ
無限圧潜水ぎりぎりのダイビングでしたので、ガイドは「2本目も潜りますか?」と聞きました。私に聞いてくれれば、「もう、十分」と答えたのですが、アメリカ人のグループですから「是非!」となりました。
ダイブコンピュータが普及するまでは、ありえない展開ですよね・・・(^^;
みな、コロンビアを気に入っていましたので、2本目もコロンビアに潜ることにしました。もちろん浅めのポイントです。
No.8 コロンビア・リーフ
さて、ダイビングが終わりコスメル島を見ると、結構激しく雨が降っています。
この時期のメキシコは、すでに雨季ですので、1日の間にちょっとはお湿りがあるのですが、これは豪雨っぽいなーと思い写真に撮りました。
船がDIVE HOUSEに近づくと、ホテルの近辺も凄い雨です。
船の操縦席には雨除けが無いので大変ですね。
一緒に乗っていた人たちも、はじめは「シャワーだ」と喜んでいましたが、さすがに、屋根の下に移ってきました。
船がDIVE HOUSEに着いて、私をCosta Clubに送ってくれる際には、雨はやみ、晴れてきました。
この写真は、Costa Clubの桟橋にDIVE HOUSE IVが到着する頃のものです。
今回のダイビングで、やっとコスメルに来ているという実感をたっぷりと味わいました。
ところで、船が戻る際にスタッフやガイドと話していたのですが、明日予定しているセノーテ・ダイビング、なかなか面白いそうです。
なんか、楽しみになってきました。実は、仕事が大分残っているので、場合によってはキャンセルして仕事をしようかなー、なんと思っていたからです。もう、こうなれば、ままよ!、ということで、仕事は・・・・忘れることにしました・・・明日のセノーテ・ダイビングが終わるまでは・・・ははは・・・(^^;
ホテルに戻った時間は、6:00PMです。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com