トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ


コスメル 2001年7月26日 ダイブNo.07(通算173)
コロンビア・ディープ

天候 晴れ
潜水時間 52分 14:13〜15:05
最大深度 26.0m
DIVE HOUSEからはダイビングクルーザーDIVE HOUSE IVで約1時間、結構遠い場所になります。
ドリフトダイビングです。流れは緩やかです。
昨日の優秀なガイドでしたので、良かったなーと思いましたが、水中でやばいなーと思うことがありました。南米から来ている親子のスキルが低すぎるのです。特に子供のほうは中性浮力を取ることもできず、BCのインフレーターホースを握ったまま、めちゃくちゃに操作しています。素直な話、ダイビングをはじめてから彼らが浮上するまでの間の25分間、気が気じゃなくて、ダイビングどころではありませんでした。日本だったらおせっかいにBCを操作しちゃうんですが、それはガイドの領分なので黙っていましたが、いざというときのためにサポートしやすい位置につくようにしていました。
危ない親子が浮上してからは、アメリカ式の潜り方になります。ですから、エアがなくなるまでは、無限圧潜水ぎりぎりまで潜ります。実は、平均深度は約20mで深い潜り方でした。
しかし、カメの帝国みたいな場所でした。このポイントは素晴らしいですね。
なんていうお魚でしょ

水深25mで中性浮力が取れなくてバタバタしている

この子供のために気が気でなく困ってしまいました。
たのむから、ちゃんとレーニング受けてから潜ってね・・・
途中でこの親子に浮上してもらいました。エアが持つはず無いですから。
浮上後も、無事海面につけるか、ずっと心配で見ていましたし、ガイドは途中までサポートしていました。





1.5mくらいあるロプスター

このように大きなロブスターは、食べてもあんまりおいしくないそうです。
ちなみに、青い色のロブスターは日本ではあまり喜ばれないみたいですね。

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com