トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ


コスメル 2001年7月24日 ダイブNo.03(通算169)
沈船ダイビング

天候 晴れ
潜水時間 40分 8:59〜9:39
最大深度 24.4m
潜る前に今日のダイビングは「レッグダイビングだよ、どう思う?」と聞かれました。本心は、あんまり興味ないのですが、欧米のダイバーは大好きなので、黙っていたら、すぐに他のダイバーにも聞いていました。聞かれたダイバーは「なんでも平気さ、一緒だよ」と答えていました。だいぶ経験本数がありそうです。
人数がいるので2つのグループに分かれて潜ります。
私はお母さん親子(日本人のお母さんで68歳、義理の息子さんが3歳)と、「なんでも平気さ」と話していたカップル(左の写真)と同じグループで、エントリーは後になりました。
エントリーした際に、あまりブリーフィングに無かった流れがあり、「なんでも平気さ」といったカップルの男性ダイバーが、後からのエントリーをしているにもかかわらず、流されていってしまいました。あはは・・・・(^^;・・・・カッコつける前に、海とか見とけよ、波がこんなふうにゆるいときは、流れがちょっとは速いものなの・・・
で、ガイドが追っかけていき、こちらは水深25mでボーっと待っていることになりました。そうこうしていると、お母さん親子が別なグループに付いていってしまい、私とカップルの女性の片割れだけ、ぽつんと水中で待っていました。お互いに顔を見合わせて、「しようが無いねえ」というポーズを取り合いました。

のんびり待っているので、暇でした。
沈船をちょっと撮ってみました。

遅れて、想像外の方向から来ました

待つこと何分なのか・・・ガイドと流された彼が船の横から潜ってきました。どうも、流されてから違う経路で潜ってきたようで、彼らは彼らで私たちを探していたようです。セオリーどおりに、予定していた場所に潜っておいでよ・・・(^^;

先に入ってから、みんなの入るのを撮りました
ガイドです
船のお外です
メキシカンカリブのいたるところにいます

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com