トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
 
インドネシア/バリ
Sorry, your browser doesn't support Java(tm).
現地ダイブ
No.04
チャンディダサ
CAndidasa

テペコン
Gili Tepekong
通算ダイブ
No.195
2003/08/25
潜水時間
44分
天候:曇り
最大深度
19.3m
エア消費量
155気圧
関係コンテンツ 旅行記バリへの旅

バリ東部のチャンディダサ近くにあるパダン港からボートで東向かい、10分くらいの距離(だいたい4Kmくらい)にあります。
現地名では、ジリ・テペコンといいます。ジリ(Gili)とは、小さな島・・・という意味です。日本語では、岩と訳したほうがよさそうです。
最もバリらしくない地形として有名なポイントです。

榎本氏によると、このポイントがバリでもっとも難しいポイントだそうです。事実、事故も多く、死者も出ているそうです。バリのガイドの多くが、ここは嫌がるそうです。
海流がぶつかり合い、ダウンカレントもあります。
前回のダイビングで、目的としていたマンボウを見れませんでしたので、今回こそという気持ちがありました・・・けど、まあ、楽しければ何でもいいやというのも、本心です・・・(^^;

Y氏
今回でダイビング8本目
Y夫人も、水中で復活
エントリ場所は流れの少ない場所でした
立派なテーブルサンゴ
ガイド中の榎本氏
このスタイルでお分かりのように、日本では軟弱な印象の強いPADI系のガイドではありません。生粋のダイバーです。
写真は平和ですが、海はかなりうねっていました
撮影しようとしても、流されている私です。
なかなかダイナミックな景観でしたが、
写真では撮りきれないようです。
流れをなかとも思わないお魚さんたち
流れを避けて休憩しているお魚さんたち
ひらひらと舞うように泳ぎます
テペコンの奇岩
海上に浮上した際の写真

残念ですが、今回のダイビングでマンボウを見ることは、かないませんでした。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com