トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
 
インドネシア/バリ
Sorry, your browser doesn't support Java(tm).
現地ダイブ
No.02
トランバン
Tulamben
通算ダイブ
No.193
2003/08/26
潜水時間
42分
天候:晴れ
最大深度
26.6m
エア消費量
145気圧
関係コンテンツ 旅行記バリへの旅

トランバン(tulamben)は、昔近くに軍港があった場所です。
このポイントは、ビーチダイブ、そして、海にちょっと入ると、いきなり沈船があります。
沈船の名前はリバティ(librery)、第二次世界大戦の際の貨物船です。

■リバティについて
一部の資料には、リバティとは、リバティ級であるという誤解があるそうです。実際のリバティ級の場合は、この船よりもより後に建造され、かつ旧式に分類できるエンジンを搭載しているとのことです。

1918年にニュージャージーのドックで進水したリバティー、395フィート(120m)、6211トンのたどった、数奇な運命は、こんな感じになります。
1942年1月11日朝、日本海軍の潜水艦に雷撃され、被雷、自力航行がまだ可能だったため(私は日本人なので、日本海軍の誇った酸素魚雷が6千トン強の貨物船を沈められないのが不審に思いますけど・・・本当は友軍の爆雷に触雷したんじゃないかなー)トランバンの軍港に向かうも果たせず、ここに座礁させました。その後、1963年、バリの神聖な山gunung Agungの噴火に伴う火山性地震の際に、今の場所に転落しました。
ま、あまり、ラッキーな船ではないですね。
リバティは、水中では横倒しになり、分解しかかっていますので、他の場所で良く見る沈船よりも、瓦礫っぽいです。
このポイントは、ビーチダイブで沈船、深度は行ってしまうと35m、普通でも25mとなります。世界でも稀有なポイントだと思います。

エントリ中・・・はじめに手こずるのは仕方の無いこと
機材の具合が悪いみたい
BCにエアが入らないのだと思います
みんなも無事潜水開始
何かを見つけたみたい
私も急いで泳いで行きました
なにも見つからず、後で榎本さんに聴いたところ
サメがニ匹いたそうです・・・(^^;
流れは強いけど平和なダイビング
撮ろうとおっもたら行き過ぎていく
ドリフトダイビングの宿命かも・・・
ちょっと距離があり、尻尾のだけストロボが当たりました
小魚を撮ったのですが・・・
ず〜〜っと、サンゴ礁でした
エグジット〜

ダイビングのお話は、こちらをご覧下さいませ。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com