トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
 
インドネシア/バリ
Sorry, your browser doesn't support Java(tm).
現地ダイブ
No.01
ヌサ・ペニダ
Nusa Penida
SD
通算ダイブ
No.192
2003/08/24
潜水時間
40分
天候:曇り
最大深度
30.2m
エア消費量
127気圧
関係コンテンツ 旅行記バリへの旅
ヌサ・ペニダ/Nusa Penida(ペニダ島)

ヌサとはインドネシア語で島という意味だそうです。ですから、ヌサ・ペニダとは、ペニダ島という意味になります。バリ東部のチャンディダサ近くにあるパダン港からボートで南に下り、1時間くらいの距離(だいたい25Kmくらい)にあります。
sdとは、小学校のことだそうで、ポイントの辺りの陸にある・・・らしいとのことでした。船から見ることは出来ませんでした。
この近辺は、ドリフトダイビングが中心です。
なんと、今回お願いした、サウザンドリームスでは、体験ダイビングもドリフトでやってしまう場合があるそうです・・・すごくお徳ですね。
ところで、ガイドさんは2名、ファイダイブも2名で、なんとマンツーマンでガイドを受けました。それって体験ダイビングみたいなものかも・・・(^^;
流れは結構速く、ドリフトらしいドリフトダイビングでした。
ポイントの設定が的確で、はじめ30mほど潜り、そのあと5mくらいのところまで流されるようになっていました。ですから、セーフティーストップ不要な、よく考えられたダイビングでした。
バリの場合、何気なしにジンベエ・ザメとか、マンタとか、マンボウが来るそうですが、このダイビング中には2mちかいナポレオンフィッシュが姿を現しただけでした。

ガイド兼ツアーコンダクターの榎本さん
エントリーは、気楽にみんなで・・・
お魚さん
ストロボを使用したので、鮮やかに撮れました
ソフト・コーラルも鮮やかですねー
ストロボを使用しました。
一面、サンゴが一杯
豊かな海です
見渡すばかり、こんなサンゴ
サンゴは続きます
このころ、2mちかいナポレオンフィッシュがいたのですが、バッテリーがちょっと不足気味で撮影できませんでした。
浮上間際の、水面の写真です。

ダビング後のお話はこちらをご覧下さいませ。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com