トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ

南伊豆 神子元島でダイビング
1998年9月12日〜13日

9/10 行く事を急遽決定

今回のダイビングは、9/10に急に決めました。会社のダイビング同好会で、ライセンスを取る予定の人に付き合うつもりでしたが、ダイブショップの方で体験ダイビングが4人も追加で入ってしまい、そうしたダイビングに付き合ってもらう事は心苦しいとの連絡があったからです。
で、急遽行き先を考えたところ思い付いたのが、しばらく行っていない南伊豆の神子元島でした。
会社で思い付いたので、連絡先は記憶のみ、唯一の記憶がはじめて神子元に行った際に利用したタートルフラワーです。タートルフラワーは、民宿で丸亀丸というところに事務所があります。104で電話して予約交渉をしました。なにしろ連休という時期ですので空いていない事を覚悟していましたが、なんと取れるとの事・・・で、同僚と2人で行く事にしました。

この時の同僚は、自衛隊を辞めて入社したばかりの故上野氏です。上野氏は、数年前に仕事で宿泊しているホテルで、亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

9/12 (初日) 1本目まで

同僚が前泊できないとの事なので、12日の早朝6時くらいのこだまで熱海まで行き、伊豆急下田に向かいました。
このこだまでないと神子元で2ダイブするときの1本目に間に合いません。そうした背景からか、私たちの他にも、神子元に向かわれるダイバーの方とご一緒しました。関西から来られている方だそうで、仕事で東京に来ているそうです。関西からですと、神子元よりも海外の方が近いわけで、こうした機会でもないと行くチャンスはないとの事でした。
伊豆急下田からタートルフラワー(丸亀丸)まではタクシーです。写真の方はショップのピックアップがあるとの事でした。昔の神子元では考えられない事なので、時代の変化を実感しました。
お店では、チェックインして、着替えて、そのまま港に向かいます。お昼をここで食べる場合は、チェックイン時にここで申し込みます。1食700円。お勧めはカレーライスだそうです。他のハンバーグは冷凍食品を目の前で暖めてくれます・・・(^^;。
この日のツアーは、タートルフラワー号で32人(^^;。もっとも、お店に直接来ているフリーの客は私たちふたりを含めて8人です。
港までは歩いて7〜8分くらいですぐにつきます。といいながらも、荷物運びの車の荷台に乗せてもらいました。
港でちょっと私のスナップを撮ってもらいました。
私が着ているのは、スパンデックス・スーツという、厚さ1mmのダイビングスーツです。なぜか日本ではこれを冬に着るドライスーツのアンダーウェアに着るという不思議な習慣が横行していますので、良く知らない人にはこれで潜るのかと驚かれてしまうことが多くなってきました・・・(^^;。水温が24〜26度もあって、5mmのウェットスーツを着る方が暑くて大変だと思うのですが・・・(^^;。
船は10時ちょっと前に帰ってきました。
この写真は13日のものですが、船の入港シーンはいつも一緒みたいなものです。人がたくさんあふれているのがおわかりいただけると思います・・・(^^;。
ちなみにタートルフラワーは、弓ヶ浜の網元の船で、弓ヶ浜で一番始めにダイビングクルーザーを利用するようになったため、港で一番良い場所、つまり港の入り口に停泊します。
この船の詳細は、サービスの案内に説明をしておきますが、エグジット用のダイバー向けリフトが装備されています。結構便利です。また、結構速い方なので、神子元島までそう時間もかかりません。
この日は快晴です。
あたふたと、しかし手際よく器材やタンクの積み下ろしをすると、すぐに出港です。器材の上げ下ろしなどは、サービスの人たちが行ってくれますが、こうした時に自分の器材の面倒を見る事はダイバーとしてのマナーですね・・・(^^)。
船の中ではタンクが固定される場所が、どのサービスから来ているかに対応して割り当てられますので、指示道理にしなければ行けません。


スポットまでは、こんな感じですよね。

9/12 (初日) お昼から2本目まで

お昼はハンバーグを食堂で食べました。で、食後に弓ヶ浜に行ってみると700円でもっといいものが食べられるお店がありました。明日はここで食べようと、一緒に行っていた同僚と誓いました。
宿泊も、国民休暇村があります。それも、実に立派な建物です。こちらに宿泊する方が、ずっとよさそうでした。
次回には、そうしよう・・・
で、2本目を潜りました。

9/12 (初日) 夜

2本目が終わってしまえば、宴会ばかりです・・・(^^)
サービスと同じ場所の民宿「丸亀丸」ですので、宿泊はらくちんです。部屋は6畳間で、1時間100円のエアコンとテレビが付いていました。
ふたりで宿泊しているだけですが、ちゃんとタカアシガニも付きました。


メニューは、

あじのたたき
あじの刺し身
タカアシガニ
魚のフライ
香の物
ごはん
味噌汁

でした。タカアシガニはシーズンではないので冷凍では?との事ですが、実においしかったです。タカアシガニは、弓ヶ浜での名産でもあります。また、あじのたたきや刺し身は大変おいしく、ビールを2人で大ビン4本ほど空けました。民宿のビールが底をついたので、お店を紹介してもらい、スナックで水割りを飲みました。

9/13朝 1本目〜2本目

私は朝が早い方です。
で、朝食前に弓ヶ浜に出てみました。
弓ヶ浜は、日本の渚100選に選ばれているそうで、それなりにきれいな浜辺です。日本の海ですから砂が黒いのは致し方ない事ですね。

 


ダイビング以外にも温泉もあるそうなので、朝からいろいろな人が散歩してました。
驚いたのは、乗馬している人たちもいた事です。
この人たちの服装は英国式の乗馬服のようですので、ヨーロッパ式の乗馬クラブが近くにあるのか、本当に御金持ちで馬屋を近くに持っている人がいるのかどちらかではないでしょうか?。いずれにしても、漁師の街という印象がある弓ヶ浜で、こうした光景を見るとは予想もしていませんでした。


丸亀丸の朝ご飯は、民宿らしいものです。
しゃけの切り身の他には、冷凍食品のオムレツが付いています。
ご飯はたっぷりありますので、鋭気を養いましょう。
今日の海は、朝の1本目です。時間は7:30です。神子元は朝凪の為に潜りやすくなるそうです。ですから、朝早い時間に潜る事は、けっこうお勧めです。
この日のダイビングは、船1隻に33人のお客さん。
サービスとしても稼ぎ時ですね。
この日のダイビングは、2本目(3本目のクルーズ)が終わってから昼食になります。


ガイドの女の子達です。
同僚がずいぶんお世話になりました。同僚は、自衛隊でダイビングを学んでいたのですが、ともかくエアが早くて…(^^;…神子元の海は、ちょっと難しかったようです。
奥の女の子が、私たちのダイビングにサブで付いてくれていたガイドさんです。
私のダイビングスーツを見て「あの、このスーツで潜るんですか!?」と驚いていました。私は「気持ち良いよ、2着あるから1着貸したげようか、試したら?」と答えたら、「いいですよう、体の線が出ちゃうもん(^^;」といっていました。やっぱ、女の子ですねえ・・・。
彼女たちは、丸亀丸の親戚か近所の人たちみたいで、民宿の人たちとも気楽に名前で呼び合っていました。


お昼は、昨日に見つけた「青木さざえ店」で、イセエビ天丼を食べました。
なんと、殻ごと食べられます。といっても、かなり硬いので、根性が要りますが・・・。
これで1600円は、安いのではないでしょうか(^^?

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com