トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
私はDSLR派 デジカメ日記

Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4 T* Serial 7284881

特徴

光学設計と機構設計はドイツCarl Zeiss、製造は日本のKyoceraなのかしら、ドイツの製造かしら、よく知りません。古い設計のレンズですし、京セラのデジカメ撤退に伴い、もう製造されていませんが、とても使いやすいレンズです…とは言え、F1.4の開放では、とてもフォーカシングがクリティカルです。
被写体との距離は30cmから合焦するので、その点は使いやすいですが、被写体との距離が1AMを超えるとフォーカシングリングのちょっとした動きでフォーカスが合うようになり、その場合は、微妙です…フォーカシングスクリーンをどこまで信用して良いのか心配になるほどです…(^^;
このレンズは、ハイスピードなのが一番の特徴で、その点は、間違いなく使いやすいですね。
使用していても、歪感はとても少なく、色も的確です。特に、フォーサーズで使用すると、特性のいい中心の部分を利用するので、より有利です。
開放F1.4で使用すると、フォーカスはクリティカルで一点に集中するようになり、全体的にはかなりふんわりした表現になりますが、F2.0以降に絞ると、カチッとした絵になり、持ち味が大きく変化してくるのが、面白いです。
このレンズを使用するようになった理由は、マニュアルフォーカスでカメラを使用するようになったからです。率直なところ、オートフォーカスの方が明るい場所では精度が高いのですが、暗い場所ではマニュアルフォーカスの方が、外れが少ないと思います。詳しくは、
おいしいところだけ戴きます… フォーサーズとマニュアル撮影 フィルムカメラのシッポが残るDSLRの問題点をご覧ください。

レンズマウント
YASHICA-CONTAXマウントです。
価格
実売価格で、中古で9万円くらいですね…新品とほとんど値段が変わりません。

使用した感じ

私にとって、とても使いやすいレンズです。
とてもハイスピードですし、私の良く使用する焦点距離で調整が楽です。
絵の質も申し分なく、フォーサーズで使用しているためか、周辺部も暗くなることはあまり無いようです。
一発で気に入ってしまったレンズです。

撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1,4 T*
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像 2005/08/09
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1,4 T*
rawデータ撮影後RawShooter1.02でホワイトバランスを適時選択して現像 2005/08/23
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4
rawデータ撮影後RawShooter1.02でホワイトバランスを適時選択しい現像 2005/08/24
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1,4 T*
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでホワイトバランス2600Kにて現像 2005/09/09
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでホワイトバランスを適時選択して現像 2005/09/21
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1,4 T*

rawデータ撮影後
RawShooter1.03ホワイトバランス適時選択して現像 2006/06/16撮影

関係したページ


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com