トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
私はDSLR派 デジカメ日記

Sorry, your browser doesn't suppor Java. デジカメ日記

IXY200の修理

CFカードカバーが、壊れちゃいました

ロスアンゼルス バハ・カリフォルニアへの旅バハ・カリフォルニアに着いた際に、IXY200AのCFカードカバーが壊れていることに気付きました。ロックするための爪が飛んでしまっていたのでした。
CFカードカバーが開くと、IXY200Aは動作しなくなります。
手で普通に撮影するときは、カバーを手で押さえれば、使うことができますが、水中では、水中ハウジングの中にありますので、そういうわけには行きません。夜に、ラ・パスの街で、もう付かなくなりかかったセロテープを購入し、ダイビングの際は何とかなるようになりました。
もぐる準備をする際に、カメラのCFカードカーバーをセロテープで固定して使用していました。

修理しちゃおう

IXY200Aは、長く使用しています。
で、修理して、もっと使い続けたいなーとも思いました。
やっと水中での撮影時のコツがわかってきたからです。
幸いに、ダイビングのとき以外に使用することがなく、修理に時間を見込むことができます。
帰国後に、ホームページで調べたところ、キャノンの修理は、持ち込み修理に二種類ありました。修理センターに預ける方式と、なんと、その場で直してくれる方式があるのでした。びっくりしました。
CONTAXなんかは、どこにもって行けばいいのかわからないほどでしたので、メーカーの違いに驚いたのでした。
私は、その場で直してくれる方式を選びました。
場所は秋葉原です。
もう、修理の終わり近い、16:30にサービスセンターに着きました。
受付には、銀行のような待ち番号札の発行機がありました。これを取ると、窓口のような修理カウンターに呼ばれます。このカウンターで、本当に修理しちゃうんですよね。

「どうされましたか?」
「CFカードカバーをロックする爪が、飛んじゃったんです」
「あー、200円ほど実費がかかりますが、よろしいですか?」
「もちろんです」

私は、驚きました。「え、技術料で何千円かかかるわけなのに、丁寧に聴かれるんだなー」と・・・。

「10分くらいでできますので、お待ちになられますか?」
「はい」

待つための席が用意されており、中国製の安いミネラルウォーターが飲めるようになっていました。
古いカメラ雑誌があり、それを見ていました。
待つ時間ですが、結局20分くらい待ちました。

「お待たせしました、これで如何でしょうか」
「ありがとうございます、お幾らでしょうか?」
「お待ちいただきましたので、結構です」
「わ、うれしい」

なんと、技術料も取られず、無料修理となったのでした。
私が体験したこの故障、IXY200Aで、改善しすぎてプラスチックに材質を変更したため、ロックする爪が飛びやすくなったのでした。しかし、だからといって、買ってから2年も過ぎて、無料修理してくれるなんて・・・凄いぞキャノン・・・(^^)

余談ですが、サービスセンターの写真は、CONTAXで撮影したのでした・・・(^^;

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com