トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

徒然酒(つれづれざけ)
2008/10/18

前へ
No.1451

この内容は、旅行記 上海への旅 浜崎あゆみASIAツアー 2008 parT2/3からの転載です

4本
青島ビール
10/18 上海への旅 あゆのASIAツアー 2008 Part 2/3 上海編 二日目

コンサートのチケットは、抽選です。
ほとんどの日本からのお客さんは、SS席を頼んでいました…ですから、どのチケットになるかについて、抽選となるわけです。

私は、7時過ぎに朝食に行きました。抽選は8時からです。

ホテルの朝ごはん
豆乳があったので、中国式に揚げパンと豆乳…と思ったら、
中国式の揚げパンが用意されていなかったので・・・(^^;…イギリスパン/食パンをいただきました
包頭とかはありました
手前の黄色いのは、卵を練り込んだものです
撮影データ LEICA D-LUX3
Jpeg撮影 HDRI 3マルチショット 

チケットの抽選で、アリーナ席の4列58番が当たりました。
で、前の方に思ったのですが、ここは中国、その前に別なブロックがあって、結構なかほどでした。
この国は、いつもこうです…(^^)

あゆのチケット
撮影データ LEICA D-LUX3
Jpeg撮影 HDRI 3マルチショット 

会場への出発は、17:30です。
それまで寝てようかなーと、ベッドに入ったのですが、もう無理でした…(^^)

で、のんびりと撮影でもしながら、上海金融中心に行ってみようと思いました。

実際にはかなり寄り道したので、3時間くらいかけて移動しました。

上海市内にて
上海の街は、あたらしい高層ビルと、昔の文化的な生活…(^^;…のために建てられたボロパートが混在しています
撮影データ LEICA D-LUX3
Jpeg撮影 HDRI 3〜6マルチショット 

上海環球金融中心に到着したのは13時過ぎでした。

わざと、太陽をビルの壁面に反射させたアングルで撮影しました
コンパクトカメラなのに、それなりに見れるのがHDR撮影のすごいところですね
余談ですが、コンパクトなのでF8, シャッタースピードも1/2000までし…±2dBの撮影は下限が無理なので断念しました
撮れていれば、より美しくできたたと思います
撮影データ LEICA D-LUX3
Jpeg撮影 HDRI 3マルチショット 

お昼もy's tableで食べてみました。
焼き肉にしてみました。

上海環球金融中心 Y's Tableにて
これで65元、上海では高額な食事ですが、日本の感覚では安いです
私は、お肉のお替わりをいたただきました
食べてみたくて頼んだのが、銀座たこのたこ焼きです
アジア進出したての、たこ焼き…おいしかったです…35元
撮影データ LEICA D-LUX3
Jpeg撮影 HDRI 3マルチショット と 通常撮影

さて、おなかもくちくなったのですが、なんとなく、上海の象徴みたいな印象のある放送塔を写真に撮ってみようと思いました。世紀大道でまっすぐなのですが、歩ける経路が工事中で、ちょっと歩かされました。

上海放送塔あたりにて
通りかかったら、見え方がいいので、いろいろな人が写真を撮っていました
私もとってみた次第です
見た印象は…汚いな…でした
ひょっとすると、上海の、公害の象徴みたいてな感じがします
撮影データ LEICA D-LUX3
Jpeg撮影 HDRI 3〜6マルチショット 

撮影してから、ホテルにタクシーで戻りました。
タクシーですが、簡単につかまらなかったので、シャングリラホテルの前まで行って捕まえました。
上海のタクシーは、このあたりから私が宿泊しているホテルまで14元、日本円で200円程度と、とても安いのですが、あんまり捕まらなかったり、乗車拒否されたり、日本の態度が悪い時代のタクシーとおんなじ感じですね…(^^;

ホテルエントランスにて
撮影データ LEICA D-LUX3
Jpeg撮影 HDRI 3マルチショット 

ホテルに戻ったら、結構疲れていたので、すこし休みました。

ホテルから会場に向かって発つ時間は、17:30でした。

この日は、台湾の王のコンサートが、あゆのコンサート会場の隣の8万人収容の会場で行われるので、会場近辺の交通事情は最低でした。ツアーの方では、バスの乗り入れ、駐車について事前に確認していたにもかかわらず、当日には禁止されてしまい、大騒ぎでした。

しかし、8万人の会場のコンサート…男性アーティストは規模を好み、女性アーティストは質を好むといいますけが、典型的ですね…中国や台湾程度のPA技術/設備で、まともなコンサートになるはずはなく…守銭奴みたいな奴だなと、ちょっと見下してしまいました…(^^;

ところで、あゆのコンサートですが、昨年は取り締まりが異常で、観客が立つこととかきびしく規制されていました。今年は、そうした規制が外された代わりに、日本て言うところのマナーという概念が存在しない国らしく、後ろの客がお構いなしに席に立つは、席から飛び出して通路を駆けずり回るわで、動物園の中に放り込まれたような状態になってしまいました。で、コンパクトカメラによる撮影もし放題…主催者が「撮影は許さん」なんて言っていたのはどこ吹く風でした。一眼レフの撮影だけで、注意されていました・・・(^^)

というわけで、貴重な会場の雰囲気の写真が入手できたのでした…(^^)

上海体育館近辺の写真
お隣の8万人収容の会場に向かう人たち…中国や台湾の人には、コンサートの質という概念は、まだ先かも
日本も、わかんない奴、たくさんいるくらいだから…(^^;、
会場です
あまりに照明のセンスがセ砂野で、hDRIでもコンパクトをしている関係で限界ですね…(^^;
こうした光景は、日本でも中国でも同じです
現地で売られている、勝手に作られている各種グッズ
中国の法律に詳しくないので、違法かどうか不明です
私は、あゆのトランプを買いました…(^^)
今回のバッグ…とてもコピーものとは思えない出来の悪さですが、値段は安くて20元…(^^)
撮影データ LEICA D-LUX3
Jpeg撮影 HDRI 3〜6マルチショット 

コンサートが終わってから、皆さんで火鍋に行ったのですが・・・お食事の開始は12時くらいになったのでした。ホテルに戻ったのは、1:30くらい…朝7時起きなんですよね…(^^)


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com