トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

徒然酒(つれづれざけ)
2007/04/21
No.1077

2本
青島ビール
1本
赤ワイン小
04/21 香港への旅 浜崎あゆみASIAツアー parT2

この内容は、上海への旅/浜崎あゆみASIAツアー parT2からのコピーです。

04/21 上海一日目

前回は2〜3時間の仮眠をとってから、香港へ向ったのでした。今回もそうなる…予定でしたが、私がちょっとお酒を飲みすぎてしまい、目が覚めたら6:00AM…成田エクスプレス間に合わないじゃん…(^^;

で、仕方ないので、タクシーで成田空港に行きました…(^^;
行きの旅程は、2007/04/21 上海へ発つをご覧ください。

04/21 偽札都市 上海にて

上海では、そのまま観光です…
なんかガスっているなーと思いました。

もう、霧みたいな状況です。
ちょっと距離があると、ガスっているのでした…(^^;

移動中に、バスの中で上海での注意点を聞きました。

「上海の治安は大丈夫です…でも、偽札が多いので注意してください…スリも多く、バッグを後ろに持つと切られてしまいます。日本と同じね。夜は、該当で誘う、変な店に行かないでください。二十万円といわれてて電話をもらっても、もうおしまいです。日本と同じね。」
「どこが、治安がいいの?」
「殺されることは少ないよ」

なんか、スリが日本と同じといわれても、そのスリって中国とか韓国から来ている連中、少なく無いじゃん…日本と同じなんじゃなくて、日本で中国と同じことをする連中が沢山輸出されているんじゃないの…(^^???

「あと、偽札が多い…出店はだいたい偽札ね…日本人は狙われるから」
「日本の銀行窓口でも偽札に注意されたけど、偽札使うのは犯罪じゃないの?」
「偽札作るは犯罪、使うは犯罪じゃない」
「え・・・・」

来年オリンピックを開こうという国は、偽札天国なりでした…大丈夫なのかね、本当に…(^^;

はじめに行ったのは、世紀広場です。

「歩行者天国…日本と同じね」

どこが同じだかわかんないのですが、車とか観光のチンチン電車みたいなものが走り回る歩行者天国は、かなり狭い範囲だけでした…東京だと、かなり長い距離、複数の街を結んでいるのですが…(^^;

「自由行動にすると、戻ってこれないかもね、団体行動で行きます」

はいはい…という気持ちでした…(^^)

世紀広場にて
もう、撮るものがないと、こうしたものを撮るのは習慣ですね
人数を数えたり、大忙しですね
バスのバックミラーは良くできてます
三方向を見ることが出来ます
人が多い場所を走るから必要なんですね…日本では不要みたいな気がします
撮影データ OLYMPUS E-1 + LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-F3.5 ASPH
rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

観光と言っても、入場料のかからないところを巡る旅で…(^^;
上海開発の象徴である、浦東を一望できるところに連れて行ってもらいました。

しかし、この霧…スモッグじゃないかな…そう思うようになっていました。

浦東を一望できる展望台にて
普通に写真を撮るとこの通り
あんまり汚い光景なので、デジタル写真らしい処理をすると、以下みたいに出来ました
とは言え、これが精一杯…(^^^;
この光景に感銘を受ける人もいるそうですが…私にはちっとも…(^^;
この写真の子は、中国人のツアーのガイドです
フェンディのバッグを見て、気付きました…女性のガイドの子って、見ると、バッグがブランド物なんです、本物かはわからないですけど
日本も20年位前は、そうした時代があったので、人って同じ道を辿るものだなトー思いました
ドイツなんでも、若い子がMGMのベルトでファッションを決めているのを見てカッコイイなと思ったことがあります。
バックでは、ファッションにならないですけど…小物ですものね…
撮影データ OLYMPUS E-1 +
LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-F3.5 ASPH
rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

続いて、お茶をご馳走しますと、御茶屋さんへ…
まあ、お茶の販売コースというだけですが…(^^;

お茶が如何に健康に良いかを説明してくれながら、試飲指定のでした。
私は、お茶請けに出た甘い梅干が気に入りました。
とは言え、ここでは何も買いませんでした。

いろいろと効能を聴かされましたが、内心思っていたのは、食道癌にならないお茶はあるのかなということです。なぜかというと、中国では食道癌の発生率が、日本の100倍といわれているからです…原因は、中国のお茶の文化です。日本のお茶よりも遥かに熱い温度で飲むので、いつも火傷状態に食道がなるためと言われています。

中国の平均寿命は71.1歳…日本は81.9歳…経済発展と寿命、健康寿命の相関関係は、必ずしも存在するものではなく、生活習慣にあります。あんまり、こうした宣伝文句は真に受けないほうが良いでしょうね…。

余談ですが、このお茶のお店、日本や韓国のお客さんなど、海外からのお客専門のお店で、中国の人は買いに来ないそうです…(^^;

お茶屋さん 洪○茶坊にて
甘い梅干は、日本にはほとんどないですね
中国のガイドさんたち…口癖は「日本と同じ」ですけど、本当にそう思っているのかな…(^^???
この説明してくれていた子は、とっても良い子でした
中国の茶器を見てみました
かるばどすほふに登場しているゲルピンさん宅で、台湾製の立派な茶器で中国茶をご馳走になったときに感銘を覚えた記憶があったからです。で、気に入った茶器があったのですが、台湾製だったので、買うのは止めました…台湾で買えばいいですもんね…
撮影データ OLYMPUS E-1 +
LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-F3.5 ASPH
rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

ホテルにこの後向かったのですが、ホテルの周辺になにも無さそうだったので、上海ではオプショナルツアーに行くことにしました。上海雑技団の見物ツアーで、お食事つきです。

撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 7-14mm F4.0
撮影データ 
OLYMPUS E-1 +
LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-F3.5 ASPH
rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

ホテルでは、シャワーを浴びる時間がちょっとあったぐらいでした。
夜も、観光客専門レストランです…(^^;

実は、私が初めて中国を私が訪れたのは、天安門事件の1年前…今とおんなじ賄賂天国の中国ですので、いろいろとお金を使い…郷に入らば郷に従え、でいすので…、贅沢に過ごさせてもらいました。その際の食事があんまり素晴らしかったので…こうした料理が、「質素で寂しい」とか「これでも料理なの…(^^?」と感じてしまうのでした…(^^;…香港よりは、いいですけど…(^^)

ツアーのレストランにて
この魚、上海では良く出るのですが、日本人には人気がありません
ひらめとして説明がありましたけど、ウソでしょ
撮影データ OLYMPUS E-1 +
LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-F3.5 ASPH
撮影データ 
OLYMPUS E-1 + LEICA D SUMMINUX 25mm F1.4rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

続いて、上海雑技団の見物です。
途中の光景を、バスの窓から撮影してみました。

バスの車窓より
撮影データ OLYMPUS E-1 +
LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-F3.5 ASPH
rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

2007/04/21 上海雑技団

中国の常識で、カメラでの撮影はOKです。
特に、公開禁止という話題もないので、ここでご紹介いたします…(^^)

実は、公演開始にちょっと遅れて、入ったときはもう始まっていました。
席が最前列の上手側であったため、舞台の縁がちょっと絵に入る場合があります、ごめんなさい。

また、照明の構造のためか(蛍光体や発光体の違いかな)、色温度があまり適切なものではないみたいで、写真が照明のままだと綺麗に見えませんでした。ですから、照明の色をキャンセルして、自然色に現像してあります。

上海雑技団
この子がちょっと気に入ったので、以降なるべく撮るようにしました
雑技団の奥義は合体技にあり…(^^)
この角度でお皿が廻るのがすごい
最後のスプーンが難しいらしく、3度目に成功しました
動きが速いので、フラッシュがないと絵になりません…(^^;
まして、AFですし…(^^;
この辺りでカメラのメディア一杯になり、以降は絵があまり撮れていません
この子、歯欠けが惜しいですね…
中国では歯の治療は沢山お金がかかるのでしょうか…
こいでいる女の子、流石に笑えないみたいです…(^^;
バイクで最大5台でこうした走行をします…
マトリックスの実演版みたいですね
フラッシュがないと絵にならないので、撮影は諦めました
撮影データ OLYMPUS E-1 +
LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-F3.5 ASPH
撮影データ 
OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital ED 50-200mm F2.8-3.5
rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com