トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

徒然酒(つれづれざけ)
2006/10/29
No.0933

この日は飲んでいません
10/29 観艦式

観艦式のため、乗船時間は7:30過ぎからです。
自宅を6時前に出て、横須賀に行きました。

この日は、天気はあいにくの状態ではじまりました。デジタルカメラなので、ガスっている状態の絵は、キャンセルして綺麗にしてあります。

横須賀 海上自衛隊 基地にて
私が乗船したのは、ひえい/DDH142です
この方は、説明のためにアサインされていて、いろいろと説明をしてくれました
朝8時には、自衛艦旗の掲揚があります
旧帝国海軍の時代からの伝統だそうです
敬礼している民間の方は、若い時に旧帝国海軍の観艦式に参加したことがあるそうです
出航前に艦内を説明してくれました
この角材は、浸水した時に使用するためだそうで、戦訓からすべての艦に用意されているそうです
他の船と交歓すると、こうしたパネルを送り合うのが習慣だそうです
中国 人民解放軍の人たち
第6回中国人民解放軍佐官級訪日研修団で、笹川日中友好基金が招聘した人たちです…笹川と聞くと胡散臭い印象が…(^^;
前回の陸上自衛隊富士総合火力演習に台湾の軍人の見学があった際に、日台軍事協力だと口汚く中国外交部は罵りましたが、
それからすると、これって、日中軍事協力なんですかねー…(^^;
余談ですが、陸上自衛隊富士総合火力演習は陸自の学校の主催で、国家行事には分類されません
ちょうかいが出航します
ひえい/DDH142も出航です…赤いのをかけている人が艦長さんです
手前の人は、PSPに熱中しています
中国人民解放軍関係の人みたいです
余談ですが、人民解放軍は中国の国軍ではありません…中国共産党の軍です…中国国内では、人々のための軍と誤解しているみたいで、かつて天安門事件の時に、若者達を圧殺するために派遣された人民軍を、自分達を助けに来たと、天安門事件に参加した人たちは、はじめに誤解したそうで…(^^;
まあ、この人たちは、日本のお金で遊びに来ているので、なにをしていてもいいですが…中国の軍備拡張に膨大なお金を供出して、日本まで来てPSPで遊びに呼ぶなんて、お人がよろしいようで…(^^;
見渡す限り、この人物以外は、だれひとりとしてゲームを楽しんでいませんでした、日本人も含めて。ちなみに、ゲームがなにかは確認していません。
中国は大丈夫なのかなー

内閣総理大臣が乗艦する、護衛艦くらま
小さな船が大型船に突っ込んだなーと思ったら、海上保安庁の船でした…観艦式のための海の交通整理は、海上保安庁がしているのでした…護衛艦隊を守る海上保安庁…(^^)
観閲艦隊
観艦式を見る側の艦隊です
見られる側は、受閲艦隊といいます
船の間隔を位相差型測距計で確認しています
観艦式のお弁当は、こんなに立派なのでした…
三軍一と話していたら、来年の陸上自衛隊のお弁当を見てからそう評価した方がいいと言われました…(^^;
個人的には、艦内の食堂で横須賀海軍カレーを食べ放題…というのもいいような気がします…(^^)
受閲艦隊…これは、船が良くわかるように、ずらして運行しています
これから、観艦式の、艦艇観閲が始まります
この日の、航空部隊の観閲は中止でしたが、あとで新聞を見たら共同通信では50機の航空機が参加したとか報道していました
取材してから報道しろよ、共同通信…(^^;
受閲艦隊旗艦 たちかぜ
受閲艦隊 第一群 たかなみ
受閲艦隊 第一群 おおなみ
受閲艦隊 第二群 さわかぜ
受閲艦隊 第二群 しまかぜ
受閲艦隊 第三群 ゆうべつ
受閲艦隊 第三群 いしかり
受閲艦隊 第4群 やえしお
受閲艦隊 第4群 やえしお
受閲艦隊 第4群 なつしお
受閲艦隊 第五群 掃海母艦 ぶんご
受閲艦隊 第6群 輸送艦 しもきた
受閲艦隊 第6群 輸送艦 しもきた
フラットトップなので、空母に変更できると信じる、ちんぷんかんぷんな人がいたりする艦です
艦上には陸上自衛隊もおり、観閲を受けています
しもきたに搭載されているLCAC/輸送用ホバークラフト
受閲艦隊 第7群 ミサイル艇 おおなみ
受閲艦隊 第8群 海上保安庁 巡視船 やしお
この船は、核燃料輸送に伴う護衛任務のために建造されました
規模は、護衛艦相当で、外洋の長期航海ができ、ヘリコプターも搭載しています
中国の人は、Canonを愛用していました
海上自衛隊は、Nikonで統一されているみたい…
私は、OLYMPUSを使用していました
観閲艦隊のさわぎり
こんに感じに、沢山乗艦しています
これから180度回頭して、受閲艦隊によるデモを観閲します
受閲艦隊
祝砲発射
受閲艦隊 第2群 さわかぜ、あさかぜ
対潜ロケット/ボフォース発射
受閲艦隊 第3群 ゆうばり
ヘリコプターSH-60Kの一斉発艦
第4群潜水艦隊によるドルフィン運動…デモ用の操艦です
洋上補給…今もインド洋で行われています
輸送艦ときわ、護衛艦はるさめ、です
甲板散水とIRフレア
甲板散水は、放射性物質で汚染された時に洗浄を目的で行います。もう退役した「あまつかぜ」から装備されています。IRフレアは、赤外線追尾型ミサイルの時に使用するもので、海上に落下しても燃え続けています…マグネシウムでも使用しているんでしょうね
護衛艦 やまゆきです
ミサイル艇 くまたか、しらたか
速度40ノットで航行しています
北朝鮮とか中国の不審船にも対応できます
ミサイル艇 くまたか
LCAC 2103
観艦式は終わりました
戻るまで、3時間くらいの航行となります
観閲艦隊
護衛艦 さわぎり、うみぎり、あけぼの
観閲官である、安部内閣総理大臣の訓示をききながら談笑する中国の人たち
自衛隊の人には、早口でよくわからなかったと話ていましたが、どうしてどうして、日本語はかなり達者なようで…
北朝鮮など国外からの脅威には断固として対応するという内容でした
観閲官である、安部内閣総理大臣の訓示を聞いている様子
中国の人はビデオに撮っていましたので、また、「日本軍国主義の実像」とかで、ネットで垂れ流しになるのかも…(^^;
余談ですが、中国の人は、軍艦旗が日本の国旗と思っている人もいるみたい…よく、燃やしていますので…(^^;
127mm砲のデモ
アスロックのデモ
呉の音楽隊の演奏です
防火服のデモ
独奏はなかなかの水準でした
交響組曲「宇宙戦艦ヤマト」を編曲したものを聴いたときに、編曲のうまさに感心しました
聴いていて、いまの自衛隊は、こうした世代がやっているのだから、安心だなーと思ったのでした
旧帝国海軍みたいに、民族主義的な色彩があるとイヤですけど…
撮影していたので、真似てみました
ちょっと構図を狙ってみました
いつも中国人に焼かれている軍艦旗の下に、中国人民軍というのも、面白いかなーと思いまして…(^^)
PEACEBookTが通りかかりました
手を振る人、双眼鏡で見ている人…いろいろですね
第二海保跡…
明治から大正にかけて作られた人工島で、その昔は大砲を備えていました
今は昔ですね…


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com