トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

徒然酒(つれづれざけ)
2005/08/09 No.0603

5杯
カルバドス

2005/08/09 バリ 1日目…心霊写真???も…

移動と宴会

この内容は、バリへの旅 part IIからの転載です。
心霊写真ぽいものが載っているので、見たくない人はこのページの下を見ないでください。

08/09 バリで宴会

ホテルに連れて行ってもらい、チェックインしてから、みんなで宴会となりました…(^^)
ホテルは、Sari Jaya Cottagesという、バリの繁華街に出やすい場所でした。ただ、お風呂とかトイレが汚いし、タオルも部屋にないので、お勧めできませんねー…(^^;
私は今晩だけの宿泊なので、気にしませんでしたけど…お勧めは出来ませんね

ビニールを被ったベッド
汚いでしょ
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54 F2.8-3.5
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

チェックイン後は、現地通貨への両替です。

かるばどすの豆知識

日本でインドネシア・ルピーに両替すると、凄くレートが悪いので、必ず現地で両替しましょう。だいたい、30-40%も違います。
また、米ドルからの両替は、金種により違う上に、レートも良くないので、必ず日本円から両替しましょう…(^^)v

両替に向う
榎本氏愛用のFIAT
両替商にて
ご覧の通りUSドルは金種により交換レートが違います…榎本氏の話では、偽造通貨の影響ではないかとのこと…
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

宴会は、前回もお世話になった舵丸です。

「こんばんわー」
「おおっ、かるばどすさん」
「どうもー、2年ぶりですねー」
「あれ、1年ぶりくらいじゃなかったでしたっけ」
「いやー、もう丸2年ですよー」

時の経つのは早いですねー

舵丸にて
スーザンさんと榎本氏は、この前に、めでたく入籍されたそうです
今、ご新婚なのでした・・・(^^)v
おめでとうございます
舵丸の大将
舵丸と榎本氏特製の焼酎で、左から、コーヒー入り、バニラ入り、セラミック入り…不評はバニラ入りとのこと…(^^;
イスラム教国なのに…ポークウインナ
カキフライ
イカフライ
ポテマヨ…
ここでは、マヨネーズに人気があるそうです
マヨラーのあゆが聴いたら、喜びそう
ちなみにバリ語では、AYUとは高貴な女性、美女のこと
日本の種からできた、オクラ
なんか、こちらの日本人社会では、日本の種をベースに飼育するのが流行っているみたいです。
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4 舵丸の大将撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54 F2.8-3.5
 残りすべてrawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

もう一軒行こうと、舵丸の近くの24時間営業のドイツ風パブに行きました。mama's GERMAN RESTRANTです。

MAMA'S GERMAN RESTRANTにて
店内の様子
店外から見た様子
豚の足を上げた奴・・・アイスバインの代わりみたい
ここは回教国なんですけど…(^^;
店内の様子…2
店内の様子…3
舵丸の大将
榎本さん
ポテマヨ…
ここでは、マヨネーズに人気があるそうです
マヨラーのあゆが聴いたら、喜びそう
ちなみにインドネシアでは、AYUとは高貴な美女のことです
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54 F2.8-3.5
 お店の全景2枚撮影データ
OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4 残りすべてrawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

08/09 バリの心霊写真…(^^???

宴会も終わり、榎本氏の愛車fiatでホテルに送ってもらうとき…アルコール飲んでんですけどねー…、テロで爆破されたディスコの辺りを通りました。
ナンシーさんと榎本さんが言います。

「ここ、ここのところ幽霊が出るんだよー」
「デジカメは撮れやすいみたい、撮って」
「…う、うん…」

どうも、ナンシーさんには見えるみたいで、「ほら、あそこにふたり」とか、いろいろと話していました。私は、何気なしに、言われるままカメラを向けて撮影しました。
率直なところ、こうした話題には興味は無いほうなので、翌日に「ねえ、なにか写ってなかった?」と聴かれるまで、撮影したことすら忘れていのでした。で、12日のダイビングが終わり、このコンテンツを書いている16時ごろ、あれ・・・と思う写真があったのでした…
で、ご紹介します。
続けて撮影した二枚で、間隔は2秒…絵がピンボケだったので、あまりちゃんと見ていませんでした…

心霊写真なのかしら… part 1
テロ現場は、今は廃墟です
8/10 AM01:30:02撮影
右下の顔みたいな絵なんですが…あの、そこは地面じゃないでしょうか…ひょっとして…
8/10 AM01:30:04撮影…つまり、2秒後です
拡大というか、オリジナルの解像度です。

テロの無念と、無情さを訴えているのでしょうか…
人の世が、人種、主義、国境、宗教などに区別されない世界へと進歩することが、本当の供養ですが、当面は出来そうもありません。

代わりに、日本に帰ったら、ご祈祷してもらいますね
暫定的で、ごめんなさい

撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

うーん、かるばどすほふにオカルト路線が入ってしまいそう…(^^;
率直なところ、背景のピンボケ度と同じピンボケ度なので、なにか物理的なものが写っているのではないかとも思うんですけど…真相は、私にはわかりません。
でも、日本の神社ですいませんが、ご祈祷してもらいますね。
11日の晩に聴いた話では、白い雲のように写る場合が多いそうです。
そうした写真もありますが、これはFIATの窓ガラスへの映り込みかも…
下が、オリジナルの解像度です。
なんか、バリの神様みたいですねー。

心霊写真なのかしら… part 2
テロ現場は、今は廃墟です
8/10 AM01:30:02撮影
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

他の写真は、こんな感じです。

他の写真
2002年10月の爆弾テロ犠牲者の慰霊碑
このテロは一応犯人は捕まっているのですが、実は、真相はわかっていません
撮影データ OLYMPUS E-1 + Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

本日は、よろしいようで…(^^)v


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com