トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

徒然酒(つれづれざけ)
2005/05/03 No.0538

1杯
ミモザ
1/2本
アルゼンチン・ワイン
1杯
マーテル・ストレート

2005/05/03 カンクーン一日目

海外に行くときは、コンテンツが別れます。

シアトル,コスメル/カンクーンへの旅には、旅全体の話題が載っています。
ここでご紹介している内容は、シアトル,コスメル/カンクーンへの旅と被っており、以下は、転載です。ご承知置き下さいませ。

2005/05/03 カンクーンへ移動

コスメルからカンクーンまでは、国内移動・・・フェリーの時間を含めて2時間弱です。
9:15AM、Mamiyaさんが、PRESIDENTE INTERCONTINENTALにピックアップに来てくれました。車には、他のツアーの方がお二人、三泊のコスメルを終えて、一緒にフェリーに向かう方々がいらっしゃいました。

カンクーンへの旅 フェリーでプラヤ・デル・カメルンへ
Mamiyaさん、お世話になりました・・・(^^)/
「また、二年後に待ってますねー」とお別れの言葉を頂きました・・・(^^)
さようなら、コスメル!
プラヤ・デル・カメルーンに到着 実は30分強でつきます
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

ここから、カンクーンまでは車で移動です。
一緒のお二人は、空港でカンクーンを旅立ちます。マイアミでトランジットで1泊し、日本に帰国だそうです。
私は、カンクーンで二泊三日、ちょっとのんびりすることになっています。
プラヤ・デル・カメルンで、フェリーの桟橋から車まで移動するのには、ちょっと距離がありました。プラヤ・デル・カメルンの地表は石畳なので、車輪つきのバゲッジであっても、車輪が小さいと引っかかってしまい真っ直ぐに進めません。私は、そうした思い出があったので、今回は新しいダイビング用バッグは、車輪が大型のものにしていのですが、お二人のバゲッジは小型の車輪だったので、かなり苦労されていました。
車でプラヤ・デル・カメルンからカンクーンまで、1時間弱でした。
カンクーン空港に着き、車中でお別れいたしました。
カンクーン空港からホテルまでは、そう距離があるものでもありません。車で、20分弱です。ホテルは、GrAn Melia CAncunです。
ホテルに早めに到着しましたが、チェックインできるかなーと思いフロントへ行きました。
そこでは、私の予約を見て、「チェックインカウンターは特別に別カウンターとなります」といわれて、ビジネスセンターのカウンターに通されました。このホテルでは、会員等のチェックインはこちらだそうですが、私は手配してもらっているだけなので、へーと思いました。
そこでは、アメリカ人の柄の悪い連中が、クダを巻いていました。

「なんでこのテレホンカードで電話できねえんだよ」
「ホテルからの国際電話には4USD必要です」
「だからさ、それがいやだから言っているんだろ」

黒人の男女二組の四人組ですが、男性は机に座って騒いでいました。女性はなかなかの美人でした。

「ねえ、座ってよ」
「いいんだよ、俺はいつもこうだ、お前が座れよ、俺はかあさんに電話しなきゃいけないんだ」

まあ、これが、違う話題なら様になるのですけど・・・写真を撮ったら失礼だと思い、受付の人だけ撮りました。アメリカ人って、こんな連中も多いんですよね。4USDは、結局、女性が支払いを承諾して、無事にお母さんとお話が出来ていました・・・4USDで大騒ぎするなら、メキシコになんか来るなよ・・・(^^;結局、部屋の準備が出来ていないとのこと、30分ほど待っていて欲しいとなり、ビーチタオルのカードなどをもらいました。
で、ロビーに出て写真でも撮ろうと思ったら、声をかけられました。
「あの、日本の方ではありませんか?」
「はい」
「わあ、私、Norikoといいます。ここのコンシェルジュです。実は、なったばかりで、2週間ほどしか経っていないんです。このホテルは日本人スタッフいませんし、日本人のお客さんも少なくて。いろいろとご案内できます」
という展開になり、夜においしいお店を紹介してもらうことになりました。
また、ディナーショーにでも行こうと思っていのですが、ホテルで7PMからmaya MAYAN SOUL & MAGICというショーがあるとのこと、それを見ることにしました。
チェックインは、結局1時間待ちました。なに、ここはメキシコ、時間は日本とは違う経過をします・・・1時間で用意できるだけ、立派です。

撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54 F2.8-3.5 上1枚
OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 7-14mm F4.0 下1枚
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像
おお騒ぎしているアメリカ人を平然と取り扱う
ビジネスセンターの受付の女性
きっと、慣れているんでしょう・・・(^^;
NORIKOさん
2週間前からこのホテルのコシェルジュになったそうです

ちょっとキャッシュが心配になったので、ホテルのATMを使用しましたが、ダメでした。
ホテルのコンシェルジュの話では、他のATMはショッピングセンターに行かないとないとか・・・。
そうこうしているうちに、コスメルのPRESIDENTE INTERCONTINENTALでベランダに干していたものをすっかり忘れたことにづき、Mamiyaさんにお電話しました。結局、品物は見つかり、なんとか私が出発するまでにホテルに届けてもらえる方法を探してもらうことになりました。
こんな話題をしながら時間をすごし、はっと気づきました。

「となりのFiesta Americana Condesa CAncunにもATMはあるよな」

で、ちょっと雨の降る中、行きました。傘を借りようと思ったのですが、貸し出し用の傘は、ホテルは用意してませんでした・・・(^^;。このアイデアは当たりで、何の問題も無くお金をおろせました。

2005/05/03 MAYA MAYAN SOUL & MAGIC

7PMにMAYA MAYAN SOUL & MAGICを見学しました。
場所は、Tower 3の吹き抜け中央です。
無料のショーでした。
内容としては、どうでしょう・・・欧米のダンサーが、こっちをイメージして踊りにしたという感じでしょうか。ストーリーはあるようですが、よくわかりませんでした。クライマックスは、ダンサーが足を火であぶるシーンです。映画用の熱くない火ですね・・・きっと。
写真では女性が多いですが、照明の関係で男性の踊りがうまく撮れなかっただけです・・・(^^;

MAYA MAYAN SOUL & MAGIC
待っている観客
こんな感じでした
フィナーレ
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital ED 50mm F2.0
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

2005/05/03 夜はステーキハウスでお食事

夜ですが、コンシェルジュのnorikOさんにカンクーンのお店を紹介してもらうことにしました。
お礼は、ご馳走しますということで・・・(^^)
カンクーンの繁華街は、かなり昔と違ってきていますねー・・・私は15年前から知っているもので、余計そう感じるのでしょうか・・・。
norikOさんお勧めのお店は、ステーキ&シーフードのPoterhouseです。
なかなか結構なステーキでした・・・(^^)
ワインは、アルゼンチン・ワインの赤を戴きました・・・なかなか結構でした・・・(^^)

概観
店内
NorikOさんと支配人・・・支配人はおじいさんが日本人だそうです
ミモザ
パン
フレンチ・オニオン・スープ
プライム・リブ ウェルダン
海老さん
炎は本当はオレンジ色
このデザートを作っていたのでした
おいしそうでしょ・・・(^^)
エントランス
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

食後にカンクーンの街をちょっと回ってみました。
欧米人が好みそうな街並みになっていました・・・昔からその傾向はありましたけど・・・(^^)

MAYA MAYAN SOUL & MAGIC
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像



-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com