トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

徒然酒(つれづれざけ)
2005/04/24 No.0529

3杯
生ビール

2005/04/24 アメリカへ出発

あゆのコンサートを諦めて、出張です

今日は、あゆのコンサートの最終日、チケットも用意してあったのに・・・お仕事で出張です。でも、まあ、いいもん・・・現地休暇をとって、メキシコで久しぶりにダイビングしちゃうから・・・
海外に行くときは、コンテンツが別れます。
2005/04/24 シアトルへ発つには、この日の移動に関する話題が、
シアトル,コスメル/カンクーンへの旅には、旅全体の話題が載っています。
ここでご紹介している内容は、シアトル,コスメル/カンクーンへの旅と被っており、以下は、転載です。ご承知置き下さいませ。

シアトルへ

2005/04/24 シアトルへ発つから転載

シアトルへは、直行便です。
乗れば着いてしまうわけでした・・・(^^)
ノースウエストは、私の記憶では、かなりぼろい飛行機が運行していると思っていましたが、乗った便はエアバス343・・・ボロで有名だった時代とは隔世の感でした。
私が昔に利用したときは、着陸の衝撃で天井のパネルが落ちてきたことがあったのですけど・・・(^^;
発進直後に、飲み物と、ディナーのサービスが行われました。
私は、飲み物にビールをもらい、料理はチキンカレーにしました。

ビール
好みの銘柄は聞いてくれませんでした・・・(^^;
チキンカレー
飲み物は赤ワインとお水をいただきました
お味は、結構でした・・・(^^)
撮影データ Canon IXY-600

飛行機は快適でしたが、お隣のお客さんが中国系のおばさんで、態度が悪くて困りました・・・(^^;
習慣で、威張り散らすのでしょうが、赤の他人、まして日本人が相手だと、困りますよねー・・・
特に、飛行機が揺れだして、ベルト着用のサインが出て、機長が「ベルトを締めてください」と直接アナウンスしてから、お手洗いに行こうとするので、

「あの、今はまずいと思いますよ」

と話したら(咄嗟に話したので、私も舌たっらずでしたけど)

ぅんー!!!

という、中国のお年を召した方が目下にやるやり方で返事をされて、閉口しました。
あんた、中国だって、そりゃ失礼でしょう・・・(^^;
隣にいた息子さんらしい人(私よりも年上かも)が、一生懸命に説明していました・・・儒教文化というのは、こういう困った側面がありますねー・・・(^^;・・・日本には、老いたら負うた子に教えられ・・・という言葉があるんだぞ・・・(^^;
揺れるからとアナウンスがあっても、席を立って歩き回る中国系の人が多いし・・・本人が怪我するだけなら別にかまわないけど、揺れたからって人の上にころがったり、落ちたりするんじゃないぞ・・・と思いながら、見ていました。中国の人は、個人主義というのではなく、単に、周りとか人に迷惑とか、考える力がないんではないかな・・・と思うことか瀬、しばしばあります。そうしたことが原因でノースウエストの機内の不思議な雰囲気があるのですが、こうした、機内の柄の悪さと無秩序さは、昔と変わらないですねー・・・(^^;
ちょっと居眠りをして、ホームページを書いていたら、シアトルに近づいていました。
飛行時間は10時間強・・・アメリカ本土でも、シアトルは日本に近い場所です。

朝食です
撮影データ Canon IXY-600

朝食は、コンチネンタル・スタイルで、甘いデニッシュと、ちょっとしたフルーツとヨーグルトでした。世ーごるとには「4個パック、ファミリー向き」と書いてありました・・・(^^)

2005/04/24 アメリカ/シアトルへ着いたら、24日朝なのでした

シアトル,コスメル/カンクーンへの旅から転載

ホテルにチェックインしてもも時間はまだ午前10時です。
それも、4/24です。日付変更線を超えるって、日が戻るってことなんですよね。
で、ホテルでちょっと休憩していました。
お腹はあまり空かなかったので、食事には行きませんでした。
なにしろ、こちらの12時は日本の午前4時です。そりゃ、眠いのも致し方ないものです。
こういうのを、英語ではジェット・ドランク、日本語では、時差ぼけといいます。
日本は、アメリカに行っても、ヨーロッパに行っても、時差が激しいんですよねー・・・(^^)
さて、目が覚めたのは午後4時でした。
で、カンファレンスのレジストレーション(参加登録)に行き、ついでにしあるとの街をちょっと見ようと思いました。シアトルに来たのは、結構久しぶりです。20年ぶり近いかなー。
昔はカンファレンスセンターはなかったのですが、マイクロソフトのカンファレンスが大規模に、多くの頻度で開かれるのを見て、市が作っちゃったとかいう噂を聞いたことがあります。
以前にシアトルに来たときは、アメリカは大不況のど真ん中・・・ホームレスはあふれ、有名デパートは倒産セールの最中でした。

ちなみに、このとき倒産したデパートは、小さなスーパーみたいになって、営業を再開していました・・・昔の写真が飾ってあり気づいた次第です。

シアトル・コンベンション・トレードセンター
シアトルのカンファレンスセンター、ホテルの隣です
レジストレーションの光景、4Fです
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 11-22mm F2.8-3.5
OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54 F2.8-3.5

rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

で、街中をちょいと歩いてみました。
ホテルのコンシェルジュからタウンマップをもらったら、昔寄ったことがある海沿いのマーケットまですぐでしたので、ちょって散歩がてら寄ることにしました。
こちらは、もう夏時間なので、かなり外は明るいです。

かなり急な坂です・・・下がマーケット、昔のままです
面白い形の雨どい
シアトルは、バイクの比較的多い街です
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 11-22mm F2.8-3.5
OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54 F2.8-3.5

rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

ホテルで晩御飯

なつかしいなーという感慨に浸りながら、ホテルに戻りました。
食事はホテルと併設されているステーキレストランでとる事にしました。
RUTH'S CHRIS STEAK HOUSEです。

店内の雰囲気と、生ビール
パン
オニオンリングフライ・・・文字通り・・・(^^;
Tボーンステーキ・ウェルダン
私は昔はレアでしか食べない人でした
スイート・ポテト
エスプレッソ
バニラアイスだけ・・・ってオーダーは、アメリカでは珍しいので、聞き直されました・・・(^^;
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 14-54 F2.8-3.5
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラ測定のホワイトバランスにて現像

晩御飯を食べてから、ぐっすりと寝た・・・とはならないのが、時差ぼけです。
目が覚めたのは午前4時・・・なんなので、ホームページを書いていました。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com