トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

徒然酒(つれづれざけ)
2005/01/02 No.0452

飲んだお酒

1/2杯
ビール小

2005/01/02 今日は仕事はお休みにして、出かけました

ちょっとお出かけ

なんだかんだと、お正月はパタパタしていることが多かったのですが、今年はのんびりしようかと思っていました。で、外を見たら、快晴です。で、ちょっと出かけようかなと思いました。
お正月の東京は、とても静かです。なにわナンバーの車がなにを間違ったか走っていたりしますが、基本的に国道でも信号を気にせずに渡れます。なにしろ、車がいないのです・・・(^^)
東京は、意外と緑のある街です。
で、この日は、皇居から秋葉原に回って、ちょっと買い物をしようかと思いました。昨年末に、秋葉原でのDVDセールで、攻殻機動隊のOVAを安くしていたのを思い出したからです。

皇居にて
水鳥さん
カルガモさん
水鳥さん 飛翔
水鳥さん 着水
一般参賀の帰りの人たち
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital ED 50-200mmF2.8-3.5
鳥さん
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 11-22mm F2.8-3.5
一般参賀rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラの測定したホワイトバランスにて現像

お買い物後は、天國でかきあげ天丼を食べてみました

お買い物が終わり、銀座を回って帰ることにしました。
で、小腹が空いたので、どうしようかなーと見ていたら、天國が開いていました。

「天國かー・・・」

若い頃、ここでご馳走になった際に、かき揚げが大きすぎて、残したことがあります・・・それ以来、実に二十年近く入っていません。で、なんだか、そうした豪快なかき揚げも面白いかなーと思い、入ることにしました。
頼むのは、やはり、かきあげ天丼と思いました。お値段は3000円弱・・・ビールの小とあわせて3500円くらいです・・・どんぶりものですが・・・(^^)・・・凄く贅沢ですね・・・。
出てきたときに、あれと思いました。
天丼の上に蓋が載っていました。
で、てんぷらにはお汁がしみていて、私の覚えていたかき揚げ天丼と違いました。でも、この方が食べやすいですし、お味も良かったです。
で、この日に、天國について、評価が変わりました・・・(^^)
今度は、2Fのカウンターでてんぷらを食べてみよう・・・(^^)

天國にて
天國・・・外観
天國・・・内観
かきあげ天丼・・・3000円近いお値段ですが、えびがたくさん入っています
撮影データ OLYMPUS E-1 + ZUIKO Digital 11-22mm F2.8-3.5
rawデータ撮影後OLYMPUS STUDIOでカメラの測定したホワイトバランスにて現像

帰りには、肉のハナマサでお買い物をしました。
ここの値段を見ると、他所で買う気がなくなります・・・(^^)

夜はinnocenceを見ました

夜に、ちょっとまた映画を見たくなり、DVDでINNOCENCEを見ました。
私は、「うる星やつらビューティフルドリーマー」以来、押井守が気に入っていました。ですから、「赤い眼鏡」なんかは、ちゃんと映画館で見ましたし(小さな2映画館でしか公開されていませんでした)、OVAを含めてだいたい見ています。
ただ、なにを作っても同じになっているようにも、感じるんですよね。よく言えば、押井守らしいのですが、悪く言えば、原作を無視しすぎ・・・。
そうした感覚は攻殻機動隊から特に強いですね。
OVAも全部買っていますし、こうした劇場版も見ていますけど、どうなんだろうという気持ちがあります。
特に、この作品はCGをうまく使おうとしているのですが、なんか見ていて、CGに使われているようにも思います。なぜならば、映像製作期間の長さの中で、CG技術が進歩してしまっているので、この映像はなーと思うものもあったからです。結局、時間とお金ばかり使って、意味がないような気もするのでした。
手の込んだ映像の割りに、台詞回しは平凡なので、途中からストーリーが全部想像ついてしまい、絵もその範囲内・・・意外性が足りないのがまた困るところで、その点でもどうなんでしょうかねー。私が押井守に慣れているためかもしれませんけど・・・。
絵の綺麗さだけでは、映画は退屈するものだと、痛感させる作品でした・・・で、そう思っていたからか、今日まで買ってから見ていなかったんですかねー・・・(^^;
見ながら缶ビールを1本だけ戴きました。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com