トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年

徒然酒(つれづれざけ)2003/4/17 No.0059


飲んだお酒

1杯 生ビール
2本 缶ビール


昨日に、仕事で霞ヶ関に行っていました。
で、お昼をちょっと食べようと、霞ヶ関ビルにある中華料理の「檸檬」に行っていました。このお店は、見た目は街中の中華料理屋なのですが、コックさんは中国の特級調理師とか一級調理師です。

中国は、調理師免許にランクがあります。
このランクは、本当に料理の腕と関係しており、レベルが高い人ほどおいしいですね。

ランチタイムで800円〜900円、しかもおいしい上に、量もたっぷり・・・。
以前も、夜のパーティーに使用したりしたことがあります。
ここの店長は、荏原中延のボナペティの店長さんなんです。そう、同じオーナーさんなんですね。
ランチをささっと食べてたら、オマケをしてもらいました。それではと、ボナペティに出かけたのが今日です。
実は、ここのところ仕事が忙しくて、飲む時間が取れません。今日も夜遅くまで仕事をして、ちょっと息抜き・・・と寝る前の一杯を飲みに行ったのです。


ボナペティ
もっとも、戻ってからまた仕事の予定だったので、今日は生ビール1杯だけ・・・(^^)
店長(オーナーさん)でーす


家に帰ってみて、肩がこっていたので、結局は仕事をする気にはなりませんでした。
そこで、ちょっと映画でも見ながら、なんかもうちょっと飲んでみようかなと思いました。私は、結構ソフトは買うほうなのですが、見るタイミングは買った直後ではないことが多いみたいな気がします。
この日は、買い置きであった、「魔王ダンテ」をまず見ることにしました。この作品は、私が子供の頃、ぼくらマガジンに連載されていたもので、実は当時からファンでした。この作品を見るために、ぼくらマガジンを買っていたくらいです。
ただ、アニメについてはちょっと・・・ストーリーもちょっと変えてあるし、絵柄が当時の永井豪のタッチに似せているため、ちょっと子供っぽいし、図柄の展開も幼稚・・・。
ま、期待はずれというのは、こういうのですかねー
もっとも、音や音楽については悪くありません。
余談ですが、この作品がデビルマンの原型であったと言われています・・・


続いて見ることにしたのが、「ファイブスターストーリーズ」です。
この作品は、角川映画初のアニメ映画でした。制作は日本サンライズ、原作は、2003/4に11巻が刊行されるという、息の長い作品です。当時から今まで、コアなファンが多くいます。
ちょっと難解な・・・というよりも、当時から今まで未完の作品でありながら、このアニメはとてもうまく作られています。

原作は、やっと本来のストーリーである、バッハマト魔道帝国に起因する、魔道大戦に入ったところです。この映画のストーリーは、その先々にある様々なストーリーの起端となる、アマテラスとラキシスが結ばれるところの作品です。

ラキシス役は、当時に声優として人気のあった川村万梨阿です。

かるばどすほふでは、原作者永野護と川村万梨阿が作ったアルバムを紹介しているところがあります。GREEN and GOLDです。

この作品は、LDでも持っているのですが、LDはTVサイズ画面にトリミングされていますし、音もあまりよくありませんでした。当時のテレシネ(映画をビデオに変換する機械のことです)の能力ではいたし方ありません。今回のDVDはシネマサイズ画面に、最新のデジタルテレシネでマスタリングされています。見て、やはりいいなーと思いました。最近の作品のほうが、作りが雑かも・・・(^^)
この作品は、とてもよかったです。


アニメを続けてみてしまったので、普通の映画も見ようと思いました。
メル・ギブソンのsignsです。
この作品は、現代版「ヨブ記」ですねー。

ヨブ記
旧約聖書の中で異彩を放つものとして知られています。神が悪魔と賭けをして、ヨブの信仰心を試すというストーリーです。神を試すことは認めていない聖書ですが、神が人を試すのは当たり前・・・。ヨブ記には、本当の意味での救いはありませんが(神はひとを弄んでいるだけですから)、Signsには、ちゃんと救いがあります。ありがたすぎて、見終わってからあくびが出てしまいました。

キリスト教文明圏では心の底から楽しいでしょうけど、日本人の私としては、教養として楽しいくらいなもので・・・(^^;
テーマは昔からのもので、特撮といろいろな設定は現代、作品の作りはスリラー、制作者の器用さが光る・・・というか、それだけの作品かも・・・
しかし、水がかかると死んでしまう宇宙人が、水分80%を超える人間を食べたがるという設定は・・・なに・・・(^^;
映画を見ながら缶ビールを2本だけ戴きました。

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com