トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
オーディオの遍歴 アーティストと歌手の違い 音楽のカタチ 音のカタチ リスニングルーム デジタルオーディオ 楽しい仲間 オーディオについて 聴覚の不思議 私のシステム
2009年版 2006年版 2004年版 2002年版 1999年版

私のオーディオシステム 2009年版

オーディオ機器の使い方を解説した本を書きました。オーディオ業界に縁のない私と出版社が、立場を生かして作り上げました。みなさんのオーディオ機器の能力を引き出して、音楽や映像を楽しんでくださいませ!!・・・宣伝でした・・・(^^)

2006/01/04、04/18、06/26、11/13

はじめに

私のオーディオの趣味は、高校1年生からですから、もう30年程度になります。もともと裕福な家庭ではありませんでしたので、はじめは自作のおもちゃのようなシステムを組み、カセットデッキだけナカミチという変則的なスタートでした。そうした時代ともに変遷を遂げたあゆみは、オーディオの遍歴で詳しく述べております。

かるばどすほふを開設した頃、私のシステムはすでにハイエンド・オーディオの世界になっていました。そのシステムは、KRELLで構成していました。利用していたApogeeのリボン型スピーカーの寿命が気になり、今利用しているスピーカーに切り替えてから、KRELLの時代の終焉が始りました。今では、KRELL の製品は、MD-10KSA-5だけを手許に残しております。
1999年5月から、フル・デジタル・システムに移行し、今日に至っています。オーディオシステムを、フル・デジタルで利用している人は、今もあまり多くないようです。
あまり、システムの紹介とかに興味がないところがあり、アップデートをのんびりしているのですが、今は第三世代フル・デジタル・システムでオーディオを楽しんでいます。
また、2005年3月から5.1ch系システムの再構築をはじめ、本格的な構成となってきました。
今後のオーディオの主流として、5.1ch系オーディオの可能性を実感したからです。
その話題については、19 音楽の結界…新しいオーディオと音楽の姿 アーティストが技術を超えた時…をご覧ください。
また、もともとav派で、DVDとLDの総数は、CDとlpの総数よりも多いものになっています。アナログは、あまり利用していません。

資料

以下は、昔の説明資料です。
記録のために残しております。

2006年ごろのシステム
私のオーディオシステム 2006年版
2004年ごろのシステム
私のオーディオシステム 2004年版
2002年後期ごろのシステム
私のオーディオシステム
1999年ごろのシステム
メインシステムサブシステム
リスニングルームのご紹介

メインシステム

リビングルームに設置しています。
リビングルームの部屋の広さは、21畳、オーディオ専用に床下の共振対策と強化が実施され、部屋の壁紙やカーテンも、オーディオを前提に選択してあります。電源回路も、オーディオ用に用意され、ヨーロッパ製電源ケーブルが敷設さされており、配電盤にも必要な配慮を実施してあります。LAN配線も行われていますが、オーディオ回路と完全に分離されており、影響を与え合う可能性が排除されています。
設置されているシステムは、2ch系が1システム、5.1ch系が1システムです。5.1ch系は、スタジオ水準での再生を前提にしており、av系ではなく、フル5.1chオーディオ再生を実現していますが、もちろんavでも利用できます。
映像は、プラズマディスプレイで楽しんでいます。
私にとって、オーディオは日常のものであり、別に特別なものでもありません。
また、音楽をしかめっ面して聴く習慣もありません。もちろん、そうして聴く能力くらいはありますけど・・・(^^;
また、5.1ch系システムは、2ch系とは全く系列の異なるオーディオ用電源系列となっています。

2ch系オーディオ・システム 活躍中

■フルデジタルシステム

2ch系システムは、フルデジタルシステムです。
私がフルデジタルシステムに移行したのは1999年ですので、長い間フルデジタルシステム構成となっています。現在使用しているアンプは私のところでは2世代目で、フルデジタル・ステレオアンプを2台使用して、大型スピーカーをバイアンプ駆動しています。このシステムは、他のシステムとの接続は、全くありません。バイアンプの説明はこちら

lp等を再生するためのアナログ系システムは所有していますが、使用しておらず、2ch系オーディオシステムはcd再生専門システムです。デジタルアンプ2台とCDトランスポート1台というとてもシンプルな構成です。

■大型スピーカーの良さ

2ch系オーディオシステムの特徴は、大型スピーカーの魅力を最大限に引き出す構成となっていることです。使用しているスピーカーはちょっと珍しいので、ご存じない方がほとんどだと思います。このスピーカーは、部屋全体を考慮して設計されているもので、大型スピーカーの魅力が一杯のものです。スピーカーの音色という感覚はなく、鳴らしただけなるというスピーカーですが、それでありながら部屋全体を音場として鳴らしきってくれます。

このスピーカーは室内再生専用に設計されているので、部屋全体も音についての配慮が行われています。

■ルームコレクションは使用していません

TacT RCS2.0を所有していますので、部屋の音響特性を精密に補正することが出来ますが、今では使用していません。この理由は、16bit→24bit変換した後の音が、デジタルアンプでは違いが明確で、私の好みには合わないからです。

具体的には、このような経緯です。
2chオーディオシステムは、浜崎あゆみを聴くようになるまでは、RCS2.0により室内音響特性を補正しており、それなりにすばらしい音を楽しんでいました。この補正はすべてのリソースに対して働いています。補正カーブは自由に設定することができ、自由自在になります。J-POS用のカーブを苦労して作成しました。J-POSは再生が難しい音楽のひとつですが、それなりに楽しんでいました。

ただ、浜崎あゆみの再生を行なうためにLinn CD-12を導入後かなり厳密に鳴らし込みをした後、RCS2.0は使用しないようになりました。詳しくはこちらをご覧下さい。この問題は、16bit→24bitの変換時の補完処理が、音楽の性格により強く影響してしまうことにあると考えています。つまり、変換処理に強く音作りが存在しており、私にはそれが我慢できなかった・・・ということだと思います。

今の私の感覚では、どのような補完もしないで再生した方が、音を楽しめると思っています。
ルームコレクション処理は、このような安易な変換無しに出来るべきではないかと思います。

デジタル・アンプ

TacT M2150

TacT S2150

TacTの第三世代フル・デジタル・アンプです。
M2150は1台以上のS2150と組み合わせることにより、バイ・アンプ構成でシステムを構築できます。

デジタル・アンプは、最後にはスピーカーを駆動するわけで、バイ・アンプ構成は本質的に必要なことです。
これらの機械は、開けてみるとわかりますが、それほどハイエンド的な作りの機械ではありません。しかし、十分な質を実現することが出来るのが、デジタルのシステムのちょっと怖いところですね。
使用している電源ケーブルは、ちょっと奢っていて、JPS KAPTOVATORです。
デジタル入力は、CD-12とBS-digital受像システム、HDDデコーダーが接続されています。
CD-12とM2150との接続にはKIMBER Orchid、BS Digitalチューナー、HDD/DVDレコーダー、M2150とS2150との接続には、KIMBER KCAGを利用しています。
通常、24時間電源はonです。デジタル・アンプであるため、そうした利用方法でも、電気代はあまり気になりません。

ラウド・スピーカー

このスピーカーは、世界で20セットほどしか製作されていないハイエンド・スピーカーです。 私の使用しているものは、写真と違い、ホワイト・オークですが、大型スピーカーであるため、2本一緒に撮影できないため、この写真を使用しています。
このスピーカーの最大の特徴は、壁や床の反射を前提に設計されている、室内再生専用のスピーカーであることです。反射音が構成する仮想音源が広大な音場を成立させ、スピーカーの外部にも定位させる能力を持っています。また、適切な直接音の実現により、定位は正確で、しかも厚く実現することが出来ます。
ウーファーは、20cmの超高級ユニットが4本、広大で、ハイスピードな低音を実現しています。
このスピーカーの音は・・・簡単にはわかりません。
なぜならば、なにをしても違う音として変化を形としてさらりと出してくれる、忠実なトランスジューサーでもあるからです。
スピーカーとTacT M2150 / S2150との接続には、KIMBER BiForcal XL が2セット使用されています。もともと、1セットで十分なのに、もう1セットがパラで利用されているわけですね。つまりモノ使いなんですね。もったいない・・・(^^;。Linn Komriを試聴するために1本追加して、使用しないのがもったいなくてモノ使いにしました。このような背景ですので、スピーカーケーブルは最適とは言いがたいと考えています。できれば、高品位ケーブルで50cm程度の接続でドライブしたいと考えています。

CDプレーヤー(トランスポート)

高度なDAコンバーターを内蔵している、世界最高峰のCDプレーヤーですが、私のところではトランスポートとして利用しているだけです。 当初、デジタル出力のばらつきという問題が発生して、Linn英国本社/Linn日本法人の尽力により、その問題を解決してもらいました。結局、私宛には、Linn英国本社から計9セットのCD-12が送られてきたのでした。そうした経緯については、オーディオの遍歴 12音の実存を求めてをご覧ください。
接続先は、TacT M2150、使用しているケーブルは、KIMBER Orchidです。
使用している電源ケーブルは、ちょっと奢っていて、JPS KAPTOVATORです。
通常、24時間電源はonです。いったん冷えると、音が安定するためには、1週間ほどかかります。

ケーブル類の説明

KIMBER KABLEのバランス専用デジタルケーブルです。
同社では、最高品位に属するケーブルで、高価ですが、グレードの極めて高いものです。
このクラスのケーブルは、ケーブルの音というほど明確なカラーはありません。というか、機器の音を明確にすることが、ケーブルのカラーかもしれないですね。
こうしたハイエンド・ケーブルは、システムの弱点を明らかにしてしまうという特徴が強いため、言い換えると鳴らしにくいので、最後の最後に選択するケーブルでもあります。

KIMBER KABLEのバランス/アンバランス両用デジタルケーブルです。写真は、バランスのものです。
純銀のケーブルで、芯線それぞれは絶縁されています。KIMBER KABLE独特の編み方により、ノイズはキャンセルされるようになっています。
このケーブルの特徴は、広帯域でハイスピードな音のイメージを伝える力を持っていることでしょう。気をつけなければいけないのは、そうした能力がゆえに、システムの弱点があると、それをあからさまに音にして明らかにしてしまうことです。

JPSの最高品位電源ケーブルです。
すべてのケーブルにはシリアル番号が打たれています。
私のケーブルのシリアル番号は、それぞれ、No.00001、00017、00018でした。うーん、世界で何本存在しているケーブルなのでしょうか。
このケーブルは、kaptonという航空宇宙関係でよく利用されている、極めて高い性能を実現している絶縁体と、良質な導体を使用して作られています。
この電源ケーブルの音を覚えると、他の電源ケーブルの音について「なにか足りない」と思うようになります。

KIMBER KABLEのバイ・ワイヤリング専用のケーブルです。
純銀と純銅を、KIMBERのノウハウに従い編み、配置しているスピーカーケーブルです。
絶縁体の構造から、かなり太いケーブルとなっています。
ケーブル・ターミネーションは、オーダー時に指定します。
ターミネーターは、ドイツ/WBTのSandwich Spadeを使用しています。これは、本体/スピーカー側の取り付け側と同一タイプになるように、それぞれがWBT-660やWBT-680が選択してあります。
透明で、広帯域、ハイスピードな音が売りです。

オーディオラック類の説明

すべてQUADRASPIREです。
イギリス製で、見た目と、使い勝手、音質のバランスが取れたラックです。
自由な構成が取れるので、システムの設置にとても便利です。
3セット使用しています(1セットは友人にあげました)

2ch系オーディオ・システム 休憩中

世界で初めて開発された、フル・デジタル・アンプです。
この製品は、TacTがまだヨーロッパの企業の時代に開発されました。ちなみに、今のTacTはアメリカの企業です。
内部のつくりは、ヨーロッパ式のハイエンドアンプの作り方そのものです。出力には、フィルターとして、ジェンセンのものが利用されており、どちらかというとウォーム・トーン系であると思います。
最大出力は、片チャンネルあたり150W、ヨーロッパ製なので、デジタル入力にはBNCも用意されています。
今は、バイアンプ駆動でM2150/S2150を使用しているので、休憩中です。

この話題について詳しくは、
?I フルデジタルシステムへの移行をご覧ください

室内音場を測定してルームコレクションやグラフィック・い古来ぜーションを行う機能、ADコンバータ、アップサンプリング・コンバータを統合した製品で、TacT Millenium Mark IIやTacT M2150/S2150を接続すると、192Kbps 24bitで信号を供給します。

特性補正は、ソフトウェアにより、補正点を多く指定でき、低周波領域では分解能2Hzで特性を制御できます。
ただ、この際の、アップサンプリングの音が、ちょっと趣味に合わないんですよね・・・
ADコンバーターは、高い性能を持っており、なかなかいける音です。

5.1ch系オーディオ・システム 活躍中

■5.1chオーディオのためのもので、映画用の水準を遥かに超える

5.1ch系オーディオシステムは、2ch系オーディオシステムと、なにも共有する部分はありません。スピーカーからプレイヤーまで、すべて独立しています。

5.1ch系オーディオシステムは、DVDなどの映画のためのものではありません。SACDやDVD-Audioなど次世代オーディオ媒体が実現する、5.1chオーディオを再生するためのものです。ですから、全チャンネル同等のクオリティを実現しています。もちろん、DVD等映画の再生も可能です。
5.1chオーディオは、音の制作者の意図が明確に楽しめるように、クリティカルでアキュレイトな再生を前提としています。2ch系オーディオシステムは部屋全体での再生を前提して構築しましたが、5.1ch系は可能な限りアキュレイトに、部屋の影響を排するように音の組み立て和しています。これは、音を作り出す人たちの意図をそのまま受け取るためのものです。

このようなシステムを構成することになった経緯は、
19 音楽の結界…新しいオーディオと音楽の姿 アーティストが技術を超えた時…
をご覧ください。

新しい時代の音楽を受け取るために構築したシステムです。

ただ、現在でもまだ未完成です。理由は、5.1chオーディオそのものがまだ未完成な水準の技術であるため、試行錯誤を繰り返しているからです。これにはメーカーも対応を進めてくれており、Linn本社では製品仕様の変更も進めてくれています。

■バーチカルツイン配置のセンタースピーカー

いろいろな試行錯誤の結果、センタースピーカーはバーチカルツイン配置としました。
結局、プラズマとか液晶で使用するときは、センタースピーカーはこの方法でしか自然に聴こえないのでした。

こうした配置方法は、他に例を知らないので、かるばどす配置方式とでも、お呼びくださいませ…

■全スピーカーに専用アンプ、フルアクティブ駆動

5.1ch系オーディオは、部屋全体にスピーカーを配置するため、パワーアンプが1箇所にあるとスピーカーケーブルが長くなってしまいます。ただ、そのような状態では満足なクオリティを期待できません。私のシステムでは、スピーカーケーブルを1AMと定めて、全チャンネルにパワーアンプを配置しました。また、アクティブネットワーク内蔵の4chパワーアンプをすべてのスピーカーに配置して、4wayスピーカーをアクティブ駆動で使用しています。センタースピーカー系は2本のスピーカーでバーチカルツイン駆動(の予定)ですので、6本のスピーカーを6筐体24台のパワーアンプで駆動しています。

■フルアナログ構成

5.1ch系システムは、2ch系と全く異なり、すべてアナログ構成となっています。この理由は簡単で、5.1ch系オーディオのデジタル技術が混乱の極みにあるからです。私個人としては、現在の5.1ch系オーディオを実現するデジタル技術は滅ぶと感じており、システム寿命を最大にするために、意図的にアナログ構成を選択しました。

コントロールセンターもアナログアンプしか内蔵していないタイプを選択しました。この理由は、音質です。したがって、スピーカー配置はITU方式にしか出来ないので、そうしています。音質最優先であるわけです。

パワーアンプ

Linn C Lineを使用しています。この名称は日本だけみたいですけど…
使用しているはc4110/100Wパワーアンプ4ch内蔵型を6セットです。すべてにLinn AKTIVモジュールを搭載しており、スピーカーをフルアクティブでドライブします。センタースピーカーは2本使用しているので、6筐体24台のパワーアンプで5.1chオーディオを実現しています。
このアンプは無信号時の消費電力が小さいので、全チャンネル電源は常時onです。

ラウド・スピーカー

Linn Akurate 212を6本使用しています。
このスピーカーは、Linnのスピーカーで最も好きなもので、とてもハイスピードでアキュレイトな音の再生が出来ます。
配置はITU方式ですが、センタースピーカは2本使用(予定)です。その理由は、プラズマディスプレイで、1本ではスピーカーの上下位置を感じることが避けられないため、バーチカルツイン配置でそれを回避するためです。
全スピーカーは、パッシブネットワークをバイパスしており、c4110+Aktivモジュールによる、アクティブ駆動となっています。

コントロールセンター

Linn Exotikです。
この選択は試聴の結果です。
フルアナログ構成で、ルームコレクションは出来ません。ですから、スピーカー配置は無条件にITU方式となります。
困ったことに、5.1ch系入力が1系列しかないため、プレーヤーを1台しか使用できません。私は、必要に応じてつなぎ変えて使用しています。

5.1ch系プレイヤーとして使用している機種

Linn Unidisk 1.1です。
この選択は試聴によるものです。
SACD、DVD-Audioの再生音のクオリティについては素晴らしいものがありますが、DVDの再生時にアナログ出力が2chにダウンミックスされます。この使用ではExotikと組み合わせるとどうしようもないので、Linn本社にLinn Japanが交渉してくれ、仕様変更の予定です。新しいファームウェアの到着を待っています。
それまでは、あまり使用していません…だって、SACDとかDVD-Audioのアルバム、ほとんどないんですもの…(^^;
このプレーヤーは、全世界のエリアコードに対応していますし、PAL-NTSC変換も内蔵していますので、これ1台で世界中のDVDを楽しめます。
いつの日か、活躍するんじゃないでしょうか・・・(^^;


Pionner BDP-LX91

2009/01に導入しました。
やっとBlu Rayに新ディスク規格は統一されたわけですが、私の使用していたPanasonic DMW-HW200では、それほどBlu Rayを楽しむことはできませんでした。なにしろ、DVDよりちょっときれいで、ちょっと音がいい程度だったんです。理由は簡単で、十分によく検討されているプレイヤーとしての能力がないからです。
で、Pionnerが開発したlx91を導入しました。これで、やっと十分なクオリティを楽しむことができました。
音も、我慢できる範囲です…というか、まともです…(^^;


Toshiba HD-XA1

2006/04/16に到着しました
HD-DVDは添付されていたディスクで見る限り、素晴らしいものでした。ダメなのは、この機械に組み込まれているソフトウェアですね…ちゃんとデバッグしておけよ…(^^;
でもまあ、ちゃんと動き始めれば、大丈夫みたいです。また、だいぶ経ってからバグ修正が行われました。トロいメーカーです。
中身は、Windows + Intel Pentium4 2GHzのパソコンそのものです。背面には、大きなファンが着いています。バグはOSではなく、このプレイヤーそのもののアプリです。
この価格で、この画質は、かなりお買い得です。
SD-9500を使用することは終わりにしました。
録再機種には、Toshiba RD-A1ではなく、Panasonic DMW-BW200を使用することにしました。


Panasonic DMW-BW200
(エリアコード2/日本等用)

2006/11/12に到着しました。
blu-rayを買う気はなかったのですが、Toshiba RD-A1が、衛星デジタルの5.1chデコードが出来ないことが購入後にわかったため、返品していたので、代わりに購入することにしました。
地上波デジタルのチューナーとしても使用しています。
画質は、blu-rayやDVDについてはいい線いっていますが、チューナーはどうなんでしょう。あんまり感心できないです。音質にいたっては、もう2流…でもまあ、Panasonicの製品なので仕方ないとは思います。

ビジュアル・システム 活躍中

■独立した系列

5.1ch系オーディオシステムは、映像系と独立して構成しています。しかし、5.1ch系オーディオシステムは、映像出力が在る機器があり、その出力はビジュアル・システムに接続されています。

ビジュアルシステムのオーディオ出力は、意図的に5.1ch系オーディオシステムに接続していません。このような背景があるため、デジタル放送等の5.1ch出力は、利用していません。接続していない理由は2つあります。そもそもExotikは1系列しか5.1ch入力がないということ、もうひとつは、出来の悪いアナログ出力をつなげたくないということです。そのうち、つなげる日があるかもしれませんけど・・・(^^;

ですから、映像系の音声は、オーディオシステムではなく、プラズマに付属しているスピーカーを使用しています。まあ、テレビの音なので、それでも十分かと思っています。

プラズマ・ディスプレイ

Pioneer PDP-5010HD

第七世代プラズマ表示装置です。
長らく使用していた503HDから買い換えたのは、Pionnerがプラズマパネル生産から撤退するという発表があったからです。手に入らなくなるまうに買っちゃえということで、2008年に導入しました。
私の家で見たら、あんまり綺麗で、腰を抜かしちゃいました。店頭のデモともとても比較にならない綺麗さでした。

ま、Pionnerは、この次の機種で終わりなんですが、これで十分だったかも…SHARPもPionnerにプラブマパネル撤退を迫ったのは、経営的には正しいけど、Pionnerの株価がドンと下がっちゃったわけで、本当に正しかったんですかね・・・(^^;

媒体再生系/記録系

Panasonic DMW-BW200
(エリアコード2/日本等用)

2006/11/12に到着しました。
blu-rayを買う気はなかったのですが、Toshiba RD-A1が、衛星デジタルの5.1chデコードが出来ないことが購入後にわかったため、返品していたので、代わりに購入することにしました。
地上波デジタルのチューナーとしても使用しています。
画質は、blu-rayやDVDについてはいい線いっていますが、チューナーはどうなんでしょう。あんまり感心できないです。音質にいたっては、もう2流…でもまあ、Panasonicの製品なので仕方ないとは思います。
私は、HD-DVDにもblu-rayにも組していません。方式統一が出来ない業界に対しては、素直なところ、迷惑極まりない状況で、不愉快に思っています。

ビジュアル・システム 時々活躍します(すべて完動です)
媒体再生系/記録系

Toshiba SD2109
(エリアコード1/アメリカ北米用)

日本から通販でアメリカから購入しました。送料込みで3万円少々でした。本当は日本に売っちゃいけないんですけどね・・・(^^;。インターネットの時代に地域制限は困難ですね・・・。
画質とかは、そんなに悪くありませんが、誉められたものでもありません。
よく、アメリカのDVDを購入するので、用意してあります。Unidisk が本格稼動すれば、不要になります。


Pioneer LD-X1

1989年に発売されたLaser Disk専用機です。
今でもLaser Diskでは最高機種として知られています。
古い機械ですがLDはこの製品が一番綺麗みたいに思います。
私はLDだけでも600枚以上もっていたので、残してあります。


Mitsubishi HV-V7000

1991年のSVHSのVCRです。
レンタルビデオやセルビデオを見るために使用しています。
VHSビデオは、新技術が出ても画質が改善しているわけではないので、このように古い製品のほうが妥協の無い造りになっており、綺麗です。そういえば、メンテナンスに来た技術者も、この製品が三菱ビデオの黄金期の製品ですと言っていたなあ・・・。余談ですがコピーマネジメント技術が開発される前の製品ですから、その気になればダビングは自由に出来ます。いまさらVHSのテープで録画することはありませんが・・・。テレビ放送を録画することはほとんどありません。


SONY EV-NS9000

ソニー最後の、ハイエンドHi8 VCRです。
レンタルビデオをダビングしたものなどを作成、見るために使用しています。
あまり知られていませんがSONYは意図的にコピーマネジメント技術の導入をHi8では遅らせました。つまりダビング用途を狙っていたのです。テープも小さいので、保存には適しています。画質はSVHSよりも劣りますが、私の場合は高画質はLDのお仕事でしたので、適当な取り扱いをしていい映像用としてHi8を今も愛用しています。テレビ放送を録画することはほとんどありません。
また、海外旅行の記録などでも、いろいろとHi8のテープが多く残っています。


Toshiba RD-X4
(エリアコード2/日本等用)

2004年から使用ている、HDD/DVD-R/DVD-RW/DVD-RAM共用機です。
デジタル放送受信機能を持たない製品です。
資料だけで見るならば、RAMDACはこちらの方が上なのですが、絵を見る限り、ちょっと渋めの色作りで、Toshiba SD-9500の方が見ていて気持ちいいですね。
また、ライン入力のad処理が良くないようで、この機械で録画した絵以外は、まあ、可もなく、不可もなく・・・という感じがします。
主に、地上波の番組収録用に利用しています。そうした機能は、なかなかいい線いっていると思います。ただ、見た目の安っぽさは、目を覆う点があります。もうちょっと重厚なデザインの方が好きですね。


Toshiba SD-9500
(エリアコード2/日本等用)

2001年12月から出荷が開始された、14bit108MHzビデオDACを搭載したDVDとしては最高級機です。テレビをプラズマにアップグレードする計画に従い導入しました。
DVD-RWが再生できないのですが、東芝はDVD-RAM陣営なのでしようがないですね。
DVD-Audioの再生も出来ます。ただ、音質的にはちょっと・・・(^^;
以前に使用していたSONY DVP-S7000は、古い機械で頑張っていましたがToshiba SD-9500の導入に伴い引退しました。
ところで、このSD-9500ですが、ずっと問題続きでした。はじめは、DVDによってハングしてしまうというトラブル、そしてその対策ということで基盤交換後は、画面サイズに対応したスーパーインポーズ処理が合わなくなって、リモコン操作がやりにくくなって・・・。そうした毎に修理に出していました。2002年はじめに入手してから、11月までの間に修理に出ていた期間は、トータル4ヶ月・・・修理に出したら傷だらけとか、いろいろとありました。私は結構気が長いので、しようがないな〜という感じで毎回対応をお願いしていました。そんな中で、東芝サービスの方が何回修理しても問題が新たに出るのと、傷つけちゃったりとかの経緯から、かなり尽力してくださり、11月末に改めて新品が届けられました。それからは、快調です・・・(^^)・・・ま、新型というのはトラブルは付き物ということで・・・結構、トラブル慣れしているかるばどすです。写真は、東芝から改めて届けられた新品のsd9500です。製造ロットの関係で、はじめの製造後1年後に新しく製造したそうで・・・。なんか、絵もちょっときれいになったみたい・・・(^^)

2002/12/21

サブシステム

寝室設置用ですが、ベッドを新しくしたため、設置がちょっと難しいので、今はお休みしています。
写真は、昔のベッドのときのものです。
ベッドは今も昔も、ウォーターベッドを使用しています。もう20年ほど、ウォーターベッドです・・・(^^)
寝ながら映画を見る環境を整える気になっています・・・いつの日になるのかなー

オーディオ・システム 活躍中
デジタル・アンプ

シャープSD-SG11

ベッドサイドオーディオとして使用しています。
結構いける機械です。
詳しくは、オーディオの遍歴 特別編 いける音は遠くない・・・をご覧ください。

ラウド・スピーカー

MONITOR AUDIO RaDIUS R90 ブラック仕上げ

サウンドクリエイトに寄った際に、衝動買いしました。
値段からして、もの凄くいいスピーカーですね。

オーディオ・システムお休み中

NAD801

5000円で買えたので買いました。

ビジュアル・システム 時々活躍します(すべて完動です)
VCR AIWA NTSC/PAL共用ビデオ

ヨーロッパで買ったビデオなんかを見るためにも使用しています。モノラルの機械です。



-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com