トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

オーランドへの旅 II

オーランド編
No.02
2007/06/02〜09
アメリカ編
No.08

はじめに


この旅行記は、日記式に書いております。
関連した記載が、以下のようにかるばどすほふに用意されています。本文からもリンクしていますがリンク集として用意しました。

旅の記録
2007/06/02 ヒューストン/オーランドへ発つ
2007/06/09 ニューアーク経由帰国
ホテルガイド
Peabody HOTEL

2007/06/02 前日には会議ばかりでした…

今回のオーランド(本当は、オランドゥって発音するので、この書き方は変なのですが)への旅は、2年ぶりです。前回は2005年でした。
目的は、カンファレンスなのですが、10000人以上集まるカンファレンスであるために、アメリカでも実行できる場所が多くありません。オーランド、ロスアンゼルス、ニューオリンズくらいなものです。昨年は、ものは試しとボストンで行われましたが、率直なところ、よくありませんでした。

ですから、今回もオーランドというのは、そりゃそうかなーと思います。

ここのところ、仕事で現場に出ることが多くなっているので、ちょっと時間をくくりだすのが大変な感じがありました。いつもですと、帰りに現地休暇をもらって、足を伸ばしてメキシコあたりでダイビングでもしようかとか、帰りにハワイあたりでちょっと遊ぼうかなと思うのですが、今回は諦めました。

前日は、会議が夜8時くらいに終わったのですが、そのまま飲みにもいかず、パタパタとしていました。

で、この日も、朝5時くらいにおきて、いろいろと資料を見たり、準備したりしていました。

今回の旅は、オーランドに行きやすいコンチネンタル航空を利用することにしました。

2007/06/02 またまた、長い一日

ヒューストン/オーランドへの移動

アメリカへ行くと、日付変更線の関係で。1日が倍近くなってしまいます…なにしろ、出発した日に着くからです。

オーランドへの移動は、

■2007/06/02 ヒューストン/オーランドへ発つ

をご覧ください。

ホテルは、今回もPeaybody HOTELです。

室内の写真
お水は一日2本のeviAnがサービスでつきます
ロビーの光景です
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

ホテルにチェックインしてから、いろいろな連絡をとり、食事に行きました。

食事は、ホテルのイタリアン・レストランのcaprICCio Grillです。

CaprICCio Grillにて
カラマリ・フライ イカのフライで、柔らかくておいしいです
ニューヨークステーキ ウェルダン
お店の人はオーダーを聞いて、「えー」とがっかりしていました…(^^)
このお店は、中心部の温度で分類が行われていました
肉料理は、アメリカのほうが日本よりもずっとしっかりしています
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

このあと、ずず〜と眠くなり…(^^;…ぐっすり寝ましたが、目が覚めたのは翌朝の3:00AMです。時差ぼけだから、仕方ないですね…(^^;

2007/06/03 時差ぼけ解消の努力の日…初めて、Disny Magic Kingdomへ

この日は、カンファレンスに対するレジストレーションだけが予定に入っていました。

まあ、明日でもいいのですが…(^^;

なにしろ、3:00AMに目が覚めちゃているのですが、時差ぼけで頭はボケ気味ですので、仕事をする気にもならず、ポケッとしていました。

で、日が昇ったので、ちょっと散歩してみました。

オーランドの街並みですが、前回はfaoシュワルツが倒産していてお店がしまっていたりしていたのですが、今回行ってみたら再開発されて、レストランなっていました。

映画館なんかもあるのですが、この街には、ユニバーサルスタジオとかディズニーランドにもシアターコンプレックスがあるので、あまり客は入らないですね…hootersがあるくらいで、ホテルの周りは、ちょっと廃れている感じでした。

朝方は23度くらいの気温でしたが、すぐに気温は上がりました。

ORLANDをプラプラと歩いて・・・
何気なしに撮影してみました
前回にみんなで会食したレストランです
光の具合がきれいでした
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

まあ、これといってみるものも無く…(^^;…ホテルに戻って朝食を戴くことにしました。
そのあと、会場でレジストレーション(参加登録)です。

ホテルの前にて
紅茶には、砂糖の替わりに蜂蜜がつきます…おいしい…(^^)
朝ごはんには、バナナとナッツ入りのパンケーキを戴きました
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

さて、カンファレンスへのチェックインが終わり、ホテルに戻ってみたら、ホテル内の噴水の周りが人だかりでした。ははーん、これは…と思いました。

Peaybody HOTEL名物の、ガチョウの行進です…(^^)

11:00に、噴水に皆さん出勤で、16:00に帰られるのでした。
この時間には、赤い絨毯がしかれて、行進の準備が行われます。

ガチョウの行進の光景
夜にお店を出てから撮影したので、明るさが下の写真と違います・・・(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

2007/06/03 灼熱のDisny Magic Kingdom…(^^;

さて、この日はどうしようかなと思いましたが、気になっている事がありました。

それは、何回もオーランドに来ているのに、一度も、disny magic kingdomに行ったことが無いことです。

オーランドにあるディズニーランドは、世界で最大規模…4つのテーマパークから構成されています。その中で、東京ディズニーランドのモデルになったのが、disny magic kingdomです。

一度ぐらいと思った理由は簡単で、東京ディズニーシーの年間パスポートも買いましたし、そこまでしていたら、一度ぐらいというのは、人情ではないでしょうか…(^^)

で、思い立ったらなんとやら、ホテルからタクシーで早速いってみました。距離は十数マイル、タクシーで20分くらいです。どのように行ったらいいのか知らないので、運転手さんに聞いたところ、ポリネシアンリゾートに行くのがいいそうです。ここは、ディズニーリゾートで、モノレールの入り口で、また、タクシー等が入るときに料金が取られないそうです。disney magic kingdomの入り口までタクシーが行くには、10USDの入場料が別途必要なるそうです。タクシー代は、チップ込みで30USDになりました。入場料は高くて、1日チケットですと70USD弱…日本よりも割高ですね…(^^;この日は、気温が30度を越えていましたが、それを知ったのはホテルに戻ってからでした…(^^;ディズニーランドへの入り口は、思ったよりもIT化が進んでいて、感心しました。チケットは、モノレールに乗る前に買います。

日本と異なり、モノレールは無料です。
モノレール沿線のホテルは、すべてディズニーランド直営ですので、合理的ですね。モノレールは2線が平行しており、一方は、Disney Magic Kingdomへ直通、もう一方は、ホテルに停車していきます。

DISNY MAGIC KINGDOM 入り口
チケットの自動販売機です
クレジットカードで購入します
モノレール入り口です
Disny Magic Kingdomのエントランスでは、指紋が記録されます
厳重だなーと思ったら、これは再入場の自動化のためだそうです
ですから、日本のように手にスタンプを押さなくても再入場できます
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

さて、なんにも知らずにDisny Magic Kingdomに来たのですが、そのまま散歩することにしました。
なに、なんにも知らないほうが、発見があって楽しいはずです…(^^)

入ると、街並みのようになってるのでした。
シティホールに行くと、日本語のガイドがもらえます…たいしたことは書いていないのですけど…(^^;

DISNY MAGIC KINGDOM
日本と異なり、ガラス細工のお土産がおおくありました。
ここでは、実演つきです
ガラス細工の品質ですが…今一ですね…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

街並みを抜けると、シンデレラ城があります。
この街並みは、シンデレラ城の城下町なんですね…(^^)

DISNY MAGIC KINGDOM
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

シンデレラ城のショーをちょっと見て、ショーボートに乗ってみました。
意外とすいているので、待ち時間が無かったからです。

歩かずに、ちょっと見れるのも魅力でした…(^^)

DISNY MAGIC KINGDOM
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

さて、ショーボートも一周したので、もうちょっと見てみることにしました。

DISNY MAGIC KINGDOM
よくもまあ、気温30度を越える炎天下に子供を連れまわして平気だなと思いましたが、だから子供も強くなるのかも…(^^;
機関士の女性が私をつけて、派手に蒸気を出してくれました
30度を超える中でこれだけ蒸気が見えるのもすごいですね
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

このあと、スペースマウンテンのあたりにたどり着きました。

ディズニーランドには、思ったよりもゲームセンターがあります…日本のディズニーランドには無いような…
そういえば、街中のゲームセンターって、アメリカでは日本ほどは見かけません。

だから、あるんでしょうか。

DISNY MAGIC KINGDOM
ゲームのほとんどは日本製
なんか、ディズニー・シーみたいですね
この宇宙人、結構好きです
余談ですが、緑は欧米では気持ち悪い色と考えられています…超人ハルクもだから、緑です…(^^)
わたしがアメリカで見た吸殻で一番すごい例ですね
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

このあと、シンデレラ城のあたりを通りました。
レストランを予約しようと思ったら…そうしたシステムはないと断られました…ディズニーシーとは違いますね…(^^;

DISNY MAGIC KINGDOM
このアングルで写真を撮っていたら、中国の人が真似していました…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

もうちょっと見てみました。
アドベンチャーアイランドのあたりです。
この辺を見ると、ディズニーシーのほうが近いですね。

概して、オーランドのディズニーランドの方が、大人向きな気ががします。

DISNY MAGIC KINGDOM
日本でこんなに客を濡らしたら、訴えられる気がします…(^^;
オーランドは客に水を浴びせるアトラクションが多いのですが、カメラを持っていると困ります
私も、M8ごと、水浸しにされました…(^^;…高いんだぞ、こカメラは…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

歩いていて、気づいたら黒いtシャツの上に、汗で塩が浮いて、白くなっていました。
どこかで休もうかと思いましが、お店は混んでいるし、ジャンクフードばかりだし…。
ここは、夜のほうが楽しそうですが、それまで体がもちそうもないので…帰ることにしました。
まあ、アトラクションには興味が無いので、これで帰っても別に不満はありません…ちょっと高くつきましたけど…。

戻りは、モノレールではなく、連絡船を使用しました。
連絡船も無料です。

ディズニーリゾート内の連絡は1AMまであるそうなので、かなり夜は良いのではないでしょうか。

あとちょっとで、夜も楽しめるのですが、まあ、そのうち…いつのことか知らないですけど…のお楽しみということで…(^^;

この辺に来るには、リゾート内のホテルのほうが、高いみたいですけど、便利ですね。
帰りには、ちょっとホテルの写真も撮ってみました。

DISNY MAGIC KINGDOM
子供たちや親とのパレードです
お向かいに泊まっていて連絡線です
無料のモノレールです
途中のリゾートです
今の日本人は贅沢ですので、ちょっと安普請に見えますね…(^^;
ポリネシアンリゾートです
ここはよくできている感じがしました
今度泊まって見ますかね…(^^;
子供向けに、一緒にスタッフが遊んでくれているようです
ロビーの中央にある植え込み…すごいですね
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

ホテルに戻ったら、tシャツが汗の塩で白いので、改めて驚きました…(^^;

ホテルにて
マテボの真っ黒なTシャツがご覧のとおり…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

2007/06/03 夜は、ちょっとおいしい晩御飯…

時差ぼけ解消のコツは、まあ、無理して現地時間に合わせることです…(^^;
日本と12時間違いなので、眠くて仕方ないときに、ディズニーマジックキングタムにいました。
で、さらに無理して、ディナーを頂き、寝ようと計画した次第です…(^^)v

お店は、朝に散歩したときに見つけた、faoシュワルツの跡地にできた…と思うのですが…(^^;、captital grillというレストランです。

とてもアメリカ的なレストランでしたが、お味はとっても良かったです。
また、ここで、初めて、アメリカでキープボトルの棚を見ました。

Capital Grillにて
この像の左右が、キープボトルの棚でした…アメリカではじめてみました
個人のほかに、企業名も多かったです
クラムチャウダー、胡椒をたっぷりとかけてもらいました
とてもおいしかったです
20Ozのステーキですが、離れて撮っているので、小さく見えますね…(^^
奥は、アスパラガスです
カルバドスです
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

レストランは11PM過ぎでで終わりでしたが、日本ではお昼なので眠くなく…当たり前ですかね…ホテルでもうちょっとお酒を頂きました。

強いお酒を頂いたのですが、結局4:00AMには目が覚めていました…もともと、お酒には強いもので…(^^;

ホテルのバーにて
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

2007/06/04 カンファレンス初日

カンファレンス初日です。

朝食なのですが、今朝だけ会場が違い、私を含めて、とてもたくさんの人が場所を間違えました…(^^;
会場の移動だけで、歩いて15〜20分かかります…(^^;

カンファレンスでの朝食
こんな感じで、食べたいものをとっていきます
これってもアメリカの学校とか、軍隊と、同じ方式なんだと思います
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

カンファレンスでは、はじめて見るマネージャーがゼネラル・セッションを行いました。
みんなが知らないためか、お金をかけてデビューですが、ご本人の声が金切り声みたいで、聞きにくくて困りました…まあ、私だけでしょうが…(^^;

Microsoft TechED2007にて
管理コンソールの後ろに座りましたので、ちょっと違う光景ですね
バックツゥーザフューチャーをもじったオープニングです
デロリアン(車のことです)だけではなく、俳優まで登場…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

夜ですが、カンファレンス会場で、出展している会社のブースを見て回りました…一度ぐらいはね…(^^;

Microsoft TechED2007にて
-
ここの人に、書類一束…じゃなかった、座布団一枚…(^^)
富士通は出展している唯一の日本企業です
Fujitsu Americaが出展しています・・・沼津工場直轄のアメリカの開発センターです
お客が入っていないのがかわいそうですけど、COBookですからねー…(^^;
人の少なくなったカンファレンス会場
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

ホテルに戻ったのは、21時過ぎですが、サマータイムの関係もあり、なんだか日が落ちた後っていう感じです。

ホテルに戻る途中にて
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

この後ですが、カンファレンス側が、UNIVERSAL STUDIO walkという、ユニバーサルスタジオと併設されているあたりに、バスを出していくれていました。会場近くが、ちょっと廃れてきているためもあるかもしれません。

また、スポンサー企業が貸切にしてくれているクラブ…(^^;…も、あります。

で、食事でもしようかなーと、行ってみることにしました。

UNIVERSAL STUDIO Walkにて
貸切になっているクラブ、the groove
そういえば、日本のアーティストってこの程度の場所でライブをやって、アメリカ公演大成功とかいう奴、多いんですよね…(^^;
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

実は、アメリカのこうした音楽、私の感覚では田舎音楽なので、いまいち面白くなく、お酒も飲まずに出てしまいました。

で、晩御飯を食べようとCity Workを回ったのですが…

これといって食べたい店があるわけではないので、そのままホテルに戻り、ホテルで食事をすることにしました。

UNIVERSAL STUDIO Walkにて
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

ホテルには、24時間営業のレストランがあります。
まあ、ルームサービスと同じようなメニューですけど…(^^;

そこで、クラムチャウダーと、チーズバーガーをいただきました…これとビール日本で30USDを超えます…4000円もするハンバーカーなんて、アメリカらしいことですけど…(^^;

晩御飯が終わったのは、2:00AMですが、朝は7:00AMからです…(^^)

ホテルのレストランにて
クラムチャウダーとのトマト味仕立て
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

2007/06/05 カンファレンス二日目

カンファレンス二日目です。
例年ですと、お祭り騒ぎが多いのですが、今年はVISTAもランチ(出荷)しましたし、Windows Server 2008はまだ先なので、ちょっと静かな感じです。

二日目からは、セッションが朝から始まりました。

全体では1000を超えるセッションがあるのですが、セッションによっては準備不良であったりするので、受ける側も選ぶのが大変です。

今年からは、満員になると入場制限が行われたりして、やりにくい感じですし、用意されているカンファレンス用システムが、いまいち使い難く、やりにくさが倍加していました。

とはいえ、日本なんかで行われているものよりは、ずっと面白いですが…(^^)

カンファレンスの写真はあまり撮っていないので、お食事をご紹介します。

Microsoft TechED2007にて
朝食です
私はヨーロッパで身について習慣で、朝をしっかりいただきます
食事の会場…10000人が一斉に食事をいただきます…(^^;
昼食です…ピンボケなので、小さくしました…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

この日はカンファレンスのほかに、日本との連絡等でかなり忙しくなり、夜にお酒は戴きませんでした。

こぢらの夜は、日本では早朝ですし、一番時間が取れるようになります。
で、街にでも面白くないので、再び意味も無く、UNIVERSAL STUDIO Walkに寄ってみました…無料バスをカンファレンス開催側から出してくれているので…(^^;…まあ、撮影のためみたいなものです…カメラに習熟中でもありますので…(^^)

UNIVERSAL STUDIO Walkにて
fバスを待っている光景です
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

ホテルに戻ってから、寝ちゃいました…(^^)
午前4時から、また仕事になりましたし…(^^;

2007/06/06 カンファレンス3日目

カンファレンス3日目です。今日もパタパタしていて、結局は、お酒を飲みませんでした・・・(^^;
あんまり寝てないし…(^^;
写真もあまり撮っていないのでした…(^^;
今回のカンファレンスは、知っている人にあまり会っていなかったのですが、日本でインタビューを受けた際のインタビュアーであった、Microsoft HQのアーキテクトが、私をみつけて声をかけてくれました。今回はセッションを持っているそうですが、日本のTechEDには来れないそうです。

カンファレンスでのの光景
この日の朝ごはん
この日の昼ごはん
一ヶ月ぶりくらいでしょうか…(^^?
と思ったら、最後に会ったのは4/26でした
Windows Server 2008の解説本を配っています
こんなとき、何回も回って、何冊ももらう人がいますが、配る方も、参観者全員に渡せばいいのにとも思います…
日本人の感覚からですが…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

余談ですが、Windows 2008 serverのVirtalization機能の話しを聞いていて「メインフレームとまるっきりおんなじ流れだねー」と思い、歴史は繰り返す等という言葉を思い出していました。
そういえば、今日会った彼にも同じ話を日本でした際に、メインフレーム時代を知らない彼は、目をぱちくりさせて、「そうした話は始めて聞いた」と言われました。まあ、会う人が違うせいでしょうねー…(^^;
この日のカンファレンスは、夜10:00まであのました。
この日は、夕方から雷雨…どしゃぶりでしたので、いつもはホテルまで歩いて戻っていのですが、送迎バスを使用しました…いつもは乗る人がいないみたいなので、この日はジスの担当者も大変だったみたいです…(^^)

2007/06/07 カンファレンス4日目

カンファレンス4日目です。カンファレンスの内容は、毎日のとおりです。

カンファレンスでのの光景
朝の光景
この日の朝ごはん
この日の昼ごはん
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

この日は、カンファレンス後にUNIVERSAL STUDIO Adventure Islandでパーティがありました。
そうした関係で、カンファレンスはそこそこで終わりです…昨日は夜10:00まであったのに…(^^;…この日のためなんですよね…
Microsoftのtechedの参加者は約1万人、家族を加えると1.2万人くらいがこのパーティにジョイントしています。それなら、貸切ができちゃうんですよねー・・・(^^)
…と、この節は2年前の資料のまま同じです…場所が違うだけで…(^^;
今回は、ちょっとトラブルがありました。
パーティー開催についての説明が、CommuniNetで公開されていたのですが、そこには、レジストレーション時に渡しているリストバンドを必ずするように…とあったのです…でも私はもらっていませんでした…(^^;
そこで、レジストレーションに文句を言いにいきました。

「日曜日にレジストレーションしたけど、リストバンドをもらってないんですけど」
「リストバンドが無くても、そのIDカードで入れます」
「本当に??…だって、リストバンドをしろってWebで示しているジャン」
「大丈夫です」

ま、行ってみたら、その説明のとおりでした…(^^)
UNIVERSAL STUDIO Adventure Islandは、日本でいうとディズニーシーに相当します。
ここでの、食べ放題、飲み放題、アトラクション乗り放題、なのでした・・・(^^)
ところで、天候は昨日よりは好転しましたが、雨が降ったりやんだりでした。主催側からは、雨天決行という連絡が来ていました。理由は、レストラン内はドライだし、雨合羽(こちらはビニールのポンチョです)も用意してあるし…ということでした。
ま、unversl STUDIOとしても、雨でキャンセルされたらたまったものではないでしょうし…(^^;
ちなみに、欧米人は日本人よりも濡れることを気にしません…日本人の感覚でつきあったら、たまらないことになります…(^^;…私はカメラを持っているので、ホテルの雨傘を持っていきました。

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・01
腹が減っては…で、早速にレイトランへ入りました。
フライドチキンです…料金はもちろん、タダ…(^^)v
雨が降ったりやんだりでした
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

結構久しぶりな気がするので、ぷらぷらと見ることにしました。

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・02
剣と魔法の世界にようこそ…って感じですかね
このアトラクション、入ろうかと思い並んだら20分待ちというので、後回しにしました。
後できたら、1時間待ちになってしまい、結局入れませんでした…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

ちょっと見たら、「シンドバッドの七度目の航海」というアトラクションがありました。
丁度はじまるみたいだったので、入ってみたら、スタント・アクションの劇でした。
舞台装置はよくできているのですが、ストーリーがお話らならないほどつまらなくて、途中で出てしまいました。

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・03
ディズニーシーにも同じタイトルのアトラクションがあるんですけど、そちらは人形です…(^^;
はじめは人が少なかったのですが、すぐに満員になりました。
外のDJで、このアトラクションを見逃すなとたきつけていました…(^^)
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

「かるばどすさん!!」
今回のカンファレンスで、初めて知り合いの日本人とあった瞬間です…ちょっと雰囲気が、違う感じですねー…(^^)

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・04
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M 50mm F2.0
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

もうちょっとぷらぷらしてみました。

そうしたら、ちょっと胸がむかつきました…きっと、先ほど食べたフライドチキンが、あまりよくないのでしょう…こんなときは、もっとなにか食べるとなんとかなってしまうので、見つけたレストランで、まず〜い中華を食べてみました。ここの、野菜チャーハン…と英語で書いてあったのですが…だけは、普通のお味でした…(^^:

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・05
このレストラン雰囲気がいいですね
チャーハン以外はまずいので、半分くらい残しました
なんでアメリカ人はブロッコリーが好きなんでしょ…(^^?
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

またまた、日本人のお知り合いに会えました…(^^)v
でも、写真が…ゴメンナサイ

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・06
かるばどすは、昔アメコミに凝っていたことがあります…何百冊と持っていました
すいまらん、ピントあわせ間違えました
このアトラクション、入り口の雰囲気はいいんですけど…ただ、落っこちるだけのものです…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

もうちょっと歩いたら、一周してしまいました。

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・07
このアトラクションは、雨で中止になっていました、なんか不具合が出たといっていました
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

はじめとちょっと方向を変えて、歩いてみたら、竜がテーマの場所に出ました。

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・08
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

もうちょっと歩いていったら、ジェラシックパークライドのところにたどり着きました。
何回か乗ったことがあるので、また乗りたいとは思わなかったのですが、気づいたら、映画にある、ジェラシックパーク・ビジターセンターがあるので入ってみました。

すると、tレックスなんかの化石の複製があり、結構面白かったのでした。

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・09
こんな、布張りのグライダーみたいな生き物が繁殖できたなんて、恐竜の時代の天候って、かなりよかったんでしょうね
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

歩いていて、本当に水浴びが好きな人たちだなーと、思いました…(^^)v
こんなびしょびしょになるアトラクション、日本では無理そうですよね…

かるばどすほふでは珍しい、フラッシュを使用した撮影です…(^^)

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・10
撮影データ LEICA M8 + LEICA APO SUMMICRON-M F2.0 90mm ASPH
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

そうこうしているうちに、この日も終わりです…23:00 閉園の時間となりました。

UNIVERSAL STUDIO ADVENTURE ISLANDにて・・・11
見慣れた光景になってきましたね…
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

2007/06/08 カンファレンス5日目 最終日

前日がアテンディーパーティでしたので、この日のカンファレンスは開始が遅いです…とはいえ9:00AMはじまりですけど。終わりも早くて、14:00杉には終わります。帰りの飛行機の関係でしょう。私みたいな、太平洋を越える国際線の客には意味が無いのですが…(^^;

朝食です
この日の朝食です
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

不思議と、この日は他の知り合いにもあっちゃったりしたのでした…(^^)

カンファレンスが終わり、とせうしようかなーと思いました。

チケットを見ると、明日の朝は6:05搭乗です。
コンチネンタル航空は、24時間前になると、オンラインでチェックインできます。で、席を選べるのですが、他の強い権利の人たちのために予約されていて、行使されていない席が予約できるので、けっこういい席が取れました。帰りの便は、バルクヘッドです。バルクヘッドとは、席の切れ目の先頭のことで、前に座席が無いので、PCなかを使いやすいですし、楽なのでした。

で、ついでに、ホテルに入っているシャトルサービスに予約に行き、チケットを買いました。
明日のホテルでのピックアップは3:45AMですと…(^^;

こりゃ、ほとんど寝れないなーと思いました・・・。

もう、ディズニーランドにも、ユニバーソルスタジオにも行く気にならず、オーランドの街を散歩して、晩御飯でも適当に食べようと思いました。

部屋からみたら、隣の湿地が散歩によさそうでした。

ホテルの周辺にて
植樹は松でした…乾燥した土地に強いからでしょう
馬のひづめの跡があったので、それにあわせて歩きました
馬が走れる場所なら、人に歩けますので…(^^)
カンファレンス会場全景…こうして写真にすると、なんか違うような…(^^;
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

ショッピングセンターの裏に出ました。
裏側から入り口を見つけて、Internatioonal Driveに出ました。

ホテルの周辺にて
裏口にある警告です
ビデオテープに撮影されていますので、笑ってね
で、Vサインをしてから、入りました…(^^)
改装中のお店の中には、アスベストが…日本では、これで新聞種になりそうですね
お客かなーと思われたみたいです
この写真を撮っていたら、子供たちが集まっていました
「ねね、なにを撮ったの??」
{「ほら、これだよ」
「花だ1、花だー」
かけていく子供たちをもながら、子供の反応は万国共通だなと思いました
ヒューストンからのロケットの打ち上げが見えました
余談ですが、ロケットは真っ直ぐに上に上昇しているのですが、ロケットの噴煙は、こうして見えます
理由は、地球が自転しているからです…こんなに速い速度で大地は回っています。
後日、コンチネンタル航空の笹岡さんから、掲示板で、スペースシャトルアトランティスの打ち上げだったと思いますよと教えてもらいました。
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

晩御飯ですが、なんとなく、普通のステーキの味に飽きてきたので、別に形でお肉を食べたくなりました。

オーランドには、大きな日本料理店があります。らん月です。
いつもは、なにもアメリカに来て日本料理なんて…と思うのですが、まあ、日本料理を忌む理由も無く、よってみたくなりました。

らん月にて
入り口の門です
店が店なので、SAMUEL ADAMSを置いていませんでした
庭園の池の上に設けられている舞台の太鼓です
サラダも日本式でした
クロコダイルのから揚げ…私には、ちょっと臭かったです
お店の人の話では、におい抜きをしているそうなのですが…
記念カード付きです
ロブスターのてんぷら
ちょっと食べにくいけど、うじはよかったです…てんぷらは素人っぽいけど…
アトラクションをやっている女性は、Disney EPCOTの日本館で広間に演奏をしている人たちだそうで、週に3回こちらでもやっているそうです。残念ですがマイクロホンで拾った音を店内で聞くので、演奏がいいのかどうかちっともわかりませんでしたが、写真を見る限り、かなり連度が高いみたいですね
私はお肉を三人前いただきました…'(^^)
撮影データ LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M F2.0 50mm (IV)
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

食事を終えて、ホテルに戻ったのは、もう12時を回っていました。
このあと、ちょっと仮眠をとって、ホテルを出発しました。

ホテルにて
この日の朝食です
撮影データ LEICA M8 + Voigtlander NOKTON F1.2 35mm Aspherical

rawデータ撮影後CAPTURE ONE LEホワイトバランスを適時選択して現像

2007/06/09 帰国

帰国の便は、6:30AM発です。
チェックインを考えると、4:30AMにオーランド空港に行かないといけません・・・(^^;
帰国については、

をご覧くださいませ・・・


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com