トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

沖縄への旅 vol I

沖縄編
No.01 2006/10/13〜18

はじめに

実は、かるばどすほふでは、沖縄への旅って、いくつか収録があります…でも、旅行記にしていませんでした。

理由は至極簡単で、私の中で旅行という意識が無かったためです…(^^;
水中撮影のセミナーを受けた場所がたまたま沖縄であったためで、意識の上で旅行したという気がしていないのでした…(^^;

沖縄の記録

04/21 04/22 05/26 05/27

今回も、ダイビングをしようと思い沖縄にしたのですが、MARIN PRODUCTが人気で潜りたい日程のうち3日間しか潜れません。しかも、清水さんもいないので、どうしようかなーと思ったのですが、仕事の関係で今回の日程しか休めそうも無かったのです…折角の夏休みなのに…(^^;

例年ですと、土日をはさんでまるまる一週間休むので、連続して11日〜15日くらい休みます。そうすれば、かなり不便な場所でなければだいたい行ける訳で、その気になればガラパゴス諸島くらい平気です…まあ、料金が高いから行った事ないですけど…(^^;

で、沖縄ではなく、外国にでも使用かなと思いましたが、ドバイもダメ、バリもだめ、メキシコなんか論外、パラオはパラオスポートがフィリピンに行っていて、日程的に無理、ではロタ島とも思いましたが、グアムやサイパンでの接続を考えると無駄が多い…(^^;

で、結局3日間しか潜れない前提で沖縄にしたのでした。

考えてみれば、今年沖縄に行った際には、いわゆる観光はしていないので、今回が久しぶりの沖縄観光が出来ることになったのでした。

思い出してみれば、沖縄本島を観光らしいことをしたことが無いので、今回は人生初めての沖縄観光かも…という展開になったのでした。

で、旅行記も書こうと思った次第です。


この旅行記は、日記式に書いております。
他に、関連した記載が、以下のようにかるばどすほふに用意されています。合わせてご覧ください。(また、必要に応じてそれぞれからリンクもしております)

2006/10/13〜18
ええい、見切り発車で行っちゃえ…

今年は、ちょっとアンコントロールな状態で仕事が忙しくなってしまいました。

そのため、書いていた本も執筆が止まっていますし、それどころか、休みがあんまり自由に取れなくなっています。

そんな中ですが、無理すれば、ちょっとだけ連続して休めそうなタイミングが突然に見つかりました。それが今回の日程です。厳密にいえば、仕事をいくらか持っていきますので、実際のところ仕事をしながら、日中にちょっと遊ぶという感じです。仕事柄、どこでも仕事が出来るので、こんなところが便利なところです。

本当は、12日の夕方から時間が空いているのですが、安い飛行機の便…と言っても、直前に手配しているので、片道27000円もするのですが、を考えたら13日の午後3時過ぎの便で行くことにしました。

沖縄で晩御飯と言う感じですね。

でも、このスケジュールは結構都合よくて、午前中にいろいろと仕事のemailを処理できるので、便利でした。

10/13 午後 出発

前日の23時過ぎ、ちょっとびっくりしたトラブルがありました。
ダイビング機材をチェックしたら、なんと、BCとオクトパスにカビが生えていたのでした。どうも、沖縄でのダイビングで機材がちゃんと乾いていなくて、そのまま東京に送ってしまいほったらかしていたので、カビが生えたようでした。

で、お風呂で洗ったりと大変でした。

翌朝、つまり13日朝は、いつものように6時くらいに起きて仕事をしていました。早い仕事関係のメールは、6時台から入ってきますので、結構忙しいです。

で、9時くらいには仕事が一段落しました。

今回は、ダイビング以外の日もあるので、気分はもう旅行です。
で、カメラに何を持っていくか考えていました。

「うーん、今回はLEICAとOLYMPUSにしてみようかな…ついでに三脚ももっていこう」

と、考えるは安し…しかし、ダイビングと言えば荷物が多いので有名な趣味…それに加えて水中撮影をDSLRでやる設備を持っていく…で、カメラ撮影も荷物が多い趣味…え、どんな荷物になるんだろうという展開でした。

ダイビング機材は、でかいのと、慣れているので、沖縄で宿泊するホテルに、ゆうパックで送り出しました。でも、その後に、水中撮影用の機材をバッグに入れていたら、通常撮影用のカメラと組み合わせると、とてもではないですが、機内持ち込みできるサイズのバッグは入らないことがわかりました。結局、水中ハウジングその他は、バゲッジにする必要がありました。

で、考え込んで、仕方ないので、ヨドバシカメラでウォータープルーフ型のイタリア製保護ケースを買うことにしました。これさえあれば、メキシコでも、パラオでも、ガラパゴスだって、撮影にいけちゃうでしょう…思い切りのいいことだと、自分でも感心しますけど…(^^;

今回持っていくことにした機材はこんな感じです。

水中撮影用

陸上撮影用

これに、PCとか日用品、あと別送でダイビング機材一式…もう、大旅行の風格があります。

家を出るときの手荷物は、PCを入れたビジネスバッグ、陸上撮影用のLEICA系カメラを入れたカメラバッグ、水中撮影用のOLYMPUS系カメラを入れたウォータープルーフケース、で、大型三脚…ひとりで4つの手荷物を持つという、傍目には各個の悪い旅となりました…(^^;

これでも忘れ物をしています…ちょいと撮影用のOLYMPUS SP-350と、ZUIKO Digital EC-14です。ZUIKO Digital EC-14は、水中での撮影で重要なので、マクロ撮影する際にはまずいですねー。

羽田空港で感じました。

今回は、ANAで行くのですが、空港なんかの効率とか対応が、海外の空港よりもずっといいですね。こんなに荷物があると、時間がかかったりするものなのですが、そうしたことが一切無く、快適でした。

沖縄便は、ぴかちゅうでした…(^^)

子供だったら、うれしいのかも知れませんね…(^^)

羽田空港のターミナルにて
撮影データ LEICA Digital-Module-R + LEICA R9 + LEICA SUMMILUX-R 50mm F1.4 Ver.4
rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

私は、調子に乗って、席をスーパーシートにしてみたのでした。5000円もしますが、まあ、乗っている時間は2時間30分くらいしますので、ちょっといいかなーと思います。

ただ、フライトアテンダントの人がうるさくて…ゆっくり休むという人の気持ちがわからないみたいで、声をかけたくて仕方ないみたいでした。なんか、ワイン、ビールと、カップ麺は食べ放題みたいで、人によっては何本もワインをもらったり、カップ麺を何個も食べていたりしていました…(^^;

沖縄までの旅は、快適でした…。

ホテルまでは、タクシーで15分程度です。
今回は、自分で見つけたビジネスホテルのホテルブライオン那覇です。実は、以前に来たときに、モノレールから見かけて、宿泊してみようかと思ったのでした。ビジネスホテルですが、なかなか快適なホテルでした。

ホテルブライオン那覇にて

ホテルで、タウンマップをもらい、晩御飯を戴くお店を考えて見ました…で、これが良かろうと思ったお店が、鉄板焼きのキャプテンズプラザです。なにしろ、地図に書いてある宣伝文句が「帆船に迷い込んだような店内では、超一流のパフォーマンスが味わえます。」です…期待しちゃいますね…(^^)
後で知ったのですが、このお店は、松山の辺りでは有名なお店だそうです。
お味は薄口、アメリカンビーフだと思います…おいしいのでした。
私は、400gのテンダーロインステーキをお願いしましたが、あっという間に平らげてしまいました。

キャプテンズプラザにて
調味料飛ばしの秘儀は、半年のトレーニングが必要だそうです
とてもおいしかったのでした
この味は、アメリカンビーフかと思ったのですが、ニュージーランドビーフだそうです
撮影データ LEICA Digital-Module-R + LEICA R9 + LEICA ELMARIT-R 35mm F2.8 Ver.3

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

お腹がくちくなったので、ちょっとお酒を飲もうと思いました。
で、途中で見かけたバー、Penguin Bar Fairyに寄る事にしました。

はじめは、なんでペンギン・バーというのかわからなかったのですが、入ってしばらくしたらびっくり…だって、ペンギンがいるんですもの…(^^)

Penguin Bar Fairyにて
気づいたら、生きているペンギンが…びっくりしました
ピンボケでごめんなさい
お店のオリジナルカクテル ペンギン
カルピスなんかも入っているけど、おいしかったです
店内の様子
エンゼルフェイスのハードシェイク
餌をもらうとき、俊敏なのでした…(^^)
お客さんが餌やりをさせてもらえます…(^^)
ペンギンもお眠になりました…
私も寝ることにしました…(^^)

ペンギンも、お眠になったので、私も寝ることにしました…(^^)

10/14 ダイビングの無い日…美ら海(ちゅらうみ)水族館へ

この日は、ダイビングサービスであるMARIN PRODUCTが、お仕事一杯でダイビングの出来ない日でした。

で、何回も沖縄に来ていながら、一度も行っていない「首里城公園」とか、まだ実物を見たことが無いジンベエザメのいる「ちゅら海水族館」に行ってみようかと思っていました。

ホテルで、朝食を食べて、場所を確認したらびっくり、「ちゅら海水族館」は、那覇から100Kくらいの距離があり、バスを乗り継ぐと2-3時間もかかるのでした。

ちょっと考えて、遠いほうから行ってみようかと思いました。

バスは、那覇中央バスターミナルから出ています…問題はその場所がわからないことでした…まあ、タクシーに乗っちゃえばいいのですが…

で、ホテルの前に止まっているタクシーに、バスステーションを頼みました。で、運転手と話していたら、往復20000円でやってくれるそうです…ちょっと贅沢ですけど、タクシーであれば片道1時間で行けるとか…で、タクシーでそのまま行くことにしました。途中で、高速代を半分欲しいとのこと、1000円追加しました。見ている限りでは、900円みたいですけど、まあ、観光地ですから…(^^;

水族館についてから理解しましたが、ここって、昔の海洋博会場だった場所じゃないのかなー。

私は、はじめにお昼を食べようと思い、ホテルのレストランに入りました。バイキング形式で1260円とか…内容的には、どうでしょ…炭水化物ばかりで、どうかなーと思いましたし、団体客が多くて、一斉にならばれてしまい、ちょっと閉口しました。

美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)にて
私のチョイス…うーん、1260円は高いかも…
カレーにキャベツに隠れているスパゲティがメインです…(^^;

食事をしてから、水族館の見物です。
ダイビングを趣味にしているので、見慣れている魚もいますけど、大したもんですね…
ジンベイザメは初めて見ました…ちっちゃいけど、こうして見れるのは凄いことですね。

美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)にて
ピントがいまいちです…

さて、帰ろうと待っていたタクシーに乗って運転手さんと話しました。

「待っている間、どうしてたの」
「ビーチサッカーの全国大会をやっているんですよ、それを見てました」
「ビーチサッカー…(^^??」
「見てみますか?」

ということで、連れて行ってもらいました。

ビーチサッカーの大会にて

ホテルに戻ったら、焦りました…(^^;

ホテルには午後4時くらいに戻りました…で、焦りました。
だって、ダイビング機材が届いていないんです…(^^;

昨日の午前中に、東京からゆうパックで発送しました。
率直なところ、困りました…ゆうパックは、翌日到着を保障していません…でも、以前に沖縄から東京に送った際には、翌日に届きました。また、昨日発送した際も、受け取りの人は午前便に乗せられるようにしますと言ってくれていました。

で、郵便局に電話して、所在を確認することにしました…伝票を忘れていたので、伝票の番号から調べてもらいました。電話した先は、大崎郵便局、東京南局、沖縄郵便局、那覇中央局でした。

荷物は、昨晩には東京から沖縄に届いていました…で、沖縄で、届いた荷物が多くて、オーバーフロー、どこにあるか確認してもらい、電話が来ました。

「かるばどすさん、ありました。どういたしましょうか?」
「ありがとうございます、今日届けてもらえますか?」
「では、午後7時までにお届けします」

翌日に届けてもらって、2000円…ゆうパックは安くて、便利ですね…帰りには、日通に手痛い目にあわせられたので、余計にそう思います。

ホテルにて
やっと届いたダイビング機材です

さて、夜8時くらいですが、食事に行こうと思いました。
で、おもろまちに、フードコロシアムとかいう、屋台村みたいな場所が出来ているみたいなので、行ってみようと思いました。

でも、地図も何ももっていないので、行き当たりばったりでした。

おもろまち迄、モノレールで3駅くらい、近いのでした。
着いたら、大きなDFS(デューティーフリーショッパーズ)があるので、びっくりしました。

おもろまちにて

で、どこにフードコロシアムがあるのかわからなかったので、dfsに入ってみました。
すると、3階がフードフロアということなので、行ってみたら、そこがフードコロシアムだったのでした…(^^;

おもろまちにて
ハンバーガーを頼みました
お肉が生焼け…地の味がする安物の肉なので、1/3食べて捨てました…(^^;
ソーキソバを口直しに頼みました
でも、まずくて…これも1/3だけ食べて捨てました
ブランドは集まっているけど、品物はどうだろう
これって、沖縄振興に役立つのでしょうか…
20%OFFだそうです…東京と比べて
往復の飛行機代を考えると、30万円以上くらい買えば、元が取れるみたいです…(^^???

なんか、とっても納得できない晩御飯でした。
もう、ここの食事は、しなくていいかな…。

で、ホテルのほうに戻り、バーに行きました。

明日は、朝からダイビングですので、あまりお酒は飲めないなーと思いましたが、飲みました。
結局、食事もこのお店にしたのでした。

Fair;yにて
昨日と違うものをと、お通しを変えてくれました
晩御飯の一部…オニオンスライスです…(^^)
シークァーサーです…大きいですねー、お酒用の特別いい品だと思います
スティックサラダ
シークァーサーを使ったカクテルを創ってくれました、おいしかったです

fairyでは、バーテンダーさんといろいろな話をして楽しんでいましたが、ちょっと聴きたいこともありました。

「ねね、近くにある「絹」っていうお店、どんな感じのお店…(^^?」
「落ち着いた方が多い見たいですね、良かったら席があるか聴いて見ましょうか?」
「ありがとう、じゃ、お願いします」

席があるとの事で、行って見ました。

経験的に、いいお店みたいな感じだったからです。

クラブ絹にて
カルバドスをもらいました
お店ではハロウィンの仮装が行われていました
今年にダイビングをはじめたそうで、明後日に一緒に潜ろうかということになりました

で、楽しく夜を終えたのでした…(^^)

10/15 日中 ダイビング初日…うーん、一日溺れていたかも…(^^;

ダイビング初日です。
機材の準備とかで、朝からいろいろしていました。

でも、それでもミスがあるんですねー…シリカゲルが、広角ドームに落ちてきました…(^^;

あと、この日から新しいフィンを試させてもらっていました。

カメラのような思い機材を持っている時の、水中のダイビングフォームも問題があって、フィンの水中重量の変化もあり、思うようにダイビングが、全然出来ませんでした。

ホテルにて
フラッシュのテスト撮影です
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

ダイビングは、座間味でした。

1本目は、ダイビングはまずいは、ドームにシリカゲルは入るはで、散々でした。
水中で、ガチャガチャやっていて、うっかりして吹き上がったりもしたのでした…十数年ぶりのトラブルですねー。

撮影どころではないのですが、なぜか30枚ほど撮影していました…(^^;

座間味島 トウマにて
あーん、シリカゲルが…(^^;
ダイビングのトレーニングしてました
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

MARIN PRODUCT号には、ドライルームがあります。
カメラ機材の準備や変更が船上でできるのが、すごいところです。

パカッとハウジングを開けて、シリカゲルをセットしなおしました。
でも、ダイビングの不調は、原因不明で、2本目に臨みました。

ドラゴンレディーです…古〜い映画である、「彼女が水着に着替えたら」で撮影に使用したという輸送機があるとか、その機名がドラゴンレディーだったのでした。

カメラの設定にも、問題があり、まあ、写真になっていないというか…(^^;

座間味島 ドラゴンレディーにて
これが、輸送機の名残…ちっちゃかったのでした…本当に同じ残骸なの…(^^??
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

食事をしてから、3本目です。
渡嘉敷島の野崎です。

ダイビング不調なので、うまく撮影できていません…(^^;

渡嘉敷島 野崎にて
レンズが魚眼なので、ライティングが難しいのでした…(^^;
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

港にボートが戻るときに、いろいろと考えていました。

「なんでダイビングが不調なのかなー」

で、気付いた点がありました。
水中で、一眼レフは結構な重さがあります…私が使用している機材は、リゾート用超軽量…カメラの重さは、かなりの比重を占めています。私は、癖でカメラを前にして持ちますので、物凄く水中のバランスが悪いのでした。

それを泳ぎながらバランスさせてしまうので、体力を使います…つまりエアの消費が早いのです…うまくダイビングが出来るはずもなく…明日は、それを解決するようにダイビングしようと思いました。

10/15 夜 沖縄・センス・オブ・ワンダー

さて、日中の不満足なダイビングを忘れて、夜の沖縄に出ました。
国際通りは観光客向けといわれていますけど、行ってみない理由にはならないので、ちょっと国際通りに行って見ました。
見ていて、「こりゃあ、観光客向けだねー、つまらんなー」と思い歩いていたら、ぶくぶく珈琲がありました。

なんか、このお店、センス・オブ・ワンダーでした。

昔、こんな場所があったかも…という感覚で、楽しんでおりました。

なんか、沖縄らしいという感じがしました。

国際通りと琉球珈琲館にて
観光客向けの街ですねー…つまんないかも…
大盛りです
沖縄珈琲館を出たら、町の見え方が変わっていました…(^^)
撮影データ LEICA Digital-Module-R + LEICA R9 + LEICA ELMARIT-R 35mm F2.8 Ver.3

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像
10/16 日中 ダイビング二日目…カメラを持ったバランスの取り方を覚える…

朝食は、ホテルで用意してくれている無料のものです。
こうした簡単な朝食も、たまには悪くないですねー…(^^)

ホテルにて
沖縄そばは、朝早い時間の限定数みたいです
撮影データ LEICA Digital-Module-R + LEICA R9 + LEICA ELMARIT-R 35mm F2.8 Ver.3

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

今使用しているOLYMPUS E-330のシステムは、初めて使い始めたわけではありませんが、意識的に使いこなそうという意味では、今回ははじめて位かもしれません。

痛感したのが、水中でのバランスの取り方でした。

昨日、いろいろと反省してダイビングをしたところ、この日は大分普通の感じでした…良かった良かった…とは言え、溺れているっぽいですけど…(^^;

不調は続いていますが、まあ、上り調子になったということで…(^^;

この日のボートは、MARIN PRODUCT号ではありませんでした。
ドライルームがないので、機材トラブルがあったら困りますが、この日の機材は快調でした…(^^)

儀志布島 カミグーにて
右側、フラッシュがバレてる…(^^;
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

2本目は、座間味島の古座間味ケーブルです。

座間味島 古座間味ケーブルにて
不発弾です…叩いてはいけません
ナマコ??です
パンダウミウシを魚眼レンズで撮りました…(^^;
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

お昼を戴きました。

海面休息の光景です
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

3本目は座間味の夫婦岩です。

座間味島 夫婦岩にて
シルエットを狙ったわけではないのですが…
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

10/16 夜 再び、不思議の夜へ…

夜は、再び国際通りに行って見ました。

ステーキハウスの88(はちはち)というお店が有名だそうで、ホテルに近いほうである、国際通り店に行って見ました。
しかし、お店のつくりのわりに、石垣牛のステーキは最低700g以上で、100gあたり2500円とか…2万円近いものを食べる気になりませんでした。

で、メニューを良く見たら、aランチ、bランチというのがありました。それぞれ、980円、480円…私は豪勢にもaランチを戴きましたが、bランチはハンバーグとカツだけなので、その方が良さそうですねー…(^^)

ステーキハウス88 国際通り店 にて
Aランチ…沖縄のランチは、いつでも頼めることが多いそうです
ボリュームたっぷりでした
でも、オムレツ+ソーセージ+エビフライ+ポークソテーが500円分なのかなー…次回はBランチにしよう

ちょっと飲もうかなーと思い、路地に入ったら、またセンス・オブ・ワンダーでした…(^^)
飲まずに、ず〜っと散歩していました。

ステーキハウス88 国際通り店 にて

10/17 日中 ダイビング最終日…清水さんと潜れました

ダイビング最終日、オーナーの清水さんが海外出張から戻ってきたので、一緒に潜ることが出来ました。

昨日ですが、

「かるばどすさん、明日は清水が戻ってくるので、午後からの便になりますが、ご一緒されたいのではないですか?」
「わー、ありが゛とうございます」

という展開だったのでした…(^^)

この日は、パパラギ町田店の皆さんも一緒でした。

午後便なので、本島の近くと思っていら、清水さんは一気に座間味に向かってくれたのでした…(^^)

ビーチ沖にいたのですが、とてもいい感じだったのでね同じ場所で40分間、撮影を繰り返していました…(^^)

座間味島 ビーチ沖にて
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

素晴らしい1本目が終わって、清水さんが言うのでした。

「マンタを狙ってみましょう!
世界で最高のポイントです、透明度の高い綺麗な海にマンタが出るのは、ここだけです!」

率直なところ、マンタがこのあたりに出るとは知りませんでしたし、私のカメラは8mm超広角…画角180度のフィシュアイレンズです。そうしたレンズでは、ちょっと距離があるだけで、物凄く小さく写ります…。

「あのー、8mmなんですけどー」
「いい絵が取れれば撮れれば、大丈夫!」

なるほどーと向かいました…マンタが出るだけで御の字と思っていのですが…

このポイントを体験してから、沖縄はすごいと思いました…清水さんの仰るとおりで、こんに綺麗な海にマンタが出るなんて、世界でも稀有です…当分はまりそうですねー…(^^)v

座間味島近くにて
歪補正の上、ちょっとだけトリミングしてあります
歪補正の上、ちょっとだけトリミングしてあります
8mm魚眼で撮影しているとは思えない絵ですねー
清水さんから、上面からの撮影はタブーといわれているが画角とほめられちゃいました
もっとも、チャンスを生かしきれていないのが、写真の腕ですねー…(^^;
撮影データ OLYMPUS E-330 + ZUIKO Digital 8mm F3.5 Fisheye

rawデータ撮影後RawShooter1.03ホワイトバランスを適時選択して現像

マンタは、30分間にわたってホバリングしてくれていましたので、しっかりと写真が撮れたのでした…(^^)
私達も、根に隠れては、写真を撮っていました…(^^)

マンタは2匹いたのですが、私の位置からはあまりうまく撮影できませんでした。

私達の浮上で、驚いたのか、マンタも根を去りました。

10/17 夜 皆さんと、宴会です…(^^)v

夜ですが、パパラギ町田店の皆さんが清水さんと宴会するのに、合流させていただきました…楽しい夜でした…ありがとうござました…(^^)

おもろまちの鮮満です。

鮮満にて
なんでお通しが大きく掲載されてるの…ピントが良いんだもん…(^^;
10/18 日中 首里城公園にて

実は、沖縄にはかなりな回数行っているのですが、首里城とか行ったことがありませんでした…(^^;

この日の帰りの便は、20:00発にしていました…率直なところ、遅すぎです…(^^;

で、日中に、首里城を見学しました。

首里城公園にて
遅い朝食に、タコライスとソーキソバを食べました
内裏に入るまでは、お金はかかりません
伝統芸能をやっていました
本貫花
立方 沖縄神歌舞団 太陽
琉球王の印
明から琉球王を認めてもらっているところ
韓国と同じで、中国の属国だったのか、独立していのたのか…
答えは、現代の感覚で判断してはいけないということです…国家の概念が違いすぎますので…(^^)
現代の国家観は、20世紀に固有のものです
現代にも、沖縄固有の信仰は生きているみたいですね
たまには、写真らしい写真も…(^^;
下のほうで、亀が昼寝しています
札幌からいらしている方です
ダイビング二日目にご一緒しておりました
ここでバッタリあって、二人で驚いておりました

東京で自宅にたどり着いたのは、24時でした…(^^)v


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com