Sorry, your browser doesn't suppor Java.
アトランタ(Atlanta)


トランジットでよく経由する街でしたが、訪れるのは初めてでした。
訪れる日本人は少ないだろうと思います。成田空港でJCBのサービスセンターに寄った際に「アトランタのガイドブックください」と話したら「すいません、アトランタは用意してありません・・・」ていわれたからです。で、代わりにもらったフロリダ・アメリカ南部の加盟店情報にはアトランタは載っていませんでした・・・。JCBカードがちゃんと対応していないということは、行く人が少ないということかなあと思います。
でも、街中には必ず日本語表示がしてあります。かつてオリンピックが開かれた際の名残なのでしょうか。
レストランとかバーでは日本人が珍しいような気がします。ホテルのバーでMDで浜崎あゆみを聞きながら日本語の本(この本です)を読んでいたら、女性バーテンダーとこんな展開になりました。

「この本はどんな方向に読むんですか?」
「右上から左下に向かって縦方向に読むんですよ」
「中国語も同じかしら」
「同じですよ」
「あら、すごい・・・この字は音を示しているの?意味を示しているの?」
「字によって違うの、この字は音、この字は意味をもっているの」
「あなた、英語も日本語も大丈夫なんでしょ。英語のほうが簡単でしょ」
「そんなことないよ、英語はすべての単語を覚えないと意味がわからないでしょ、でも漢字を使用していると、字に意味があるので初めての単語でも意味が想像できるんだ。字を覚えないといけないけどね・・・」
「ねえねえ、ちょっと見て御覧なさいよ」

と同僚を呼びます。
私も面白半分でデジカメで周りを撮影しました。

「あら、小さいわね、カメラ?」
デジカメだよ」
「見たこと無いわ」

こういう展開は、海外では結構当たり前です。日本の新製品て海外の人にとって、奇跡に見えるみたいです。で、カクテルを飲みながら浜崎あゆみをMDで聴き始めたところ・・・

「これウォークマン?」
「そうですよ」
「カセット?」
「いや、MDっていうの」
「あらすごい」
「いい音たから、聴いてみる、はい」
「ありがとう・・・素敵・・・マドンナ?」
「いや、日本のアーティストだよ」
「素敵ねー、ねえねえ、ちょっと・・・」

また同僚を呼び聞かせます。同僚の女性も浜崎あゆみをマドンナと間違えていました。考えてみると、浜崎あゆみの音楽にちょっとした印象が一番近いアメリカの音楽ってマドンナなのかなー(^^?



街並み

アトランタといえばCNN?

オリンピック記念公園とワールドコングレスセンターを望む位置にcnnがあります。中はホールになっていて、フードコートもあります。フードコートには世界中の時計が設置されていますが、日本の時計はありません。そう、cnnは日本に支局を持っていないのです。香港だったかなー。cnnは日本を無視し始めたマスコミの代表格です。日本の報道も少ないし・・・。
cnnの見学ツアーもしています。ここを訪れると、cnnの基本的な考え方、つまり「ニュースはエンターテイメントである」という考え方が良くわかります。日本人が思う社会的な意義のある報道というよりはエンターテイメントを基本にしていることが、あの独特な報道姿勢の基本にあるんですね・・・それはそれで正しいと思います。日本の報道機関が偉そうにしていて、実は自己の権益を追うだけなのよりは、遥かにましです。

オリンピック記念公園とCNN
オリンピック記念公園で遊ぶ子供たち
ダウンタウン@
ダウンタウンA
夜のダウンタウン@
夜のダウンタウンA

アトランタはオリンピック時に町中に芸術品をいろいろと配置したようです。また、夜はきれいにライトアップしています。

夜を守る警官とボランティア

アメリカではよく見かけるのですが、夜のダウンタウンのような繁華街には警官がいろいろなところに配置されています。欧米には日本の交番のような場所が無いので、犯罪が発生しそうな場所に集中的に出向いています。

生活苦脱出センター?

直訳では、「苦痛停止センター」なのですが、意訳してみました。中が外からそく見えるのですが、たくさんの人たちにセミナーをしながら、仕事につくことを薦めている場所でしたので、撮影は遠慮しました。アトランタのように暖かいと、家も無くても平気でしょうし、仕事につかない人も多いみたいです。街中には、お金をくれ、というホームレスの人たちが多くいました。日本の常識では、仕事につかない恥ずかしさがあるため言い方が控えめですが、アメリカ(やヨーロッパ)では豊かな人が貧しい人に施すことは当たり前なので、結構強気で臨まれるために驚きます。
そういえば、夜にこんなやりとりを目にしましまた。

「お金をください」
「え、なに・・・」
「いくらかでもいいからお金をくださいよ」
「はっきり言う、いやだ(I said NO!)」

断るときにはっきりしないと、ずっとついてくるんですよね。
余談ですが、この街の人たちは日本人が裕福だと知らないようなので、私にお金をくれと迫る人はいませんでした。よかった・・・(^^;



grate Race

アトランタに訪問したときの土曜日が、偶然にクラシックカーによるアメリカ大陸横断レースであるgrate Race 2001のスタート日で、アトランタオリンピック記念公園がスタート会場でした。
Grate Raceのホームページ
Grate Raceのスタートの記録


ホテル

RITZ-cARLTON ATLANTA(アトランタ)


レストラン

アトランタでは、食べ残した料理を持ち帰るは結構普通です。だいたいのお店には持ち帰り用の発泡スチロール製ケースが用意されています。また、料理の量も多いみたいに思いますので、食べ残す頻度も高いのではないでしょうか?
Atlanta Grill : アメリカ料理、スタンダードのよさ
FUJI EXPRESS : アメリカで当たり前の日本料理を騙る中華料理
Haveli : インド料理


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com