アイルランド共和国


一般的な情報

どのように辿り着くか
通貨について
歴史
気質
町巡り
食べたり飲んだり
ホテル で行ったことがある場所余談だけどこの国は美人が多い気がします・・・。


一般的な情報
首都 ダブリン(Dublin)
空港 ダブリン空港(Dublin Airport)
通貨 アイリッシュポンド(IP / Irish Pound ) 約250円
言語 英語 / ゲール語(アイルランド語)
ビザ 日本人であれば不要
国番号 +493
電話 海外には00+国番号
イギリス経由で行く場合は、なぜかイギリスの入国審査を受けので、イギリスの入国カードを用意してください。もちろん飛行機の中でくれますし、現地でももらえます。


どのように辿り着くか
日本からアイルランドに直行便はありません。しかしヨーロッパの各国からアイルランドへの便は数多く出ています。特に多いのはイギリス、ロンドンのヒースロー空港です。ほぼ1時間に1本の割で出ています。
日本からヒースロー空港までは約12時間、ヒースロー空港からダブリン空港までは約1.5時間です。

British MiddLANdで行くアイルランド(1998/2/8)
Aer Lingusで行くアイルランド(1998/8/25)


通貨について
アイリッシュポンドはごく一部の銀行を除いて日本では買うことができません。しかしヨーロッパではだいたいどこでも交換できます。ただ、アイルランド以外で交換すると、円→その国の自国通貨→アイリッシュポンドとなるために、手数料が2倍取られてしまうので有利ではありません。アイルランドについてから円と交換するべきでしょう。
円と交換するよりもレートが有利なのはカード決済です。ですから現金も必要な額をアイルランドのCDで引き出したほうが良い場合が多いと思います。
アイルランド国内では、CDではPulsやCirrusがサポートされています。ただ、回線の関係がいろいろあるようで、カードによりお金を引き出せない場合が時々あります。AMEXやCityCorpは独自回線ですが、CityCorpは日本のコンピューターと通信できない場合が多いので、当てになりません。AMEXは安定しているようです。


歴史
もともとは、バイキングの国です。バイキングの根城であったために、ヨーロッパにおいて野蛮な印象がありますが、現在は清楚で美しい国です。ヨーロッパではケルト文明(calt)というヨーロッパ最古の文明のひとつがある国です。しかしケルト人は文字を持たない文明であったために詳細は分かっていなません。ケルト人が残した最古の文書はboOKOf Caltという絵文字を基本として作成された聖書であるが、絵の意味が失われており、現代では読み解く事ができません。
ヨーロッパでは迫害された歴史を持っており、白人の中の被差別人種であったといいます。そうした中で不屈の気性が養われたのだと思います。
1801年 イギリスに併合 しかし内戦絶えず
1921年 アイルランド自由国として大英帝国の自治領になる
1937年 独立してEireとなる
1949年 英国連邦から脱退してアイルランド共和国となる
現在のアイルランドは、ヨーロッパ諸国の中で唯一の優等生といわれており、経済成長を続けています。低いコストで高い教育水準の人々がおり、コンピュータソフトなどの分野で多くの業績を達成しています。大手のソフトウェア会社であるマイクロソフトやオラクルが現地に大規模な法人を構えており、ヨーロッパに対する開発/サポートセンターとしています。


気質
アイルランドはヨーロッパにあって被差別を受けた国です。国民の気質は粘り強く反骨精神に富んでいると彼らは自負しています。
アイルランドの飲み屋で話をしていたら、時刻の歴史について「イギリスの連中が数が多いために繰り返し蹂躪されてしまった。おろかにも内戦もいろいろしてしまった。」と話をしていたのが印象的です。
通常は純情で率直な人が多い様に感じます。



町巡り
ダブリン(Dublin) アイルランドの首都


食べたり飲んだり
アイルランド料理


The Shack Restrant(ダブリン)
The GallaghersRestrant: アイルランド料理

お酒を飲む


Temple Bar 周辺(ダブリン)


ホテル

Jurys Hotel Dublin(アイルランド ダブリン)
Herbert Park Hotel (アイルランド ダブリン)


有名なもの

アイリッシュ・パブ
ベーコン

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com