トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

旅の記録 (2003年10月24日)
ロスアンゼルスへ発つ

今回のロス訪問は、ほぼ2年ぶりです。
前日は、遅くまで飲んでいましたが、飛行機が夕方発なので、準備はゆっくりと出来ました。
飛行機は、インドネシア航空・・・久々です。
費用は、空港税を含めて7万ちょっと・・・安いですねー

成田までは、居眠りしながら、成田エクスプレスで

今回は、仕事の準備は、簡単です。
ITが仕事ですので、コンピュータと頭だけあれば仕事になります。
ただ、眠いと困りますので、それにだけ対策が必要です。
アメリカとの時差は、昼夜逆転・・・アメリカの日中が日本の深夜・・・この対策は、寝るか起きるかするだけです。
いずれにしても、時間の余裕が必要です。
アメリカの仕事はカンファレンスへの参加ですが、その参加に余裕の日数を準備する・・・それが対策となります。
言い換えると、アメリカに早めに行き、慣れるまで生活する・・・ということどてすね・・・(^^;
飛行機の中では、PCを叩くほど余裕があればいいのですが、今回の便ではあまり期待できないので、日本語の本を2冊、英語の本を1冊持っていくことにしました。もっとも、日本語の本は、はじめの一日で読み終えてしまいました・・・(^^;
また、デジカメは、CONTAX Tvs Digital、Konica KD510、Canon IXY200をもっていこうと思いました・・・ただ、Konica KD510とCOTAX Tvs Digitalのバッテリーチャージャーを同じ袋に入れて、荷造りの際に入れ忘れてしまい、結局は IXY200で撮影して回ることになりました。CONTAXもKonicaも、私の海外に行く際は、縁が薄い機械ですね・・・(^^;
あと、おにぎりを3個持っていくことにしました。
飛行機の食事が、あんまり食べたくないときに、食べるためです。

SONY MZ-E720

また、機内で聴けるよう、SONYの新型MDも、もっていくことにしました。このMD、リモコンを持っていくのがいやで、設定を自宅でしてから持って行ったのですが、あまりその調整が良くなく、聴くのを止めてしまいました。リモコンがないと調整できないので、困りました。

ホテルについてから気付いたのですが、どうもこの低音は、気圧の影響だったのかもしれません。地上ではそれほど低音が強調されることはありませんでした。

荷物はちょっと多く、2つのバゲッジを用意しました。
実は、帰りに、バハ・カリフォルニアでちょっと潜ってこうかと思っているからです。
仕事の事情からすると、ちょっと余裕がありすぎる気がしますが、毎年寄ろうと思いながら寄れていないので、意を決して寄ることにした次第です・・・(^^;
チケットは空港渡しでした。
今では、箱崎のチェックインが無いの、チケットをもらう場所はどこでも同じな気がします。
成田までは、成田エクスプレスで真っ直ぐ1本・・・電車の中では、モーニングとゴラクを1冊づつ読み終えました。
今回の旅は、Y夫妻も同じ便のはずでした。
で、成田かロスで会うと思っていましたが、実際に会ったのは、チェックインしたホテルでした・・・不思議・・・(^^;

空港では、何事も無く・・・

空港のチェックインも、何事も無く終わりました。
空港にある、カード会社のサービス・ラウンジに寄り、かるばどすほふの掲示板にちょっと書き込みをしました。
飛行機は予定通り出発しました。
私の隣は、インド人の母子でした。
このガキが行儀悪く、いつも足をぶつけてくるので、毎回、「このガキ・・・」と怒りながら、アメリカへ行く旅となりました。
子供の行儀の悪さは、世界的な潮流かもしれませんね・・・アメリカ式の教育が行き届きつつあるからでしょう・・・(^^;

飛行機のお食事・・・

今回の便は、私の席の周りにはインドの人が多く、機内食が違うので、驚きました。
インドの、香辛料たっぷりな、しかし、選択された食材の料理になっていました。
その香りが素晴らしく、私も食べてみたくなりました。
見ていたら、使用している食材の説明書が付いています。きっと、イスラム教徒ですね。

機内食

夕食

到着前の、軽食・・・言葉だけですけど

お食事は、そんなもんかなー、という感じでした・・・(^^;
飛行機では、ワインをグラス一杯だけ、戴きました。

今回のホテルは・・・懐かしい

今回のロスのホテルは、懐かしいホテル、THE WESTIN BONAVENTUREです。
実は、私が初めてロスアンゼルスを訪れた際に宿泊したホテルだったのでした。
当時は、壮麗さで目を奪われたホテルですが、今の私の目からは、「こんなホテルだったかなー」という感じです。
アメリカ入国の際に大きな荷物を見て、女性の税関職員からとこんな会話になりました。

「仕事のサンプルですか?」
「ダイビング機材です。カンファレンス後に、ちょっとだけロス・カボスに寄ろうと思ってます」
「わあ、素敵、宿泊先は・・・BONAVENTUREですね、素敵なご滞在を・・・」

という展開になりました。
今でも、このホテルはロスアンゼルスで、いいホテルとして名前が通っているのでしょうね。カンファレンスでも、一番初めにSOLD OUTになったホテルでした。
ホテルまでは、タクシー代がチップを混みで50USD・・・高いですよね、6000円です。
ロスは、自分で車の運転をしない限り、お金のかかる不効率な街です・・・(^^;


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com