トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

旅の記録 (2003年8月30〜31日)
バリからの帰国

旅行記 2003/08/23〜30 バリへの旅 もあわせてご覧下さいませ

帰りはジャカルタ経由

帰国便は、ジャカルタ経由となります。
ジャカルタまでは1時間ですが、機内でちょっとした食事が出ました。
きっと、バリからジャカルタに向かう人がいるからでしょうね。

まあ、不思議な内容というべきか
ジャカルタ空港、停電しました・・・

ジャカルタ空港では、飛行機の清掃と燃料補給が行われます。
私たちは、最後のお買い物のチャンスともなります。
お買い物をちょっとして、飛行機の搭乗口に向かっていたときです。
照明が、パッと消えてしまいました。

歩いていたら
真っ暗け

ジャカルタ名物・・・らしいのですが、停電です。
搭乗口に行き、待っていると、こんなアナウンスをJALの職員が、口頭で伝えいてます。
「申し訳ありません、ジャカルタ空港が停電になっております。そのため、飛行機に給油が出来ません。申し訳ありませんが、復旧するのでお待ちください」
まあ、今の日本のように停電と縁がない社会は珍しいので、こうしたことに驚くほうが困ります。
私は、もういいやと、床にそのまま寝てしまいました。
外を見ていると、いろいろと車が駆けつけています。
こんな母親の声が聞こえます。

「なんなのよ、ジャカルタで停電じゃ、何時間も直らないじゃない。もう、お父さんはお家に帰った頃だわ。なんで、バリで給油しないのよ。あした予定があるわけじゃないからいいけど、あったら大変じゃない、もう」

子供にこんなことを言っています。
聞きながら、

「そんなにいやなら、自分と子供だけ日本に帰ればいいじゃん・・・」

と思っていました。
うとうとしていたら、ターミナルビルの電気は復旧してませんが、飛行機に給油が出来たとのアナウンス、それほど長い間ではありませんでした。

日本へ

日本に出発して、到着まで約6時間、日本時間でも午前3時過ぎになっています。
ぐっすりと寝てしまいました。
到着2時間前、お決まりのお食事になりました。
素なおかゆなので、中国風の具で食べたかったですね。

おかゆでした
到着後です。
Y夫人が
舵丸でもらった蝶々を旦那の頭に飛ばしています

楽しかったバリの旅は、これで完結いたしました。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com