トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

旅の記録 (2000年07月16日)

オランドゥ → ヒューストン

オランドゥから日本に帰るには直行便がありません。
ですから、トランジットを含めると実に時間のかかる旅になります。
前回はデルタ航空でした。その時はロスアンゼルス経由だったのですが、オランドゥからロスアンゼルスは結構時間がかかり、疲れる旅でした。なにしろオランドゥをたつ時間が午前7時30くらいになってしのうのです。これって、結構大変な話題です。
コンチネンタル航空は、ヒューストンですので、オランドゥから1時間15分、結構近いので、トータルには少し短い旅の時間になります。
これは、オランドゥを発つ時間に如実に現れ、9:40発の便で日本に帰れます。

おお、onepassエリートって役立つ

昨日はパーティーで、しこたま飲みました。
私はお酒をある程度飲むと早く目が覚める傾向があり、この日も午前5:00に目が覚めました。
実は、今回は自分のためにちょっとかさばるお土産を購入したために、荷物が増えてしまいました。日本に別送品で送ろうかと思ったのですが、購入したものを入れている箱が大きすぎて送るためのケースが用意できませんでした。で、しようがないのでサムソナイトの一番大きいハードケースを購入しました。200USDもしましたが、送ることを考えればそう大きな出費ではありません。
で、荷造りしたのですが、大きなバゲッジが2つと手荷物が2つになってしまいしまた。
空港に着いてから、入り口にあるバゲッジチェックインで頼もうかと思ったのですが、国内線だけとのことでした。で、荷物を運んでくれる人と空港のロビーに入りました。するとチェックインには40人くらい並んでいました。
「あ〜あ、こんなに荷物があってどうするんだよ〜」
「ビジネスクラスかOnePassエリートではないですか?」
「あ、OnePassエリートです」
「では、チェックインはこちらでできます」
ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用できました。これは助かりました。
で、飛行機の席はバルクベッドシートを頼みました。
すると、ヒューストンまでの便は、ビジネスクラスにアップデートしてくれ、しかもバルクへッドシートにしてくれました。
おお、onepassエリートって役立つぞ・・・(^^)v
荷物ですが、実はかなり重量をオーバーしていました。90lBSですから、約40Kg、追加料金を言われても仕方のない重さですが、そのまま乗せてくれました。
飛行機はボーイング757、結構ゆったりとした乗り心地の飛行機です。
食事を辞退してしまいましたが、ビジネスクラスの食事は記録に入れるべきだったかも・・・。

ヒューストン→成田空港

ヒューストンではトランジットに1時間の余裕があります。
ですから、着いたときと違い余裕です。
飛行機に乗るときもonepassエリートはビジネスクラスと同じように優先的に乗せてくれます。これって結構助かるんですよね。なんだかんだいって、このようなマイレージプログラムって役立つもんですね。
飛行機はボーイング777です。
最新型の機体は乗り心地がよく、スピードも結構速いので、乗っていて楽です。といっても、ヒューストンから日本までの飛行時間は12時間40分が予定されています。長いには違いありません。
ヒューストンから日本への飛行航路はサンフランシスコ上空を経由するので、サンフランシスコ以降はサンフランシスコ発と同じになります。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com