トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

旅の記録 (2000年0 7月08日)

成田 → ヒューストン

なんと、先月に訪れたオランドゥに再びきています。
内容的にも似ていてマイクロソフトのカンファレンスに再び出席しています。
今回はコンチネンタル航空にしました。
前回にデルタ航空をだいぶ使ったのと、デルタのハブ空港からオランドゥに向かう際に、時間が1時間戻るため、勘違いしやすいからです。

チケットって買えるかどうか簡単に判断できない

チケットの手配はJTBパルサービスに頼んだのですが、はじめはチケットが無いといわれてしまいました。私は驚いてインターネットで手配をしてみたところ(コンチネンタル航空はアメリカ圏でしか販売しいてないので買うことはできないのですが)ちゃんと手配できます。つまるところ、低価格のチケットが売り切れで、ペックス料金という正規割引料金のチケットは大丈夫でした。その旨をJTBパルサービスに連絡したら、ちゃんと手配できたと連絡がありました。今の時代、専門業者よりも素人のほうが詳しいのですね・・・・(^^;
ところで、インターネットで手配したチケット代金は1400ドルだったのですガ、日本でのチケットを購入したところ195000円もしました。こうした価格を見ると航空券って値段に本格的な不正を感じます。でも、この例で見るとコンチネンタル航空が悪いみたいな印象を与えますが、実のところJALとかANAなんか倍くらい違う価格でチケットを売っているので、本当に悪いのは日本の航空会社かもしれませんね。

た、台風がきた

今回は出発する当日に台風がきてしまい、本当に出発できるのか心配でした。
しかも、仕事が忙しく、約2日間、まったく寝る時間が取れませんでした。
朝8:30にコンチネンタル航空に電話して、便のスケジュールの確認と、できればシートのグレードアップを頼もうとしました。

日本人に意味のないコンチネンタルのマイレージシステム

私はコンチネンタル航空のマイレージでシルバーというやつをもらっています。
これをもっていると、無制限に当日のシートのアップグレードができるということでたが、申し込んだら「太平洋路線にはございません」と簡単に断られました。
なんとためのマイレージかちっともわかりませんね。
日本人にとってもっとも役に立たないマイレージシステムがコンチネンタルのOnePassだと思います。
飛行機ですが、45分遅れとのこと、ちょっとトランジットが心配ですが、まあ、ちゃんと出発するみたいで安心しました。

でも、ちょっとは役立ったonepass

成田空港に着いてから早速コンチネンタルにチェックインです。
全日空が代行しています。
チェックイン時に、「バルクヘッドシート取れます?」と聴いたら、取れました・・・(^^)
OnePassのシルバーエリートだからでした。
で、飛行機に乗るときもビジネスとおなじ取り扱いをしてくれます。
ま、ぜんぜん役立たないわけでもないですね・・・。

飛行機の中はあいも変わらず

飛行機の中はあいも変わりません。
でも、バルクヘッドシートのおかげで結構楽でした。
機内食は、以下のとおりです。
ひれステーキ(昼食)
ワインとコニャックを楽しみましたが、最近飲んでいなかったので結構効きました・・・(^^)
デザートが日本風にカスタードプリンだったので、よかったです。
まずいケーキよりもよっぽどいい・・・。
また、珍しくおそばがついていませんでした。いいことです。
チキンパスタ(これも昼食)
アメリカ行きの便は到着直前にまた昼食となります。
チキンパスタといっても、チキンのクリーム煮をパスタに乗せているだけです。
日本で作っていながらパスタはアメリカ並にまずいので、チキンだけ食べました。
こちらにはおそばがついていました。
私、思うのですが、おそばを出す場合は専用のメニューにしてしっかりとおそばを楽しんでもらうほうがいいと思います。だいたい欧米の人はおそばを食べませんもの・・・。日本人にとっても2口分しかないので、つまらないように思います。

頭にくるアメリカの入国管理

さて、ヒューストンに着いて、早速入国管理にいきます。
で、いらいらしたのが10にんまらいしか並んでいないのに、まったく手続きが進まないことです。
どんな国の人たちなのか、1人の処理に5分くらいかかります。
私は到着時間の遅れから、トランジットが心配であせってしまいました。
その上、担当官が途中で席を立つこと20分・・・・やになってしまいました。
結局、入国管理をとおるまでかなりの時間が必要だったために、飛行機の出発15分前に荷物を受け取りました。
で、走ること、走ること・・・・。
ヒューストン・ジョージブッシュ空港は巨大すぎる空港ではありませんが、やはりアメリカの空港らしく歩く距離が半端ではありません。そこを走る羽目になったのですから、つらい時間でした。
結局は飛行機のほうが待っていてくれたので事なきを得ましたが、疲れてしまいました。

やっとついたぜ

オランドゥに再び着きました。
今回は・・・・運動しました。

翌日にびっくり

ホテルでemailを翌日に見ていたら、チケットを手配してくれた業者から驚くべきemailが届いており、びっくりしました。私は、自分で手配した飛行機に乗っていなかったのです。

かるばどす 様
お世話になっております。
早速ですが、コンチネンタル航空より連絡があり、
7/8のフライトにはお乗りにならなかったとのことです。
 恐れ入りますが、航空券の払戻しの手続きを行い
ますので、ご連絡をお願いします。
航空券お取消し料は30,000円です。
 以上、よろしくお願いいたします。
(株)JTBパルサービス
       XX

この払い戻しは、帰国後に頼んでみようかなと思っております。
どんな結果になることやら・・・・。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com