トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

旅の記録 (1999年12月26日)

成田 → ロスアンゼルス

どうも今年は忙しい年です。
ハンツビルから帰国してから1週間も経たない内に再びアメリカに旅立ちました。
実は香港出張時にすでにチケットは手配済みでした。
本当は香港から直接向かいたかったのですが、香港のチケットをディスカウントで手配済みであったために、変更をするとほぼ正規料金が発生してしまいます・・・(^^;
なものですから、今回のチケットは別に手配しました。
日本で一泊と考えればいいのですが、なんとなく成田あたりのホテルに泊まるのも面白くないので、自宅に帰ることとしました。なんと事はない、連荘の海外出張です・・・(^^;

箱崎でチェックイン

チェックインは箱崎で行うことにしました。
時間もたっぷり余裕を取り、飛行機の出発(16:30)の4時間前に箱崎に行きました。テレビで「年末の海外出発がピークになった」と報道していたためです。
実は、私はノースウエスト航空はあまり好きではありません。お客さんにいろいろな人がいて、あまり良くない思い出があるからです。
でも、この日のチェックインは気持ちが良いものでした。

「チェックインお願いします。バルクヘッドシートかエマージェンシーシート空いていますか?」
「はい、空いています。でも、お客様、今回の便はがらがらですので、連続したシートを取られたらお一人だと思います。ですからその方がよろしいのではないですか?」
「本当ですか?では、それでお願いいたします」

なんと親切なことでしょう・・・(^^;
食事は箱崎ではなく、成田で取ることにして、早速エアポートリムジンに乗りこみました。

成田第一ターミナルビル

ノースウエスト航空は第一ターミナルビルです。私の印象は、第一ターミナルビルは古く使いにくいというものなのて、第二ターミナルビルで降りて、食堂街に向かいました。しかし、考えて見るとここしばらくずっと第二ターミナルビルに来ているために、お店の味を覚えてしまい、ちっとも食欲が沸きません。
で、たまにはと第一ターミナルビルに行って見ることにしました。
連絡バスで行って見ると、北ウイングに止まるではないですか。以前は工事中だったはずです。「あ、工事が終わったんだ」と、ちょっと楽しみになりました。きっと新しいお店がいろいろと開いているからです。
見て見ると案の定、実に良く出来ています。レストランやお店がたっぷりと誘致されており、退屈な出発前のひとときを過ごせるようになっています。もっとも、どのお店も高い出店料を支払っているので、大企業の系列であることは否めません。ですから、そう個性的な店があるわけではありませんが、お店がたくさんあるだけでうれしくなってしまいます。なんと、コンビニまで入っています。ローソンです。お弁当もお酒も置いています。昔でしたら、出店している店の営業妨害になるのでこのような品揃えは無かっただろうと思いますが、時代は変化したものです。ちょっと顧客指向ってやつなのでしょうか?そういえば、ハワイのヒルトンハワイアンビレッジに初めて泊まったときに、abcストアという現地のコンビニのようなお店がホテル内にあるのを見て感銘を受けたことを思い出します。
いろいろとお店を見て、屋台村のようなところに入りました。ケンタッキーフライドチキンをセットで購入し、別なお店で生ビールを購入しました。ケンタッキーフライドチキンは結構良い酒の肴になります・・・・(^^;
それから、ローソンに行きました。
まだ食べ足りないような気がしたのでロビーで食べようと海苔弁を購入し、お酒にサントリーのスーパホップスを購入しました。結局、搭乗前に食べ終わらなかったので捨ててしまいましたが・・・。
しかし、なんですね、これからは第一ターミナルから出発する航空会社が良いかもしれないなあ。

ありゃ、壊れかけている飛行機だ・・・(^^;

ノースウエスト便はオンスケジュールでした。
この便は日本を昼間に発ち、で、ロスアンゼルスに朝着いてしまいます。あはは・・・。
こんな背景があるために、飛行機の乗っている際に、ぐっすりと寝ておかないと大変なことになります。ですから、窓のシャッターを閉じるほうがベターです。でも、この飛行機、私のとなりの窓枠が壊れていました。で、シャッターが閉じなくなっていました。スチュワーデスから「しようが無いですね」と言われてしまいました。
ボーイング747-200は、結構古い飛行機なので、こうした問題が多々あるのは、しようが無いのですが、いやなものですね。

ああ、また機内食・・・

機内食はこんな感じでした。

この食事は食べたのですが、到着直前のお食事は辞退しました・・・お腹が一杯になってしまったからです。

いつまでたってもお外は明るい・・・

アメリカが近づくと、外はもう朝。
壊れた窓の外は、写真のとおり美しく朝日が昇ってきているところでした。
エンジンが朝日で染まるのがちょっときれいです。
しかし、ロスについてからホテルでチェックインできないと大変だなあ〜と思うようになりました。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com