トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

旅の記録 (1998年10月8日)

成田 → ダラスダラス → デンバー


チケットについて

会社で手配したチケットは、成田−ダラス−デンバー往復で\73000 + \5600でした。実は、ユナイテッドだともっと安かったのですが、私が極めて嫌がったために、アメリカンエアーラインにしてもらいました。いろいろとお騒がせな航空会社ですが、いままでの経験でユナイテッドのトラブルの多さに比べるとアメリカンのほうがいいと思った次第です。


成田→ダラス

箱崎までタクシーで行きました。
この日のタクシー運は悪いですね。
どうも賭け事で借金を背負っている人らしく、話しているとムカムカするような人でした。人間が腐っているのではないでしょうか(^^?
また、渋滞なんかを気にしない人柄のようで、途中で降りて他のタクシーに乗り換えました。ほっとくと箱崎まで2時間くらいかけて行きそうでした。こうした危ないやつがタクシーをやっている場合があるので、評判が落ちるんですよね。海外では日本のタクシーはよほどのことが無い限りは乗るべきではないと案内されている場合が多いようです。料金が信用できないことが一番の理由だと思います。メーターがいくら正確でも運転手が信用できなきゃしようがありませんよね。 箱崎にはぎりぎりの時間についたつもりでしたが、18時近くに出る予定のAA60便は3時間30分遅れとの事、そのために2000円の食事券が出ました。もうけ(^^)v
余談ですが、ビジネスクラスの食事券は10000円だそうです。なにを食べればいいんだろう、空港で・・・(^^;
席なのですが、バルクヘッドシートを頼んだところ「お客様、この便はがらがらですので、バルクヘッドではなく連続したシートをお選びになられたほうがよろしいのではないでしょうか」「あ、そうですか。ではぜひ連続して空いている席をお願いします」・・・最高のサービスは、席が空いていることですよね。
はじめは銀座辺りで飲んでから成田に行こうかなと思ったのですが、酔っ払いから時間ぎりぎりに行くと精神的にきついかなあと思い、まっすぐ成田に向かいました。
成田の第2ターミナルビルにはけっこうちゃんとしたショットバーがあります。そこで1時間半ほど飲んでいました。一杯目はドイツビール、それから3杯のカルバドスと1杯のグラッパを楽しみました。料金は6000円ちょっとです。でもアメリカンの食事券は使えませんでした。そう、アメリカンの食事券はアメリカらしく、アルコールには利用できないのです(^^;
成田空港のショットバーのお客はちょっと変わっていますね。若い2人連れの男性は、「うちにはドンペリが5本あるんだ。一本2万はするよねえ」バーテンダーは困って「ドンペリも種類によりますがお安くは無いですよねえ」なんて話していました。どうも空港の近くに住んでいる人みたい。かと思うと60過ぎの白髪のご婦人が「白ワインを」なんて頼んでいます。都内のバーでは、客層が固定しているのでみな同じような感じの人が集まりますが、このお店は人の錯綜するのが面白いです。
食事券がもったいないので、第一ターミナルビルでしゃぶしゃぶを食べました。1480円のセットにお肉追加で2000円強です。このお料理は写真のとおりです。で、生ビールを頼んで3000円くらい。実際には1000円しか払わないわけで、アメリカン様様でした。出発時に3時間くらいの遅れなら気になりませんので、いつでもウェルカムですね(^^;。
アメリカンエアーラインに乗るのは久しぶりです。食事がまずいときに備えて、おすし屋さんで500円の五目チラシを購入しました。
成田空港は、第一ターミナルビルで再建築が進んできた新しいビルがターミナルになっていました。バスで移動するので面倒ですが、新しいだけあってきれいです。
しかし出発時間が遅いだけあって、しっかりとさびしい状態でした。
飛行時間は10時間30分。
食事はステーキにしました。
結構おいしいです。
しかし、がらがらの飛行機でした。席は、2人、5人、2人と配置されているのですが、私の座っている5人の席が連続しているところでは私一人です(^^)v。
たっぷりと飲んでいたので、恥ずかしげも無く一人で4人分の席を利用して横になってしまいました。結局ダラスまで、横になって寝ながら旅をしました。らくちんです。エコノミーの席だけが肘掛を上げることが出来ますので、ビジネスクラスよりも楽な旅になりました。最高のサービスは、がらがらなことですね(^^;



ダラス → デンバー

ダラス空港は久しぶりです。
この空港は馬鹿広いので、移動にはtraamという新交通網を利用します。もちろん歩いても移動できますが、私が着いた国際線のターミナルからデンバーに向かう国内線のターミナルまで30分はかかると思います。新交通網といっても、ま、アメリカですのでガタガタゆれるしうるさいし遅いし、で最新の設備という感じはしませんけども。
写真はtraamから再建築中のデンバー空港を撮影しました。
デンバー空港もすごく久しぶりです。
空港からホテルまではタクシーにしましたが、いやはや何も無い町なので、たいして建物を見かけることも無く、ホテルに着きました。しかし40分は走っていたんだけどなあ・・・・(^^;


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com