トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

インドネシア/バリ
CAndi Beach Cottage


総合評価 7点
おおまかな情報

評価日 2003/8/25
住所と環境

バリ島、cAndidasa地区

宿泊費用

ツアーなのでよくわかっていません・・・(^^;。

室内の設備

室内は、12畳くらいのお部屋。
別室で、タブ付きのお風呂

室内設備
シングルサイズベッド 2
ベッドサイドテーブル 1
収納庫に組み込みのタンス 1
冷蔵庫 1
ソファ 1
テーブル 1
14インチTV 1
ベランダ
椅子 2
リクライニングチェア 1
ドイツの旅行会社の張り紙
宿泊者に対するインフォメーションです
ドイツ語の垂れ幕
コテージを海岸から見ました
ロビー
コテージ入り口
テレビとソファ
ベッド
お風呂
これが朝食だ!
卵料理のコーナー
ナシゴレンに乗せる卵も焼いてくれます
スイカジュースとオレンジジュース
野菜と果物
ナシゴレン、ミーゴレン、ハム、その他
ソーセージ2種
スクランブルエッグとポテト
クロワッサン等のパン
イギリスパン(食パン)とパン焼器
概要

チャンディダサにあるこのホテルは、サファリ・ダイブの3日目のホテルとして手配されていたホテルです。
宿泊客は、日本人はやはり少ないようでした。
入り口には、ヨーロッパの有名なツアー会社であるNECkermAnnなどのインフォメーションが張られていますので、ヨーロッパからのツアーが利用するホテルであることがわかります。つまり、安くて、いいホテルという折り紙つきということです。
全室コテージ形式になっています。
食事はこのホテルでは朝食だけ食べています。
そんなに悪い内容ではありませんでした。
お風呂は、バスタブ付です。

サイドストーリー
2003/08/23 バリへ発つ 羽田から大阪経由でバリに向かう際の顛末を綴っています。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com