トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

WINDHAM HOTEL NEW ORLEANS
At CANAl Place

(旧名the WESTIN CANAL PLACE)


総合評価 8点
評価日

1998年6月2〜5日
2002年4月9〜14日

住所と環境

100 Rue lberville
New OrleAns, LA 70133-1805 USA ニューオリンズのメインストリードであるCANAl Streetの基点に位置しています。ホテルのある建物が、cANAl PLACEという、ニューオリンズでもっとも高級なお店の集まっているおしゃれな場所です。ホテルのフロントは11Fにあり、外から直接客室に行けない様に配慮されています。
フロントのある11階は、天井が5mほどあり、壁一杯がガラス張りで、ミシシッピー川が゛一望できます。なかなかオシャレ。
上の写真が、フロントから見たミシシッピー川です。
また、このフロアにレストランとバーがあります。
2002年4月9日に訪れた際にwyndhamホテルになっていました。

連絡先

tel +1-504-566-7006
Fax +1-504-553-5120

宿泊費用

216USD

この価格は結構高価です。
マイクロソフトのコーポレートレートと同じでした。

以下の内容は1998年6月2〜5日の記録です

216USD+2USDの宿泊税
これはかなり高額です。部屋がほとんど無いときに無理して取った部屋だからだと思います。私がチェックインする際に、従業員がちゃんと予約を取っているのに、宿泊を断られていました。従業員割引で宿泊させる余力がホテルに無くなっていたのだと思います。一般的にホテルはオーバーブッキングと言って、キャンセルを見込んで多めに予約を取ります。ですから、お客がまじめに全部くると、部屋が無くなってしまうのです。
部屋の広さは15畳程度の主寝室。
大変立派な調度品です。カナダ製の明るい色でまとめられたもので、他の2ホテルよりも立派です。

室内設備


なんと、アーロンチェア

以前の内容にADSLのラインが追加されていました。でも、私の場合は動作しなかった・・・(^^;
以下の内容は、1998年6月2〜5日の記録です。

電話で通信用モジュラージャック付き。大変よい品質(^^) 電源(アメリカ仕様)
風呂(比較的大型)
トイレ
衣装室(スーツケース格納可)
キングサイズベッド
ビジネス用テーブル
1人がけ椅子*2
1人がけソファ オットマン付き *1
大理石の丸テーブル
テレビ*1
衣装たんす(4段のもので一列、テレビの収納が上についている)
テレビは15インチ
コーヒーメーカー ちなみに高級ホテルらしくコーヒーは無料
新しいホテルらしく、エアコンが静か。
衣装室内にカギ式のセーフティボックス。
ミニバー。


ホテル概要

アメリカに本拠を持つWeSTlinkHOTELSグループのホテルです。
新しいホテルで快適です。他の部屋の音はほとんど聞こえません。
ルームサービスが24時間出来ますが、ハンバーガーやシーザースサラダが8〜9ドルと、高級ホテルの割には低価格になっています。ミニバーのビールも、輸入ビールで$3.5でした。アメリカは酒税の関係でビールは安いのですが、高級ホテルは日本並みの価格をつけています。その中でも安いほうだと思います。
サービスは素晴らしいものでした。丁寧でフレンドリーです。一般的にアメリカやヨーロッパの素晴らしいサービスは、日本のよいと言われるサービスよりも上です。これは従業員の質そのものが高いからなのでしょうか。
余談ですが、このホテルに止まっているタクシーは、ニューオリンズではじめてみたような気がする、ピカピカの車ばかりです。これは、このホテルがニューオリンズで最高のホテルである事を示していると思います。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com