トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
旅の記録 旅行記 ホテルガイド 見所情報 機内食考 旅の恥は書き捨て

Bristol Hotel Kenpinski Berlin
(ブリストールホテルケンピンスキーベルリン)
BERLIN


総合評価 6点

評価日 1997年10月
住所と環境

お買い物に便利なクーダムの入り口にあります。

連絡先
宿泊費用

350〜600dm
私が泊まったときは270DMにしてもらい、VIP待遇にしてもらいました。

室内設備

電話で通信用モジュラージャック付き
電源(ドイツ仕様)
風呂 衣装室
キングサイズベッド
14インチテレビ*1 ミニバー
エアコン
部屋には2体の彫刻が飾ってありました。
でも、部屋はちょっと小さ目で12畳くらいしかありませんでした。どちらかというと、日本のシティーホテルの部屋の内装をドイツ式に立派にしただけという印象です。


ホテル概要

ドイツの高級ホテルグループであるkenpinskiホテルチェーンのホテルです。
日本で、ドイツの有名なホテルといえば、このホテルです。
でも、有名なだけで内容もサービスも一流ですが、超一流ではありません。ドイツのホテルは朝食付きが多いので、ドイツのホテルの質は朝食に如実に現れます。良いホテルほど、すばらしいメニューを用意しています。このホテルは、朝食だけみても、まあ高級ホテルとしては普通の内容で、感心する余地はありません。
また、家族連れが多く、子供が走りまわっています。ま、高価なファミリーホテルなのでしょうか?
私の印象としては、値段の価値は「ない」と思います。
私が泊まった際に、JCBプラザの松本さんにお願いして、ドイツ国内で予約して泊まりました。ですから、支払いはJCBカードを使用しようとしたのですが、「当ホテルではJCBカードは取り扱っておりません」といわれ、VISAで支払いました。後日にJCBにそれを話したところ、ホテルからはJCBの会員を紹介して欲しいと依頼があったとの事で、なにごとだとホテルに苦情を申し入れました。後日、ホテルの責任者から英語による詫び状がきました。インターコンチネンタルホテルが日本語でよこした事と比較すると、やっぱ、その程度のホテルなのですね。
ちなみに、JCBには若い入社したての者が応対したための不手際と説明があったそうです。なるほど、このホテルの常識では、頭が禿げ上がって口髭を生やした50代のベテランが、若い入社したての者なのですね。これは、後日の笑い話になりました。この程度の応対しかできないホテルマンをかかえている、有名なのにあぐらをかいて、堕落してしまったホテルという印象があります。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com